本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヤンチャだったバッドボーイズ佐田が体験した保護司の世界
10月15日(土)と16日(日)に京都市内の各所で行われている「京都国際映画祭2022」。今年で9回目の開催となる同映画祭は「映画もアートもその他も全部」をキーワードに、今年も「映画」「アート」「イベント」の3つのカテゴリから、リアルとオンラインのハイブリッドで行われている。...
別窓で開く

【NBAデュオ列伝|後編】軽率な言動への不信感、引退後に分かれた明と暗……“バッドボーイズの両頭”トーマスとデュマースの間になぜ隔たりが生じたのか<DUNKSHOOT>
■バッドボーイズの衰退。引退後に訪れた明と暗 しかし、ピストンズの栄華は長くは続かなかった。ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが、その牙城を崩したのである。 1991年のカンファレンス決勝は一方的な展開となり、ピストンズはブルズに4連敗。完膚なきまでに叩きのめされてしまった。この屈辱的な負け方が、トーマ...
別窓で開く

“天使と悪魔の顔を持つ男”トーマスと“誰もが認める紳士”デュマース。対照的な2人が牽引したピストンズの盛衰【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
14年の時を経て、アイザイア・トーマスはNBAファイナル2004の舞台に立っていた。 複雑な心境だった。本来ならGM(ゼネラルマネージャー)として、ニューヨーク・ニックスのメンバーを率いてこの場にいるべきだった。だが、彼にこの日与えられた役目は、デトロイト・ピストンズのOB代表として、始球式を務める...
別窓で開く

“歴代ベスト5”からレブロンを外したローズ。ジョーダンとの“G.O.A.T.論争”にも「誰も成し遂げてないことを意味する」と自論<DUNKSHOOT>
現地時間8月25日にYouTubeへ公開された米放送局『ESPN』の番組『Courtside Club』にゲスト出演したジェイレン・ローズは、現役時代はNBAで13シーズンプレーした203cmのオールラウンダー。インディアナ・ペイサーズ時代の1999−2000シーズンには平均18.2点、4.8リバウ...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

映画『バットガール』公開前にまさかのお蔵入り 劇場公開も配信の予定もなし
レスリー・グレース主演、マイケル・キートン、J・K・シモンズらが出演し、すでに撮影を終えていたDC映画『バットガール』が、お蔵入りすることがわかった。劇場公開はもちろん、HBO Maxでの配信もしない予定だという。 Varietyによると、ワーナーブラザースの新戦略として公開が見送られたそう。...
別窓で開く

実力はリーグ有数も、乱闘や罰金、出場停止は不可避? NBA歴代“トラブルメーカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
近年のNBAは品行方正で、トラブルとは無縁のクリーンな選手が増えている。もし何か問題を起こせば、情報はたちまちネット上に広まり“炎上”し、選手や所属するチームのイメージ低下を招くからだ。 しかし、一昔前のNBAでは、コート内外で世間を騒がせた問題児が多くいた。...
別窓で開く

ジョーダンは「誰とも打ち解けていない」。名コメンテーターが見解「アイザイアと話し合うなんて地獄でもあり得ない」<DUNKSHOOT>
NBAレジェンドのアイザイア・トーマスとマイケル・ジョーダンは、現役時代に犬猿の仲だったことは有名な話で、引退後も両者の溝は埋まっていない。名物コメンテーターのスキップ・ベイレスは、「マイケルはナイスガイではない」と、トーマスと膝を突き合わせて話すことは決してないと見解を述べている。...
別窓で開く

カジサック、インパルス堤下を「立ち直らせたい」“仲間”の救済に意欲
YouTuberで芸人のカジサックことキングコング・梶原雄太が1日、東京・千代田区の法務省庁舎で開催された「第72回 社会を明るくする運動〜#生きづらさを生きていく。〜」キックオフイベントに登壇した。 本取り組みは全ての国民の犯罪や非行の防止、犯罪をした場合の更生について理解を深め、安全で安心な明る...
別窓で開く

ブラウンのメンターは“バッドボーイズの首領”トーマス「家に来て『どうしたら上手くなれる?』って聞いてきたんだ」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスによる2022年のNBAファイナルは、第4戦を終えた時点で2勝2敗。どちらも一歩も譲らない、互角の戦いが続いている。 そのなかで、2010年以来のファイナル進出を果たし、2008年以来のリーグ制覇を目指すセルティックスを攻守で牽引するのがジェ...
別窓で開く


[ バッドボーイズ ] の関連キーワード

dunkshoot カニングハム ジョーダン トーマス レブロン
nba アイビ ローズ

<前へ123456次へ>