本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“センター・レブロン”は「攻守でメリットがある」。指揮官ヴォーゲルが現ラインナップの強みを語る<DUNKSHOOT>
今季最長となる4連勝を飾っていたロサンゼルス・レイカーズは、1月9日(日本時間10日、日付は以下同)のメンフィス・グリズリーズ戦を119−127で落とし、今季戦績を21勝20敗(勝率51.2%)とした。 この日は絶好調のグリズリーズの前に敗れたものの、大黒柱のレブロン・ジェームズはフィールドゴール7...
別窓で開く

レイカーズ批判のパーキンスが鮮やかな手のひら返し!「ウエストブルックが解決策になるだろう」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、NBA2021−22シーズンの前半戦で“期待外れ”のチームに振り分けられるだろう。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードと熟練のスター選手を擁しながら、勝率5割がやっと(1...
別窓で開く

「今の選手たちは怠け者」シャックがスーパーチームに嫌悪感!一方でアデトクンボを称賛「リスペクトしている」<DUNKSHOOT>
「スーパーチーム」——。2021−22シーズンのNBAで頻繁に聞かれる言葉だ。 ロサンゼルス・レイカーズがレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンド(現クリーブランド・キャバリアーズ)を補強して強力な...
別窓で開く

ウエストブルックの連続ターンオーバー記録が407試合でストップ!レイカーズは今季3度目の3連勝!<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地1月4日、本拠地クリプトドットコム・アリーナで同地区に所属するサクラメント・キングスと対戦した。 試合序盤、レイカーズはキングスにペースを握られ、第1クォーターを26ー31と5点のビハインドで終了。しかし、第2クォーターにテイレン・ホルトン・タッカーやドワイト・ハワード...
別窓で開く

アカデミー賞受賞作「ビューティフル・マインド」−ラッセル・クロウの演技に感動
最近、DVDで映画「ビューティフル・マインド」を見ました。この作品は、2001年にアメリカで製作された伝記映画です。主人公は、「ゲーム理論」の発明者として1994年ノーベル経済学賞を受賞した天才的数学者ジョン・ナッシュ(ラッセル・クロウ)です。彼がプリンストン大学数学科を卒業し、希望するMIT(マサ...
別窓で開く

「俺はどんなバスケもできる」“人生初”センター起用のレブロンの活躍でレイカーズが連敗ストップ!<DUNKSHOOT>
現地時間12月28日のヒューストン・ロケッツ戦、ロサンゼルス・レイカーズは今季19パターン目の先発陣をコートへ送り出した。 この日はラッセル・ウエストブルック、エイブリー・ブラッドリー、マリーク・モンク、10日間契約で加入したスタンリー・ジョンソンに、レブロン・ジェームズをセンターで起用。...
別窓で開く

「レイカーズは言い訳ばかり」“ビッグ3解体論”を主張するパーキンスがウエストブルック放出を推奨<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズにとって、2021−22シーズンはここまで誤算が続いている。クリスマスゲームでブルックリン・ネッツに競り負けて今季ワーストの5連敗を喫し、16勝18敗と3度目の借金生活に突入。そんな悩める名門について、辛口批評で人気を博すNBAアナリストのケンドリック・パーキンスは、レブロン...
別窓で開く

【番記者セレクト】G大阪の厳選トピックBEST5|2つの“初”が生まれた柏戦は心打たれるものがあった
 今年も残りわずかとなったタイミングで、改めて2021年シーズンを振り返る企画。今回、取り上げるのはガンバ大阪。番記者ならではの視点で、思い出深いトピックBEST5をセレクトしてもらった。取材・文●飯間健(スポーツニッポン新聞社)——◆——◆——【5位】ニュースター候補山見の決勝弾! 24節の清水戦...
別窓で開く

シャックがヒート時代のボッシュを「ロールプレーヤー」と一刀両断!「ビッグ3として称賛されただけ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAには、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドを擁するロサンゼルス・レイカーズと、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・...
別窓で開く

「俺はステフ・カリーを応援する」シャックが古巣レイカーズに愛のムチ。浮上に向けたキーマンも指名<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのロサンゼルス・レイカーズは、最も議論に挙がっているチームである。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドとオールスター経験者揃いの巨大戦力を誇りながら、ゴールデンステイト・ウォリアーズ...
別窓で開く


[ ハワード ] の関連キーワード

dunkshoot ロールプレーヤ ボッシュ レブロン