本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アンドラーシュ・シフ 2年ぶりのツアー開催
この秋、現代最高のピアニストの1人、サー・アンドラーシュ・シフによるリサイタル・ツアーが実現する。2020年3月、パンデミック直前に行われたリサイタル以降、約2年ぶりの来日となる今回は、東京、大阪、札幌、所沢の全国4都市での開催。...
別窓で開く

キーラ・ナイトレイ主演、地球最後のクリスマスイブ描く『サイレント・ナイト』
イギリスを代表するトップ女優キーラ・ナイトレイ主演、人類が滅びゆく“地球最後のクリスマスイブ”を過ごす家族の姿を描いたイギリス映画『サイレント・ナイト』(原題:SILENT NIGHT)が、11月18日より、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかにて劇場公開されることが決定した。 家族が絆を確かめ合い...
別窓で開く

米CDCがコロナ対策緩和、濃厚接触者の自主隔離を撤廃…「無症状者の検査は推奨しない」
 【ワシントン=冨山優介】米疾病対策センター(CDC)は11日、新型コロナウイルスに関する対策の指針を緩和した。濃厚接触者に求めていた自主隔離を撤廃し、学校での定期的な集団検査の推奨も取りやめる。新型コロナのリスクが低下したと判断し、市民の生活や経済活動の正常化を...
別窓で開く

米CDC、コロナ指針緩和=濃厚接触者の隔離不要に
 【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は11日、新型コロナウイルス対策の行動指針を緩和した。ワクチン接種の有無にかかわらず、濃厚接触者となった場合の自主隔離や、学校での定期的な感染検査を不要とした。 従来はワクチン未接種の濃厚接触者は、5日間の隔離が推奨されていた。...
別窓で開く

“地球最後のクリスマスイブ”を過ごす家族の姿——キーラ・ナイトレイ主演『サイレント・ナイト』公開決定
キーラ・ナイトレイが主演を務め、『キングスマン』シリーズのマシュー・ヴォーンが製作を手掛ける映画『SILENT NIGHT(原題)』が、邦題を『サイレント・ナイト』として11月18日より公開されることが決定。特報映像とティザービジュアルが解禁された。 本作は、人類を滅ぼす猛毒ガスが迫る中、“地球最後...
別窓で開く

日本人の「不安遺伝子」は世界一 『スマホ脳』著者が明かす、うつを防ぐ最も効果的な方法
 日本人には世界で最も「不安遺伝子」なるものが多いそうだ。うつ病・うつ状態の人が100万を超えて久しい日本だが、その数はコロナ禍で倍増したという国際調査の数字もある。今だから必要な対処法を、あの世界的ベストセラーの著者が詳しく解説してくれる。 ***「そもそも新型コロナウイルスのパンデミック前から、...
別窓で開く

コロナ(COVID)は世界をどう変えたのか。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は「ビデオ会議がこれほど一気に普及するとは予想していなかった。オフィスへの出勤は『過去の遺物』となった。この先10年で、リモートワーク移行はさらに進むだろう」という——。※本稿は、ビル・ゲイツ『パンデミックなき未来へ 僕...
別窓で開く

【内田雅也の追球】阪神はよく戦った 随所にあったひたむきさを「善戦祓い」の芽と見たい
 ◇セ・リーグ 阪神0−3DeNA(2022年8月10日 横浜) プロの勝負の世界では甘いかもしれない。だが阪神はよく戦った。 8回裏2死無走者からの3失点。ミスが決勝点を呼んだと言えば、そうかもしれない。 だが、山本泰寛がミスしたゴロは難しい当たりだった。判定は失策だが安打でもおかしくない。安打で...
別窓で開く

「さあ、ここからだ!翔平」大谷の二刀流“育ての親”栗山監督にとって快挙は必然だった
 ◇ア・リーグ エンゼルス5ー1アスレチックス(2022年8月9日 オークランド) さあ、ここからだ!翔平——。エンゼルス・大谷の快挙を受け、日本ハム時代の恩師・栗山英樹氏(61)が9日(日本時間10日)、侍ジャパン監督の立場を離れて熱い思いを語った。二刀流の育ての親として、ベーブ・ルースの記録に並...
別窓で開く

「ソウルフェスタ2022」、10日に開幕…電気自動車レース、K-POP公演など
新型コロナウイルスのパンデミック後、ソウルで初めて開かれるグローバルフェスティバル「ソウルフェスタ2022」が10日に開催される。ソウル市はソウルフェスタの開幕に合わせさまざまなイベントや公演などを行い、ソウル市民やソウルを訪れる国内外の観光客を楽しませてくれる。...
別窓で開く


[ パンデ ] の関連キーワード

ゲイツ cdc