本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「プレーオフ進出なら前代未聞の快挙」米記者もトラウト&大谷翔平の完全復調に期待大! 14連敗を取り返せるか——
6月9日(現地時間)に本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦で、ロサンゼルス・エンジェルスは15試合ぶりに勝利を味わった。 勝利の立役者となったのは他でもない大谷翔平で、投げては7回1失点で勝利投手に、打っては逆転の12号2ランを放ち、エンジェルスを連敗ストップに導いた。...
別窓で開く

エリザベス女王、カミラ夫人にガーター勲章を授与 女王の近影に「美しい」と歓喜の声
エリザベス女王(96)が、ガーター勲章叙任式前にカミラ夫人(74)にガーター勲章を授与する姿が公開された。銀色のドレスを着た女王がチャールズ皇太子(73)とカミラ夫人の間に立つ姿に、王室ファンからは「驚くほど美しい!」「素敵な姿が見られて嬉しい」といったコメントが寄せられている。...
別窓で開く

フィリピン大使館・貿易投資部一押し、Laura'sのオタップ(otap)・ブロアス(Broas)
 2022年6月、フィリピン大使館・貿易投資部は、フィリピン食品を日本でPRし販売に結び付ける活動をしている。上野公園で開催されたフィリピンエキスポでは、Laura'sパイ生地クッキー菓子・オタップ(otap)・ブロアス(Broas)の試食も行った。...
別窓で開く

事故で昏睡状態に陥った女性、4か月後にスマホを見て恋人に新しい彼女がいると知る(豪)
病気や怪我で苦しむ相手をパートナーが心身ともに支えるといった美談は時々耳にするが、オーストラリア出身のある女性は事故で昏睡状態に陥り、ようやく目覚めたものの長年交際していた恋人が既に他の女性と交際をスタートさせていたことを知ったという。『New York Post』『The Mirror』などが伝え...
別窓で開く

ロンドン・日・米で「光復香港・時代革命」叫ぶ…「香港反政府デモ」3周年記念
「香港の反政府デモ3周年」を迎えたことから12日、英国・米国・日本・台湾などでは記念行事が行なわれた。香港ではデモが行なわれることがない中、香港内では “国家保安法”違反とみなされる「光復香港・時代革命」という当時のデモのスローガンが、香港以外の海外で叫ばれた。...
別窓で開く

アンドルー王子、公務復帰計画がチャールズ皇太子とウィリアム王子に阻止される
エリザベス女王と故エディンバラ公フィリップ王配の第3子ヨーク公アンドルー王子が、王室伝統のガーターセレモニー(ガーター勲章叙任式)への出席を急遽取りやめた。王子は王室公務に復帰できるようエリザベス女王に働きかけたものの、チャールズ皇太子とウィリアム王子の意見により出席が阻止されたという。...
別窓で開く

コロナ禍で急増“あごの痛み”を改善する「アイーン体操」
女性は男性の約3倍なりやすいという「顎関節症」。コロナ禍のマスク生活に加えて運動不足も原因の一つだという。専門医が教える体操で、不調を予防&改善していこうーー!「全国的に、あごの痛みを訴える人が増えています。アメリカではコロナ以降、歯科医師の約62%が『顎関節症』の増加を認識。...
別窓で開く

アメリカのZ世代の7割はお酒よりマリファナが好き…その理由は?(シェリーめぐみ)
【ニューヨークからお届けします】 アメリカの18〜24歳の7割は、お酒よりマリファナを好んでいるという調査結果が話題になっています。「Z世代」という言葉、最近よく耳にすると思いますが、物心ついた頃からコンピューターやソーシャルメディアがあったためにデジタル・ネイティブと呼ばれ、これまでとはまったく違...
別窓で開く

三重苦「採用難と大離職と人件費高騰」に直面する米国ビジネス 賃金デフレに慣れきった日本でも「明日は我が身」の備えが必要
(水野亮:米Teruko Weinbergエグゼクティブリサーチャー)キャビンアテンダント不足で飛行機の遅延も 「欲しい人材が見つからない」「期待していた人材が次々に辞めていく」「求められる給与に応えられない」——。新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降、米国では企業からこんな苦痛の声をよく耳に...
別窓で開く

■ウクライナ危機、円安、インフレ住宅資材はさらなる高騰の恐れ 世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症の流行を「パンデミック」だと表明したのは2020年の3月のことだった。瞬く間に国際社会や経済を混乱に陥れたコロナ禍だが、少しずつ収束の兆しを見せつつある。その一方、ロシアがウクライナに侵攻、...
別窓で開く