本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ソニーがコロンビア・ピクチャーズのテーマ&ウォーターパークを2021年10月にタイでオープン
4月7日、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、コロンビア・ピクチャーズのテーマ&ウォーターパーク「Columbia Pictures’ Aquaverse(コロンビア・ピクチャーズ・アクアバース)」を、今年の10月にタイでオープンすると発表しました。...
別窓で開く

ピストンズの「歴代ベスト5」ガード&ビッグマンは“バッドボーイズ”が独占!残る1人は?〈DUNKSHOOT〉
1946年の創設から75年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。 今回は「デ...
別窓で開く

レジェンドたちがNBA“黄金の90年代“について白熱議論!「優勝していない」ベストチームはスパーズだった?〈DUNKSHOOT〉
NBAにとって、1990年代は“全盛期”のひとつだ。2度の3連覇を果たした“神様”マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズ、史上4チーム目の2連覇を達成したヒューストン・ロケッツ、“バッドボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピス...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】デュマース、ウェバーらが袖を通した背番号4。職人タイプやダンク王も多く着用〈DUNKSHOOT〉
■職人肌や仕事人のほか、ダンク王も多く着用 日本のバスケ界で4番と言えば、キャプテンが着けるものという印象が強いが、NBAでは誰でも自由に選択できる番号だ。これまで職人や仕事人と呼ばれたプレーヤーが多く着用し、永久欠番になった選手たちも多くがこのタイプに分類される。...
別窓で開く

『SLAM DUNK(スラムダンク)』の映画化発表に湧く海外ファン 「『SLAM DUNK』なしの人生なんて考えられない」「もう死んじゃいそう」
1月7日、90年代に人気となった漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の作者である井上雄彦さんが、自身のTwitterアカウントで新作アニメーション映画の制作を発表しました。https://twitter.com/inouetake/status/1347026926569803776【スラムダ...
別窓で開く

「MJがいかに素早く機敏か、世間は理解していない」元同僚が神様ジョーダンの“見逃されている凄み”を語る
“バスケットボールの神様”と呼ばれたマイケル・ジョーダンは、シカゴ・ブルズ時代に1991〜93年、96〜98年と2度の3連覇を果たした。驚異的なジャンプと滞空力、勝利への執着心は特徴としてこれまで何度も語られてきたが、元同僚のスコット・ウィリアムズは“見逃されてい...
別窓で開く

レブロン&アービング、トーマス&デュマース…全30球団の“オールドラフトチーム”を米メディアが発表!【Part.3】
ドラフトは各チームにとってフランチャイズの未来を占う重要な人材発掘の場だ。ただ、近年はスーパースターの移籍も珍しくなく、コビー・ブライアントやティム・ダンカンのような、プロ入りからひとつの球団でキャリアを終える選手は絶滅寸前となっている。...
別窓で開く

「世間は自分と違う考えの人間を嫌うもの」“ヒール役”のアービングをレジェンドPGが援護
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは現在、同僚ケビン・デュラントとともに、現役選手の中でも有数の“ヒール役”のイメージが付いている。本人の言動によるものが大きいが、往年の名司令塔はアービングが“他者と違う”がゆえに、批判の対象になっていると見解...
別窓で開く

「ジョーダンは私の足下にも及ばなかった」トーマスが高らかに主張。さらにデータで“追い打ち”も
アイザイア・トーマスとマイケル・ジョーダンは、現役時代に犬猿の仲だったことは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、舌戦は続いている。 発端は1985年のオールスターゲームで、トーマスが当時ルーキーだったジョーダンにパスをしないように首謀したとされる事件。その後、1992年のバルセロナ五輪では、ジョ...
別窓で開く

無謀な主張を続ける“レブロン・ヘイター”に現地メディアがピシャリ「その偉大さを認める時がきた」
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、今季自身4度目のNBAタイトルを手にし、35歳にして“キング健在”を強烈に印象づけた。それと同時に、“神様”マイケル・ジョーダンとの「史上最高の選手」を巡る議論が過熱している。...
別窓で開く