本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



巨人「チーム感染者57人」の緊急事態 菅野・丸・岡本ら主力壊滅...球宴開催に慎重論も
プロ野球・巨人が2022年7月20日、菅野智之、岡本和真、中田翔、丸佳浩、大城卓三ら主力選手、元木大介ヘッドコーチ、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチら首脳陣、スタッフを含めて計38人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。ヤクルト、ソフトバンク、西武ら他球団でコロナの集団感染が確認...
別窓で開く

プロ野球の天覧試合の日(1959年6月25日)
 天覧試合は天皇が観戦する武道やスポーツ競技のことです。相撲ではしばしば天覧試合がありますが、プロ野球の天覧試合は昭和34年(1959年)6月25日に過去に1度だけ行われました。 プロ野球の天覧試合は昭和天皇が後楽園球場のナイターの灯りに興味をもたれたことがきっかけとなって企画されました。...
別窓で開く

ヤクルト首位快走も...不振にあえぐ山田哲人 「今年は直球を空振りする場面が目立つ」心配の声
2位・巨人に9ゲーム差(2022年6月21日時点)をつけて首位を快走するヤクルト。21日の中日戦(バンテリンドーム)でサヨナラ負けを喫し、連勝が8で止まったが投打ががっちりかみ合った戦いぶりを見ると大崩れすることは考えにくい。■山田が爆発すれば一気に首位を独走その中で、心配なのが山田哲人だ。今季65...
別窓で開く

EL制覇の原動力となった鎌田大地、忍耐と地道な成長の5年間。「エリートでない分、我慢できた」
 フランクフルトのヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献した鎌田大地は、この大会で5得点を挙げ、得点王ランク4位の戦績を残した。「ミスターヨーロッパリーグ」と呼ばれるほどになった25歳には、常に自分と向き合い、課題に散り組み、成長し続けていた物語がある。...
別窓で開く

「フェイエノールトの優勝間違いなし」レジェンド小野伸二、大一番に臨む古巣へ熱きエール!20年前のお宝新聞も公開
 チャンピオンズ・リーグ、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ、第3の欧州カップ戦として、今シーズンから新設されたヨーロッパリーグカンファレンスリーグ(ECL)。その初代王者を決める決勝、フェイエノールト対ローマが現地時間5月25日に開催される。...
別窓で開く

「なんて華麗なんだ」ブンデス公式が公開した鎌田大地の多彩なゴール4連発が反響!「フランクフルトで最も重要な歯車」
 5月17日、ブンデスリーガの公式インスタグラムが、フランクフルトに所属する鎌田大地の秀逸プレー集を投稿した。「フランクフルトのマシンで最も重要な歯車の1つ。ダイチ・カマダは別格の野獣であり、ヨーロッパリーグイトルを目指している」という紹介文とともに公開したのは、日本代表アタッカーがブンデスリーガで...
別窓で開く

フランクフルトを決勝に導いた鎌田大地の“ピルロのような”パス。「ミスターEL」はやはり特別な存在だった【現地発】
 鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトがヨーロッパリーグ(EL)準決勝でプレミアリーグのウェストハムを下し、悲願の決勝進出を決めた。 フランクフルトがブンデスリーガで低迷し、2部降格を繰り返し、スタジアムがファンの失望で包まれていたのはそんなに昔の話ではない。だが、いまではドイツだけではなく、...
別窓で開く

大谷翔平の活躍をBSテレ東がキャッチ!毎週月曜は大谷DAY
いよいよ2022年のMLBが開幕。BSテレ東では、昨年MVPを獲得するなど投打に大活躍だった大谷翔平選手の今年の活躍を、3月28日(月)より毎週紹介していく。まずは、3月28日(月)18時54分から、開幕直前特番『大谷翔平×17人の真実』(BSテレ東、BS7ch/BSテレ東4K、4K7ch)が放送。...
別窓で開く

西武本拠地が「ベルーナドーム」に 「楽しい思い出をありがとう」ファンから「メラド」時代の思い出相次ぐ
プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地として知られる西武ドーム(埼玉県所沢市)の名称が2022年3月1日、「メットライフドーム」から「ベルーナドーム」に変わった。 2月28日、埼玉西武ライオンズの公式ツイッターアカウントは選手の雄姿や球場を訪れるファンの写真とともに「ありがとう メットライフドーム! ...
別窓で開く

ロッテはなぜ業界トップになったのか? 一代で巨大企業グループ築いた男の猛烈な人生
「ロッテ」と聞いて、思い浮かべるものは人によって異なるかもしれない。ガムやチョコレートなど菓子メーカーとしてのロッテ、パリーグの球団千葉ロッテマリーンズ、韓国通ならソウルの巨大な屋内テーマパーク・ロッテワールド。そのいずれも一人の男が、一代で築いたものだ。本書「ロッテを創った男 重光武雄論」(ダイヤ...
別窓で開く