本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「マジック、カリームを倒した? 待て待て」ジョーダンの功績に“宿敵”トーマスが異議!「活躍は作られた話だ」<DUNKSHOOT>
かつて“バッドボーイズ”と恐れられたデトロイト・ピストンズの党首アイザイア・トーマスは、現役時代にマイケル・ジョーダンと犬猿の仲だったのは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、トーマスは“神様”の功績に対する称賛に釘を刺している。 発端は1985年の...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

“バッドボーイズ”ピストンズの象徴。周囲の評価を活力に変えたレインビアとロッドマン【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■無名の存在からリーグ最高の守備選手となったロッドマン ロッドマンが最もプレースタイルの参考にしたのはレインビアだった。「ぜんぜんジャンプ力がないのに、よくあれだけリバウンドが取れるものだ」。ロッドマンはレインビアの動きやポジショニングを研究して自分のものとしていった。...
別窓で開く

「ピッペンはレブロンと同じ」ペイトンが現役時代のライバルに言及「周りの選手を向上させたベストプレーヤー」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズ黄金期の一員だったスコッティ・ピッペンは、2020年4〜5月にドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』が放映されて以降、かつての相棒マイケル・ジョーダンとの関係が悪化し、たびたびメディアを賑わせている。そのなかで、殿堂入り選手のゲイリー・ペイトンが現役時代にしのぎを削ったライバルたちについ...
別窓で開く

「あれはバスケじゃない」と失笑のロッドマンは現代NBAに興味なし「ディープ3を観たくないんだ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンに創設75周年の節目を迎えるNBA。現代のリーグは、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心としたゴールデンステイト・ウォリアーズのようなスモールボールがトレンドとなり、ポジションレス化が進むなど大きく変化している。そんなNBAを「特に観ない」と断言...
別窓で開く

「カイリーは独自のスタイルを持った異端児」名司令塔のトーマスが“同類”のアービングを称賛!<DUNKSHOOT>
アイザイア・トーマスと言えば、1980年代後半に“バッドボーイズ”の異名でリーグを席巻したデトロイト・ピストンズのリーダーを務めた名ポイントガード(PG)だ。優勝2回(1989、90年)、ファイナルMVP1回(90年)、オールスター出場12回、歴代9位の通算9061アシストを...
別窓で開く

「ロッドマンは得点しないことに誇りを持っていた」ブルズ時代の同僚が語る名リバウンダーの“哲学”〈DUNKSHOOT〉
デニス・ロッドマンと言えば、NBA随一の悪童として語り継がれている一方で、史上最高のリバウンダーとしての呼び声も高かった。7年連続リバウンド王は、偉人ウィルト・チェンバレンを上回る連続記録で、優勝も5回経験している。シカゴ・ブルズ時代の同僚だったスティーブ・カー(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ・...
別窓で開く

ピストンズの「歴代ベスト5」ガード&ビッグマンは“バッドボーイズ”が独占!残る1人は?〈DUNKSHOOT〉
1946年の創設から75年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。 今回は「デ...
別窓で開く

レジェンドたちがNBA“黄金の90年代“について白熱議論!「優勝していない」ベストチームはスパーズだった?〈DUNKSHOOT〉
NBAにとって、1990年代は“全盛期”のひとつだ。2度の3連覇を果たした“神様”マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズ、史上4チーム目の2連覇を達成したヒューストン・ロケッツ、“バッドボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピス...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】デュマース、ウェバーらが袖を通した背番号4。職人タイプやダンク王も多く着用〈DUNKSHOOT〉
■職人肌や仕事人のほか、ダンク王も多く着用 日本のバスケ界で4番と言えば、キャプテンが着けるものという印象が強いが、NBAでは誰でも自由に選択できる番号だ。これまで職人や仕事人と呼ばれたプレーヤーが多く着用し、永久欠番になった選手たちも多くがこのタイプに分類される。...
別窓で開く


<前へ12次へ>