本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ハーランド移籍のキーマン? ドルトムント同僚のDFアクラフがレアルへ勧誘か
 ドルトムントに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミは、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの将来におけるキーマンなのかもしれない。25日付けでスペイン紙『アス』が報じている。 アクラフは今シーズン終了時点で期限付き移籍を満了し、レンタル元のレアル・マドリードへ復帰する可能性が高まっている。...
別窓で開く

ドルトムントCEO、リーグ戦の再開へ悲愴感「すべてのクラブが倒産してしまう」
 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、今シーズンについて言及した。26日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。 現在新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国のリーグ戦は中断を余儀なくされている。そんな中で取材に応じたヴァツケCEOは、将来に対する悲愴感を口にした。「今後数カ月もプレー...
別窓で開く

ドルトムントが新型コロナ対策支援…スタジアムの一部を治療センターに改装
 ドルトムントは3日、世界的に流行する新型コロナウイルスの対策に、本拠地のジグナル・イドゥナ・パルクを提供することを発表した。 クラブ公式サイトによると、ドルトムントは地元機関のヴェストファーレン・リッペ保険医協会(KVWL)と協力してスタジアムの北スタンドを改装し、4日から新型コロナウイルス感染症...
別窓で開く

ビッグクラブの“注目銘柄”サンチョ…ドルトムントは条件次第で売却を容認へ
 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、同クラブ所属のイングランド代表FWジェイドン・サンチョの去就に言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が29日に同氏のコメントを伝えている。 現在サンチョに関しては、マンチェスター・U、チェルシー、レアル・マドリードなどからの関心が報じられてい...
別窓で開く

ドイツCL参加4クラブが結束示す…財政難のクラブ支援に計24億円を提供
 ブンデスリーガの4クラブが、「新型コロナウィルスの影響により苦境に立たされているブンデスリーガ1部と2部のクラブを支援する」ために資金を提供することを、ドイツフットボールリーグ(DFL)が26日に明らかにした。ドイツ誌『kicker』日本語版が同日に伝えた。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により...
別窓で開く

ドルトムントが一致団結! 選手たちと首脳陣が給料の一部返上を決断
 ドルトムントの選手と首脳陣は、給料の一部を返上する決断を下したようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が25日に伝えている。 世界中で新型コロナウイルスが拡大していることを受けて、ドイツではバイエルンのドイツ代表MFレオン・ゴレツカと同代表DFジョシュア・キミッヒが基金『WeKickCorona』...
別窓で開く

今季の欧州CLは優勝候補に暗雲。得点王も2大スター時代が終わるか
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、日本国内ではJリーグなどスポーツイベントの中止や延期が相次いでいる。スポーツファンにとっては寂しい限りだが、海の向こうではサッカーの最高峰UEFAチャンピオンズリーグ(CL)が再開。今季もグループステージを勝ち抜いた16チームによる決勝トーナメント...
別窓で開く


[ ハンス ドルトムント ] の関連キーワード

ドルトムント ドイツ ceo

<前へ1234次へ>