本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



CY賞の剛腕バーンズを攻略! “ソーサ級”と期待される鈴木誠也、5月初陣はタイムリー二塁打でカブスの連敗ストップに貢献
現地時間5月1日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたミルウォーキー・ブリュワーズ戦に「2番・右翼」でスタメン出場。3打数1安打、1打点、1三振と、4月27日のアトランタ・ブレーブス戦以来となる打点を挙げ、チームも2対0で4試合ぶりの白星を飾った。...
別窓で開く

レスターとローマはドロー…フェイエノールトはマルセイユに先勝/ECL準決勝1stレグ
ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)準決勝ファーストレグが28日に行われた。 レスター(イングランド)とローマ(イタリア)の一戦は、15分にロレンツォ・ペッレグリーニのゴールでアウェイのローマが先制に成功した。しかし、67分にハーヴィー・バーンズのクロスがジャンルカ・マンチーニのオウンゴールを誘...
別窓で開く

「今のNBAはジョーダン引退以降、最高のレベル」元選手のローズが主張「MVP投票でKD、レブロン、ステフはいない」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAは、MVPの最終候補にヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が名を連ねた。1990〜2000年代にNBAでプレーした元選手のジェイレン・ローズは、リーグのレ...
別窓で開く

【NBA】ラプターズが崖っぷちから2連勝!シアカムが最多の23得点、渡邊雄太は終盤に出場し2得点<DUNKSHOOT>
現地時間4月25日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ対トロント・ラプターズのプレーオフ1回戦第5戦が行なわれ、ラプターズが103−88で勝利。3連敗後に連勝を飾り、シリーズ戦績を2勝3敗とした。 ホームの第4戦に勝利して迎えた敵地フィラデルフィアでの第5戦。ラプターズは前戦で股関節を痛めたフレ...
別窓で開く

リーグ屈指の3ポイント成功率を記録した八村塁、米メディアも来季へ高い期待「攻守でさらに飛躍できる!」
現在、プレーオフの戦いが繰り広げられているNBA。八村塁が所属するワシントン・ウィザーズは今季、レギュラーシーズンをイースタン・カンファレンス12位で終えプレーオフ進出はならなかった。 シーズン途中からチームに合流し、今シーズンを戦った八村塁は、出場試合数や平均出場時間などは、自身のNBAキャリアに...
別窓で開く

“シャーザー超え”の奪三振ショー! 二刀流の真価を発揮した大谷翔平にマッドンも脱帽「誰もあんなことできない」
記録づくめの1勝目となった。 現地時間4月20日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたヒューストン・アストロズ戦に「1番・DH兼投手」で先発出場。打っては4打数2安打、2打点、1四球。投げては6回(81球)、被安打1、12奪三振、与四球1、無失点と好投。待望の今季初勝利を手にした...
別窓で開く

ウォリアーズに新たな“デスラインナップ”が誕生?カリーは「ゲームプランを練るのは難しいだろう」と自信!<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは2014年のスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)就任後、19年まで5年連続ウエスタン・カンファレンスを勝ち上がり、NBAファイナルへと駒を進めた。 そのうち15、17、18年と、3度のチャンピオンに輝いたが、彼らがプレーオフの重要な試合を勝ち抜くうえで代名詞となって...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ケンプ、レインビアら活躍した選手はビッグマンばかり…「40番」の歴史を振り返る<DUNKSHOOT>
背番号別にNBAの過去〜現在の選手たちをつなげる当企画。今回は「40番」編をお届けする。■レインビア、ケンプなどビッグマンが多く着用 これまでNBAとABAの両リーグ合わせて170人が40番を背負ってきたが、目立った活躍を見せた選手はほぼ全員がセンター、あるいはPFという極端な傾向が見られる。...
別窓で開く

鈴木誠也の“神ってる”選球眼を示す「3.1%」。好スタートを呼んだボール球への対応力
4月7日(現地)に開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。今年も大谷翔平(エンジェルス)は大活躍するのか、新たなスターは台頭するのか楽しみが尽きないが、その中で“ジャパンの4番”が好スタートを切っている。...
別窓で開く

鈴木誠也が3戦3安打1本塁打の“開幕ダッシュ”に成功!歴代最高は「過剰反応」も「新人王は獲れるかもしれない」と期待
アメリカの地で鈴木誠也が躍動している。 今季からシカゴ・カブスでメジャーリーグに挑戦している27歳は、現地時間4月7日のミルウォーキー・ブルワーズとの開幕戦でデビュー。その試合でメジャー初安打を記録すると、同10日のブルワーズとの3戦目では、10打席目にして初の本塁打を記録と、上々のスタートダッシュ...
別窓で開く