本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オリックスが中田翔と山川穂高をダブル獲得!? 打倒“阪神”へ『いてまえ打線』復活か!
(画像)KPG-Payless/Shutterstock日本一奪回にオリックスがなりふり構わぬ補強に着手した。昨オフの森友哉に続き、山川穂高(西武)、中田翔(巨人)の大砲両獲り。山本由伸の譲渡金48億円で、伝統の「いてまえ打線」を復活。...
別窓で開く

「お助け侍」から「ベストナイン侍」へ 「史上初」も「リーグ初」もあった万波中正“飛躍の1年”
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、2023年のプロ野球を熱く盛り上げた1人、北海道日本ハムファイターズで活躍した万波中正選手にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

甲子園のスターからドラフト1位でプロ入り。最後は独立リーグで10年プレーした男
1999年、桐生第一高で夏の甲子園優勝投手となった正田(写真=共同通信社)【連載・元NPB戦士の独立リーグ奮闘記】第2章 愛媛マンダリンパイレーツ監督・弓岡敬二郎編 第10回かつては華やかなNPBの舞台で活躍。現在は「独立リーグ」で奮闘する男たちの野球人生に迫るノンフィクション連載。...
別窓で開く

オリックスのドラフト1位・横山聖哉は憧れの吉田正尚の背番号34を継承。「ゆくゆくは自分の番号と言ってもらえるような活躍を」
11月30日、オリックスの新人入団会見が大阪市内のホテルで行われた。ドラフト1位の横山聖哉には一昨年まで吉田正尚(レッドソックス)が背負っていた背番号「34」が与えられた。“投手四冠”の山本由伸はQS率が驚異の91.3%!被打率1割台も先発ではパ唯一【リーグ1位の男たち:パ・...
別窓で開く

近藤大亮、黒木優太が抜けたオリックス救援陣で高まる新外国人マチャドへの期待。さらなる補強も?【オリ熱コラム2023】
オリックスのパ・リーグ三連覇中を支えてきたのは、鉄壁のリリーフ陣と言っても過言ではないだろう。中嶋聡監督も、就任してからの3年間、「頑張ってくれている」「負担をかけている」「楽にさせてあげたい」と労いの言葉をかけ続けている。...
別窓で開く

高木豊は2023年のパ・リーグ助っ人たちに辛口評価 大型補強のソフトバンクは 「なぜ獲ったんだ」という選手も
高木豊の「助っ人」通信簿 パ・リーグ編(セ・リーグ編:助っ人たちを4段階で評価 人数過多の巨人は「起用する側に問題があった」>>)プロ野球においてチーム浮沈のカギを握る助っ人外国人。かつて大洋(現DeNA)で活躍し、現在は野球解説者やYouTubeでも活動する高木豊氏は、そんな外国人選手たちの今年の...
別窓で開く

オリックスを戦力外になった“小木田世代”中川颯がDeNA入団。地元に戻って「ハマの潜水艦(サブマリン)」を襲名!
オリックスから戦力外通告を受けていた中川颯投手のDeNA入団が決まり、11月29日に入団会見を行った。中川は桐光学園から立教大を経て2020年ドラフト4位でオリックスに入団。本格派のアンダースローとして期待されたが、怪我に悩まされたこともあり、今季から育成選手に。...
別窓で開く

「来季は新人王とSY賞も視野に入る」山本由伸の3年連続MVPの快挙を米称賛! 今季の被本塁打数にも衝撃
11月28日、今シーズンのプロ野球最優秀選手(MVP)が発表され、パ・リーグではオリックス・バファローズの山本由伸が3年連続3度目の受賞を果たした。同記録は山田久志(阪急)、イチロー(オリックス)以来、史上3人目の快挙となった。 山本は同じく3シーズン連続で最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振...
別窓で開く

先発部門で際立った東と村上の快投ぶり。救援では竜の守護神マルティネスがほぼ総なめ【リーグ1位の男たち:セ・リーグ投手編】<SLUGGER>
個人タイトルの対象ではなくとも、選手の凄みが詰まった部門のベスト3を紹介する。今回はセ・リーグの投手編だ。...
別窓で開く

“投手四冠”の山本由伸はQS率が驚異の91.3%!被打率1割台も先発ではパ唯一【リーグ1位の男たち:パ・リーグ投手編】<SLUGGER>
個人タイトルの対象ではなくとも、選手個人の凄みが詰まった部門のベスト3を紹介する。今回はパ・リーグの投手編だ。...
別窓で開く