本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シヤチハタとパーカーのコラボで“書く”と“捺す”が合体!
オフィスのペーパーレス化や電子署名の登場など、テレワークの普及に伴い、文書管理のオンライン化が進んでいます。ただし、完全にオンライン化が進んでいないからこそ、サインや印鑑が必要になる場面は今も多くあります。印鑑やペンがなくて、作業や契約が遅れてしまう事態を防ぐのに便利なのが、シヤチハタから発売の「ネ...
別窓で開く

日本で電子決済があまり普及しない原因は「危機管理意識の高さ」=中国メディア
 世界中で急速に電子決済の普及が進む中、日本ではまだまだ現金利用率が高い。「先進国の日本が、なぜこの電子決済についてはなかなか普及しないのか」と中国メディア鳳凰網が疑問を投げかけ、その原因として「危機管理意識の高さ」などを挙げている。 電子決済には、個人情報の流出による不正行為のリスクがつきまとう。...
別窓で開く

何かと話題のハンコだけど、名前シール作る時は便利だよね
テレワークの普及で、その存在意義が問われたハンコ。今まで当たり前だと思っていた常識が、根底から覆される出来事も増えてきましたね。とはいえ、ハンコの活用方法は書類の捺印だけではありません。時には、自分の持ち物であることを証明する、大事な目印になることも。そんな “お名前シール” としてハンコを活用した...
別窓で開く

「それ便利」がいっぱい!最新アイデア文房具5選
ペーパーレス化が進み、最近では脱ハンコの流れも見えてきました。スマホが普及し仕事でもプライベートでもデジタルシフトが進む中、では完全文房具レスができるかというと、さすがにまだ難しいというのが実情です。たしかに以前より文房具を使う機会は減ったかもしれませんが、まったく文字を手書きしないで仕事や生活をし...
別窓で開く

消費量は世界トップクラス、日本人は「紙が大好き」な民族だ=中国メディア 
 中国のポータルサイト・百度に13日、「日本は人口がそんなに多くないのに、どうして紙の使用量は世界一なのか」とする記事が掲載された。 記事は、日本の人口が1億2600万人と中国に比べれば11分の1程度と少なく思えるにもかかわらず、紙の使用量は世界で最も多いと紹介。...
別窓で開く

怒髪天・増子直純「この時代は鋼の心が必要」と語るカオスなアルバムとは
【音楽通信】第57回目に登場するのは、“JAPANESE R&E(リズム&演歌)”をテーマにロックを鳴らし、昨年バンド結成35周年を超えた怒髪天のフロントマン・増子直純さん!写真・北尾渉 取材、文・かわむらあみり【音楽通信】vol. 57ザ・ビートルズを弟と一緒にずっと聴いていた1984年に、ボーカ...
別窓で開く

事務員あるある「シヤチハタの悲劇」が話題に こんな時どうすれば?メーカーに聞くと...
書類にハンコを押そうとして、スタンプ台にポン。持ち上げると、表面に文字がくっきり。しまった、このハンコ、インキ内蔵だった——!そんな経験をしたことはないだろうか。例えば、こんなふうに。こちらは、グラフィックデザイン等を手掛ける「草野剛デザイン事務所」の公式ツイッター(@kusano_design)が...
別窓で開く

「お届け物でーす」子猫ちゃんが配達されてきた?
 「お届け物でーす」というつぶやきとともに、どこからともなく配達されてきた?猫ちゃんが話題です。 Twitterユーザーのねこのあおちゃん日記さんが投稿した写真には、空の段ボールの中にポツンと1匹の子猫ちゃんが。その表情は、喜んでいるでもなく、かといって怒っているわけでもない、何ともいえないもの。...
別窓で開く

星読みヒーラーyuji「この冬から始まるニューエイジ、風の門が開く」
人気ヒーラーのyuji氏が、その著書『yujiの星読み語り』(小社刊)の中で「時代の移り変わりのボルテージが最高潮」になると書かれた“大変革”の年・2020年——。2019年12月のインタビュー時にも、yuji氏は今年を「破壊と再生の年」と表現。「あらゆる常識が崩れ去り、世界構造の土台そのものが変化...
別窓で開く

「竈門炭治郎」とスラスラ書きたいそこの君、塩竈市が「竈」の正しい書き方を教えてくれてるよ
「竈門炭治郎」(かまど・たんじろう)といえば、今や知らない人はいないヒーローである。漫画「鬼滅の刃」(吾峠呼世晴著)の記録的な大ヒットによって、本作の主人公である彼の苗字を「かまど」と読める小学生は少なくないという。そんな中、俄然、注目を集めているのが、宮城県のほぼ中央に位置する塩竈市だ。...
別窓で開く


[ ハンコ ] の関連キーワード

シヤチハタ ヒーラ