本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レブロンも絶賛する昨季新人王バーンズ。オールスター級への軌跡を歩む俊英の“手応えと課題”とは<DUNKSHOOT>
NBAプレーヤーにとって、キャリアでたった一度しか受賞チャンスがないアウォード。それは、デビューした年にだけ選ばれる権利を持つルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)だ。 そして2021−22シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、トロント・ラプターズのスコッティ・バーンズ。ラプターズ史上3...
別窓で開く

『Gのレコンギスタ』は“かわいい声”排除! 富野由悠季も苦言を呈すアイドルアニメの功罪
『Gのレコンギスタ』は“かわいい声”排除! 富野由悠季も苦言を呈すアイドルアニメの功罪 (C)PIXTA2010年代から続くアイドルアニメブームで、声優という職業のあり方も激変。ユニットを組んでライブすることが当たり前になり、若さやルックスを重視したキャスティングも増えてきた。その一方で声優としての...
別窓で開く

レスターに痛手…右SBのペレイラがアキレス腱断裂で長期離脱、バーンズも開幕戦を欠場へ
レスターに所属している元ポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、負傷の影響でシーズン前半戦を欠場することがわかった。5日にクラブを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が明かしている。 ペレイラは7月31日に本拠地の『キング・パワー・スタジアム』で行われたセビージャとのプレシーズンマッチにスタメンで出場し...
別窓で開く

母親にヘアカットをお願いした12歳少年、衝撃的な髪型になるも本人は大満足(豪)<動画あり>
このほど12歳の息子にヘアカットを施した母親が、頭頂部の毛がごっそり抜けてしまったような衝撃的な髪型をTikTokに投稿し話題を呼んでいる。実はこれ、自閉症の息子本人が望んだ髪型で、母親は葛藤しながらもその願いを聞き入れたという。『The Mirror』などが伝えている。...
別窓で開く

いよいよレギュラーシーズン最終戦 シード権、プレーオフ進出が厳しい選手は?【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「ロケット・モーゲージ・クラシック」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップ3に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt...
別窓で開く

舞台『炎炎ノ消防隊』第3弾が上演決定 全キャスト&日程&ティザービジュアル公開
舞台『炎炎ノ消防隊』第3弾公演が、9月から10月にかけて東京と京都で上演されることが決定した。本公演は『週刊少年マガジン』で連載されていた大久保篤原作による同名漫画の舞台化作品で、人が突如燃え出し、炎の怪物“?ビト”となって破壊の限りを尽くす“人体発火現象”とその脅威に立ち向かう特殊消防隊たちを描い...
別窓で開く

トップ10に変動なく松山英樹は8位をキープ 今季初Vトニー・フィナウは13位に【フェデックスカップランキング】
米国男子ツアー「3Mオープン」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。トップ10に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt)、4位ザンダー・...
別窓で開く

今季のレイカーズの“最重要選手”はデイビス?新指揮官ハムが断言「彼なしでは上手くいかない」<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックのビッグ3を擁しながらも、昨季はプレーオフどころかプレーイン・トーナメント参戦すら逃したロサンゼルス・レイカーズ。依然としてウエストブルックにはトレードの噂が付きまとうものの、再びこのトリオ体制で臨む今季こそ、絶対に失敗は許されな...
別窓で開く

キングスの躍進を現地記者が大胆予想「プレーオフ不出場記録が途切れ、マレーが新人王、フォックスはオールスターに選ばれる」<DUNKSHOOT>
ディフェンディング・チャンピオンのゴールデンステイト・ウォリアーズのほか、昨季リーグベストの64勝18敗(勝率78.0%)をマークしたフェニックス・サンズ、同2位の56勝26敗(勝率68.3%)を記録したメンフィス・グリズリーズと、群雄割拠の様相を呈している今季のウエスタン・カンファレンス。...
別窓で開く

「俺はまだ記録を持っている!」元ウォリアーズのアリナスが最強シューターのカリーに“対抗” 「104本打って100本決めた」<DUNKSHOOT>
「NBA史上最高のシューターは誰なのか?」 このテーマで真っ先に名前が挙がるのは、通算3ポイント成功数で歴代トップ(3117本)を誇るステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)なのは間違いない。そのほかではレイ・アレン(元ミルウォーキー・バックスほか)やレジー・ミラー(元インディアナ・ペ...
別窓で開く