本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“神様”マイケル・ジョーダンは、なぜドラフト3位だったのか?【NBAレジェンド列伝・前編】
シカゴ・ブルズが最後に優勝した1997−98シーズンの密着ドキュメンタリーシリーズ『ザ・ラストダンス』(全10話)の放映が始まり、“神様”マイケル・ジョーダンが今、改めて脚光を浴びている。20世紀最高のスーパースターと謳われた「背番号23」のキャリアを、前後編で振り返る。...
別窓で開く

厳戒パリの現状は…25歳ミュージシャンが経験したロックダウン
パリ在住のカメラマン、松永学さんによるイケメンコラム。新型コロナウイルスが蔓延しているいま、あのパリのイケメンたちはどうしているのか? ミュージシャンのフィリップは自宅にこもって音楽制作中とのこと! イケメン番外編です。写真・文 松永学 【番外編】フィリップ 25歳 ミュージシャンミュージシャンのフ...
別窓で開く

大学No.1選手から脇役へと転身。知性と情熱の男、シェーン・バティエの物語【NBA名脇役列伝・前編】
素晴らしい才能や身体能力に恵まれていたわけではない。しかし、シェーン・バティエは真摯な姿勢と溢れんばかりの情熱、そして優れたバスケIQを最大の武器に、この世界を生き抜いてきた。ロケッツではT−MACやヤオ・ミンを、ヒートではレブロン・ジェームズらビッグ3を支えた、“ロールプレーヤーの鏡&...
別窓で開く

かつてジョーダンを「恐れていた」シャックが、90年代のブルズに勝てると豪語!「鍵を握るのは、俺の存在と……」
1997−98シーズンのシカゴ・ブルズに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』がついに放映される。マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンの“三銃士”を擁し、2度目のスリーピート(3連覇)を果たすチームがテーマに挙がる機会が増えるな...
別窓で開く

レブロンとジョーダン、どちらが優れた選手?元ピストンズのレインビアは「レブロン最強説」を提唱。理由は“キャリア初期の戦績”の違い
1997-98シーズンのシカゴ・ブルズに密着して撮影したドキュメンタリー10部作『ザ・ラストダンス』の放映が4月19日(日本時間20日)に迫り、マイケル・ジョーダンが話題に挙がる機会が増えている。相手をねじ伏せる得点力、驚異的な跳躍力と闘争心で「史上最高の選手」としての地位を築いてきたが、無双時代に...
別窓で開く

「もうチャンスはないと思い知らされた」ジョーダンとのコンビで6度の優勝を果たしたピッペンが白旗を掲げたデュオとは?
NBAは前身のBAA時代から数えて今季で創立74年を迎え、その長い歴史の中で数々の名コンビが名を馳せてきた。ボストン・セルティックス黄金期のボブ・クージーとビル・ラッセル、ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソンとカリーム・アブドゥル・ジャバー、ジョン・ストックトンとカール・マローン(ユタ・ジ...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】グラント・ヒルの初代シグネチャー「GRANT HILL MID」。FILAが誇る伝説のモデルが凡庸BOXになったワケ
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり! 第5回は、1994年にFILAからリリースされたグラント・ヒルのファーストモデル「GRANT HILL MID」。そのBOXのお話。...
別窓で開く

アイザイア・トーマスに加え、変わり種が多く指名された“異色選手の当たり年”。日本人初指名“伝説の巨人”の名も【NBAドラフト史:1981年】
1980年代後半にNBAを席巻した“バッドボーイズ”ピストンズ。その総帥として悪名高いのがアイザイア・トーマスだ。そのトーマス以外に、1981年ドラフトはこれといったNBAスターを輩出していない。しかし、入団に至らなかった選手も含めれば、異色のアスリートが多数指名された年だっ...
別窓で開く

若手時代のシャックはマスコミ嫌いだった?高騰するサラリーへの持論と“苦い”マジック時代の思い出を語る
1992年、当時ルイジアナ州大の3年生だったシャキール・オニールは、アーリーエントリーを宣言し鳴り物入りでオーランド・マジックに入団。今では若く才能ある選手がアーリーエントリーするのは当たり前となったが、1990年代初頭までは、大学卒業前にNBA入りを表明する選手は一握りしかいなかった。...
別窓で開く

NBA史上最強のPFダンカン、歴代最高クラスの司令塔ポールを輩出したウェイクフォレスト大は実績以上の存在感を醸し出す【名門カレッジ史】
ノースカロライナ州は、アメリカで最もカレッジバスケットボール熱の高い地域のひとつだ。NCAAトーナメント(以下トーナメント)を制したチームも多く、ノースカロライナ州大が2回、デューク大が5回、そしてノースカロライナ大(UNC)は6度も全米王者に輝いている。 これらの強豪校に阻まれていることもあり、ウ...
別窓で開く



<前へ123456次へ>