本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く

今季の新人王は誰の手に? ラブは「一貫性」を理由に、チームメイトのモーブリーをプッシュ!<DUNKSHOOT>
今季の新人王レースは本命不在と評されてきたが、現地時間3月31日に『NBA.com』へ掲載された「Kia Rookie Ladder」に入ったトップ5が有力候補と言えるだろう。...
別窓で開く

終戦の裏工作。条件は「天皇の地位が降伏後も保持される」ことだけ
敗戦後、日本が共産主義国家との分断国家にならず、象徴天皇を中心とした民主国家として再生することができた。その陰には当時は「未熟なもの」として扱われた小野寺信(まこと)による“誠実なインテリジェンス”があった。産経新聞論説委員の岡部伸氏がスウェーデン王室とのエピソードとともに紹介します。...
別窓で開く

「シカゴの寒い天候を鈴木はどう思うだろうか?」GMの懸念と思わぬ幸運。現地記者が明かす鈴木誠也カブス入団秘話<SLUGGER>
3月14日の夜、カブスの球団幹部たちは自分たちをアピールするチャンスを得た。ロサンゼルスのレストランで、獲得を目指していた鈴木誠也と夕食をともにすることになったのだ。ジェド・ホイヤー編成総責任者は、チームの分析部門が提起した鈴木についてのある懸念を確かめようとしていた。...
別窓で開く

大谷翔平は「最高の投手と言えない」。鉄人リプケンの弟が語ったサイ・ヤング賞獲得の可能性「MVPは5年は最有力だけど——」
昨季に“リアル二刀流”でシーズンを完遂し、球界を席巻した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。メジャー挑戦5年目を迎えるサムライへの評価は、すこぶる高い。【動画】スモルツも唸った大谷翔平の『伝家の宝刀』スプリットでの奪三振シーン 当然の評価ではある。...
別窓で開く

英有力紙「プーチン大統領は核兵器使用も」「精神的に孤立し特殊な感情下」
プーチン大統領が、核兵器使用など極端な選択をとる可能性があるとの見方が西側有力メディアから出ている。去る20日(現地時刻)、英国BBC放送によると、西側情報当局はプーチン大統領が自ら作った自分だけの世界に閉じ込められており、彼が守勢に追い込まれれば、外部の現実と情報から遮断されたまま極端な選択をする...
別窓で開く

アーセナル守護神の活躍に敵将もお手上げ…レスター指揮官「素晴らしいセーブだった」
レスターのブレンダン・ロジャーズ監督が対戦相手の守護神を称えている。イギリス紙『イブニングスタンダード』が伝えている。 レスターは13日、プレミアリーグ第29節でアーセナルと対戦。リーグ戦4連勝と好調なアーセナルと激突したレスターもゴールを脅かしたがアーロン・ラムズデールの好セーブもありネットを揺ら...
別窓で開く

米情報当局「キエフは今後4~6週間で露軍に占領も」 制裁苦の露が集中攻勢か
ウクライナの首都キエフに攻勢をかけているロシア軍だが、米情報当局はあと1カ月から1カ月半の間にロシア軍がキエフを占領するとみていることが分かった。米NBCニュースは10日(現地時刻)、匿名を要求した米国のある官吏の言葉を引用してこのように報道した。彼はロシア軍が今後1〜2週間以内にキエフを完全に包囲...
別窓で開く

プーチンの戦術核使用に現実味 玉川徹「暗澹たる気持ちです」
ロシアのプーチン大統領はウクライナ侵攻で核使用を臭わせているが、欧米ではこれは単なる脅しではないという見方が強いという。けさ10日(2022年3月)の「モーニングショー」は、核使用の危機を伝えた。テレビ朝日の布施哲ワシントン支局長はこう報告した。「バーンズCIA長官は『ウクライナの状況は向こう1、2...
別窓で開く

チェルノブイリ原発、電源喪失 安住アナが伝えた懸念と現状
司会の安住紳一郎アナが別室からスタジオに戻って最初にトップニュースとして伝えたのが、チェルノブイリ原発の電源が喪失されたこと。安住は「ロシアが制圧しているチェルノブイリ原発。電源を供給する送電網が破壊されました。(放射性物質が)漏れだす可能性も指摘されています」と伝えた。10日(2022年3月)の放...
別窓で開く