本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョーダンとの関係修復はもはや不可能?トーマスが“MJ史上最高説”否定の意見に同意
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、今季自身4度目のNBAチャンピオンに輝いたが、メディアを賑わせているのが「G.O.A.T(史上最高の選手)議論」だ。 レブロンはレギュラーシーズン&ファイナルMVPの受賞回数(4回)がマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)に次ぐ数字となり、改め...
別窓で開く

「彼はダライ・ラマのような存在」3チームで優勝を果たしたパイオニアが“レブロン最強説”を後押し
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、マイアミ・ヒートとのNBAファイナルを制して2019−20シーズンのチャンピオンに輝き、自身4度目のリーグタイトルを手にした。 これでレブロンはレギュラーシーズン&ファイナルMVPの受賞回数(4回)が“神様”マイケル・ジョーダ...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ベイラー、ドレクスラーらスコアラーが愛用した22番の歴史。今ファイナル大活躍のバトラーも袖を通した理由は?
NBAにおいて、22番は爆発力のあるスコアラーの番号というイメージが強い。事実、過去の名選手の多くがこのタイプに分類される。 22番を着けた最初の名選手はエド・マコーリー。1951年にオールスターゲームの初代MVPに輝き(ただし後年になってから遡っての選出だった)、同年から7年連続で球宴に選出された...
別窓で開く

「マイケルに一番近いのは、レブロンではなくコビー」 ベテランコーチが“NBA史上最高の選手論”に独自見解
マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(現レイカーズ)——。この3人は「NBA史上最高の選手」をテーマに議論がなされる際、必ず名前が挙がるメンバーだ。...
別窓で開く

ジャルジャル・後藤淳平「品川祐さんの本性は…」こっそり暴露
今回、ご紹介するのは、映画『ロックンロール・ストリップ』。大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る、売れない劇団の座長が、劇団員たちとともに奇跡のパフォーマンスを繰り広げる、痛快エンターテインメントです。本作で映画単独初主演を果たした、ジャルジャルの後藤淳平さんにお話をうかがいました。...
別窓で開く

ピッペンが低迷する古巣に“愛のムチ”「今のシカゴはフリーエージェントで行く場所ではない」
シカゴ・ブルズと言えば、1990年代にマイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペンの強力デュオを中心に2度の3連覇(91〜93年、96〜98年)を成し遂げ、王朝を築いた実績あるフランチャイズだ。 しかし、今季を含め過去3シーズンは勝率5割を大きく下回るなど、転換期を迎えている。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】カーターやカーメロら“スコアラー”に“問題児”、近年は“実力派ビッグマン”が背負う15番の歴史
■レジェンドはスコアラー系、近年はビッグマンが多く着用 背番号15はこれまで7人が欠番になっているが、スーパースターと呼べる選手は限られる。そのなかで最も有名なのは、ボストン・セルティックスの黄金期に主力を務めたトム・ハインソーンだ。1957年の新人王で、オールスターに6度選ばれたフォワードは、引退...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】メンバー落選で“幻”となった五輪モデル。アイザイア・トーマスの「ASICS GEL-SPOTLYTE」
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり!  初代ドリームチームのシグネチャーモデル第10弾、本編15箱目は、アイザイア・トーマスがメンバーに選ばれていれば“着用するはず”だった幻のオリンピックモデル。...
別窓で開く

シリーズ合計得点で相手を上回るも…「大一番」で"勝利"を掴み損ねた12チームを米メディア紹介
6月は例年であれば、NBAファイナルが行なわれている時期であり、もし通常通りシーズンが進んでいたら、今季の優勝チームが決まっていたかもしれない。 だが今季は新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、3月11日(日本時間12日、日付は以下同)にNBAがレギュラーシーズンを中断。...
別窓で開く

95年にドレクスラーはソニックスへ移籍する予定だった?当時の関係者が明かす“幻のトレード話”
マイケル・ジョーダンのライバルとして知られるクライド・ドレクスラーは、1994−95シーズン途中に11年半を過ごしたポートランド・トレイルブレイザーズからヒューストン・ロケッツへ移籍。大学時代の盟友アキーム・オラジュワンと再びタッグを組み、加入1年目で悲願のリーグタイトルを手にした。...
別窓で開く