本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヨーロッパのアンティークやブロカントの雑貨などが大集合!代々木VILLAGEで恒例の蚤の市開催
毎回大好評のアンティークやブロカントの雑貨などを取りそろえたお店が代々木VILLAGEに大集合する「BON DIMANCHE MARCHE(ボン ディマンシュ マルシェ)」第8回目の開催です。代々木VILLAGE by kurkkuは、2020年10月17日・18日の2日間、「BON DIMANCH...
別窓で開く

待ってました。マツキヨ「アルジェラン」にブラウンカラー登場!
マツモトキヨシのオーガニックコスメブランド「ARGELAN(アルジェラン)」に、ブラウンカラー「ムードカメリア」が登場します!2020年10月10日から、マツモトキヨシグループ店舗(一部店舗を除く)と公式オンラインストアにて、数量限定で発売されます。...
別窓で開く

100円レベルじゃない。ダイソーの「塗る香水」おしゃれで香りよき。しかも10個入り。
おしゃれな香水パッケージのこの商品は「塗る香水」です。見た目もかわいくて、テンションあがりますよね。100円ショップ「ダイソー」で買えるんですよ。香りは5種類塗る香水は、パウチタイプの商品でかさばらず、持ち運びに便利なアイテムです。記者が訪れたダイソーでは、コスメコーナーに置いてありました。...
別窓で開く

「書類のハンコは必要」という人々の声 「日本の文化」「判子を押すことで自分に責任感を持たせる」
日本トレンドリサーチは10月1日、判子に関する調査結果を発表した。調査は9月にネット上で実施し、全国の男女各750人から回答を得た。「判子を使う機会が多い」(13.9%)または「どちらかといえば多い」(17.8%)と答えた人は合わせて約3割にのぼった。「署名と判子は重複する。...
別窓で開く

ハンコじゃないよ! 話題の「シヤチハタ リップ」に新色登場、おしゃかわで惹かれる。
2019年10月、定番の印鑑「シヤチハタ ネーム9」にそっくりなリップクリームとして発売され、SNSで話題となった「シヤチハタ リップ美容スティック」。発売3か月で約1万5000個を売り上げた人気商品です。今秋、色味がかわいいペールカラーシリーズが仲間入りしました。...
別窓で開く

中国にも印章はあるが・・・日本のデジタル化を阻む最大の要因が「ハンコ」である理由 
 中国のポータルサイト・百度に28日、日本のデジタル化を阻む最大の要因が「ハンコ」である理由について紹介する記事が掲載された。 記事は、河野太郎行政改革担当相が24日に、政府機関や各都道府県に対して文書を配布し、行政手続きにおける印鑑の使用を廃止するよう求めたと紹介。「行政のデジタル化を進めるうえで...
別窓で開く

河野太郎行政改革担当大臣「行政の手続きにやめようと言ってるのであってハンコ文化は好き」とツイート 平井卓也デジタル担当大臣「100%支持します」
河野太郎行政改革担当大臣が、行政手続きでハンコを使用しないことを全府省に要請。それを受けて、2020年9月24日に内閣府は、各府省に通知を出して「廃止」「廃止の方向で検討中」「存続の方向で検討中」の中から回答するように求め、存続の場合は理由の提示を求めています。...
別窓で開く

「しくじり企業」シリーズを手掛けるクリエイター係長氏登場! 新バージョン(Re)でリニューアルした機能をおさらいetc… 『週刊ニコニコインフォ 第12号』レポート
 今のニコニコを伝える、今後のニコニコについてみんなで考える番組『週刊ニコニコインフォ』。 12回目の放送では、司会に百花繚乱氏、運営から栗田穣崇氏、ピックアップゲストには係長氏が登場。下記の項目について番組で取り上げました。  ■目次・VTuberと一緒にサメ映画を見る上映会など、直近の一週間で盛...
別窓で開く

1日8時間労働は長い?「日本人は働きすぎ」「そんなに集中して仕事をしている時間なんて少ない」
日本では、1日8時間労働、週5日勤務としている企業が多い。近年は、ブラック企業の問題や働き方改革の残業規制などもあり、より法定労働時間を意識したワークスタイルが叫ばれるようになった。実際のところ、労働者の本音はいかがなものか。キャリコネニュース読者からは、「日本人は働きすぎなので、1日7時間の週4日...
別窓で開く

 PERで割高・割安を計っていては見誤る! コロナ後の時代の投資に不可欠な米国テック株「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド」がコロナショック前の高値を上回り、好調なパフォーマンスを続けている。モーニングスターレーティングは、今年2月以降8月まで7カ月連続で最高位の5ツ★を継続し、北米株式に投資するファンドの中でも優れた成績だ。...
別窓で開く