本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



《強制的夫婦同姓》「でもアナタ、本当にアオノさんですか?」結婚時、妻の姓を選択した男性が体験した数々の“困難”とは
 夫婦が望む場合には,結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の氏を称することを認める「選択的夫婦別姓制度」についての議論が白熱して久しい。その大きなきっかけの一つには、2018年にソフトウェア会社社長の青野慶久氏を含めた原告4名が、民法の改正を求めて国を提訴した裁判(2021年6月24日に最高裁が上告を退ける...
別窓で開く

「お母さんと名字が違うからかわいそうってどういう感覚なんだろう…」事実婚の両親のもとに生まれた娘が抱く“選択的夫婦別姓”への素直な思い
《強制的夫婦同姓》「でもアナタ、本当にアオノさんですか?」結婚時、妻の姓を選択した男性が体験した数々の“困難”とは から続く 日本において婚姻届を提出する際には、必ず夫婦どちらかの姓を選択しなければならない。こうした制度に疑問を呈する人の中には、婚姻届を提出せず、夫婦別姓の事実婚という生き方を選...
別窓で開く

◆コロナ前とコロナ後で、ビジネスはどう変わったのか?先行きが読めず、めまぐるしく変わっていく経済市況。コロナ前とコロナ後で多くのビジネスや社会価値が変容するなか、今後の経済動向はどう変化していくのか。経済評論家で経営者でもある上念氏が解説する。(以下は、上念司著『誰も教えてくれなかった 金持ちになる...
別窓で開く

滋賀の女子高生誘拐・死亡事件、容疑者のトラブル歴 アパートの家主、勤務先の写真関連会社と裁判沙汰に
 38歳の男と21歳の女が19歳の女子高生をSNSで誘い出し、アパートに連れ込んだ。しかし、その誘いに乗ったのはあまりにも危険だった。地元で彼が起こしてきたトラブルの数々がそれを物語っていたからだ。 事件が発覚したのは今月12日の午前10時50分頃。滋賀県守山市のアパートの一室で京都市の女子高生、篠...
別窓で開く

推し文具がズラリ! 日本最大級の文具の祭典「文具女子博2021」行ってきた
文具好きの遊園地ともいえる文具イベント「文具女子博」。日本最大級の文具の祭典「文具女子博2021」が2021年12月16日(木)〜19日(日)の4日間、東京流通センター第二展示場E・Fホール(東京都大田区)にて開催。年々パワーアップする文具女子博へ行ってきました。筆者オススメのアイテムや見どころを動...
別窓で開く

吉行和子、劇団入りのきっかけは母の再婚。50年間苦しめられた“ぜん息”「ぜん息って本当に不思議」
高校3年生のときに「劇団民藝」の研究所の試験に合格し、『アンネの日記』の主演女優が体調を崩したことで代役に抜てきされて以降、数多くの舞台に出演した吉行和子さん。1959年には映画『才女気質』(中平康監督)、『にあんちゃん』(今村昌平監督)で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。劇団退団後はアングラ系の...
別窓で開く

二階元幹事長の党本部5階の部屋への来客がひっきりなし 「訪中・訪朝」「維新との接近」工作で捲土重来を期す
■裏方トップの手配で 自民党の幹事長を5年超にわたって務めた二階俊博氏の現在の肩書きは、「国土強靭化推進本部長」だ。幹事長の座を降りたことで、表舞台から去ったかと思えばさにあらず。自民党本部5階にあてがわれた本部長室には来客が絶えない。...
別窓で開く

昭和の怪奇事件「永代橋ミイラ事件」の真相とは。パンツ姿のミイラが橋の鉄骨から出現…自殺か自然死か?
 今回紹介する、ゆっくり昭和新聞さんが投稿した『【ゆっくり解説】戦慄!『永代橋ミイラ事件』〜昭和32年〜』では、音声読み上げソフトを使用して、昭和31年、永代橋でミイラ化した遺体がアーチの中から発見された怪事件を解説していきます。...
別窓で開く

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。12月9日(木)の放送では、“会社員あるある”をシェアしました。※写真はイメージです世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップ...
別窓で開く

<W解説>「強制徴用」と「厚生年金」の矛盾=韓国の元勤労挺身隊員ハルモニの「死ぬ前に聞きたい一言」
韓国の市民団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にする市民の会」が日本共産党の衆議院議員・本村伸子氏の支援を受け「日本年金機構」を動かした。元勤労挺身隊員チョン・シニョンさん(91歳)の11か月間の厚生年金加入を認めさせたのだ。市民団体としては一見、大きな成果を成し遂げたように見えるが、その解釈...
別窓で開く