本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国・モーリシャス自由貿易協定が中国とアフリカの貿易協力を後押し
中国・モーリシャス自由貿易協定は2021年1月1日に正式発効しました。同協定は物品貿易、サービス貿易、投資、経済協力など多くの内容を含んでおり、中国とアフリカの国が締結した初めての自由貿易協定です。在中モーリシャス大使館の経済商務参事官はこのほど、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CM...
別窓で開く

ウクライナ侵略、ロシアはなぜ兵站に失敗したのか 中国の台湾・尖閣侵略に備える米軍や自衛隊に他山の石
素人は戦術を語り、プロは兵站を学ぶ ウクライナに侵攻したロシア軍は、これまでウクライナの強力な抵抗に遭い、深刻な打撃を受けて侵攻計画が予定通りに進展していない。 その原因の一つに挙げられているのが、ロシア軍の兵站(後方支援)の不備・失敗である。...
別窓で開く

“原作ブーム”VS“アップルへの失望”…『パチンコ』に向けた日本の極端な反応=韓国報道
日本による植民地期の朝鮮人と、生存のために日本に渡った在日コリアン1世代の人生を描いた「アップルTV+」のドラマ「Pachinko(パチンコ)」(以下、「パチンコ」)に対する世界の好評が熱い。ただ、日本現地のネットユーザーや評壇では「パチンコ」の作品性やこのドラマが取り扱った作品の雰囲気、歴史的考証...
別窓で開く

スイスの腕時計ブランド「チューダー」から2022年の新作が登場
独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランド、チューダー(TUDOR)。チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきました。...
別窓で開く

福田正博が激白する『ドーハの悲劇』が起こったもうひとつの理由。黎明期にあった日本サッカーの明と暗
日本代表「私のベストゲーム」(9)福田正博編(後編)前編はこちら>>「ネガティブな感情をまったく持たずにプレーしている時期だったような気がします」 日本が初めて優勝した1992年アジアカップ当時を、福田正博はそんな言葉で振り返る。「僕らはとにかく、目の前の試合を勝ちながら自信をつかんでいくことで、ア...
別窓で開く

J開幕前夜の劇的な日本代表の一戦。福田正博は自身のベストゲームにチョイス「あの時がピークだった」
日本代表「私のベストゲーム」(9)福田正博編(前編)これまでに数多くの選手たちが日本代表に選出され、W杯やW杯予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップなど、さまざまな舞台で活躍してきた。そんな彼らにとって、自らの「ベストゲーム」とはどの試合だったのか。時を経て今、改めて聞いてみた——。 Jリ...
別窓で開く

絵本作家イ・スジさん、韓国初「アンデルセン賞・画家賞」受賞
韓国の絵本作家イ・スジさん(48)が、児童文学界のノーベル賞と呼ばれる国際アンデルセン賞(以下アンデルセン賞)・画家賞を受賞した。アンデルセン賞を韓国の作家が受賞したのは今回が初めてだ。国際児童図書評議会(IBBY)は21日(現地時間)、イタリア・ボローニャ国際児童図書展の開幕に合わせて行った記者会...
別窓で開く

ロシア軍が65歳老人兵も招集か…除隊年齢を大幅引き上げ 戦死多数で兵力不足?
ウクライナで苦戦中のロシアが兵力不足で一般兵の除隊年齢を65歳に引き上げたことが分かった。20日(現地時刻)、ウクライナ国家安保局は声明を通じて「一時的に占領されたドネツク地域でロシア軍は第1軍団を補うために新たな動員令を発表した」とし「除隊者の最高年齢を65歳に上方調整した」と明らかにした。...
別窓で開く

伊東純也が個人技から今季6点目…ヘンクはクラブ・ブルージュに敗れる
ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第32節が20日に行われ、クラブ・ブルージュと対戦したヘンクの伊東純也がゴールを挙げた。 ヘンクは、4分に先制を許して迎えた39分、エリア付近の伊東純也は後ろ向きで味方のパスを受けると、伊東はそのままDFを背負い、体を反転させながら中央にカットイン。...
別窓で開く

強力ノイキャンと立体オーディオが付いたイヤホンなら没入感マシマシ!
最大−40dBのノイズキャンセリングを、飛行機や電車などの雑音が大きなところではガッツリ強めに、オフィスなどの比較的静かなところではタイピング音などの気になる音だけを軽減するように、周囲の環境によってノイズキャンセリングのレベルを調整できる完全ワイヤレスイヤホンがXiaomi(シャオミ)から登場。...
別窓で開く