本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



豪代表を3人を翻弄したメッシの「魔法のドリブル」。得点シーン以上の異彩を放ったプレーが「最高の場面だった」【W杯】
才能豊かな10番が異彩を放った。アルゼンチン代表FWのリオネル・メッシだ。 現地時間12月3日、アルゼンチンはカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦して2-1で勝利。準優勝に終わった2014年大会以来となるベスト8に駒を進めた。...
別窓で開く

“偉才”メッシの絶大な存在感。アルゼンチンを8強に導いた出色の輝き「8人のDFをものともしなかった」【W杯】
偉才の左足が冴えわたった。 現地時間12月3日、アルゼンチン代表はカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦して2-1で勝利。準優勝に終わった2014年大会以来となるベスト8に駒を進めた。【動画】異彩を放った左足! 相手DFの股を抜いたメッシのゴラッソシーンをチェック...
別窓で開く

「罰を受けるべきだった」虹色の腕章を着用しなかったイングランド&ウェールズ代表の主将に、ロイ・キーンが苦言「大きな間違いだ」
 イングランドなどヨーロッパ7か国が下した決断に、元アイルランド代表のロイ・キーンが苦言を呈した。 現地時間11月20日に開幕したカタール・ワールドカップで、当初イングランドやドイツなど欧州7か国は、「One Love」と記され、虹色のハートマークが描かれたキャプテンマークを主将が身に着ける予定だっ...
別窓で開く

W杯が開幕しても英国は盛り上がらず、「通常のAマッチ週間のよう」。ファンはイングランド代表のGS突破を楽観視し…【現地発】
 いよいよワールドカップが始まったが、ここイングランドでは、それまで開幕が近づいているという雰囲気はまったくなかった。 通常なら大会が始まる数週間前にイングランドの旗を掲げた車が走っているものだが、今回は一度も見ていない。直前までプレミアリーグが行われたいたせいもあるだろう。単なる「国際Aマッチウィ...
別窓で開く

登録枠拡大で注目…ワールドカップに初登場の背番号「24〜26」たち
20日(日)に華々しい開幕を迎えた今回のワールドカップ。今大会は開催国のカタールがW杯デビューを飾ったが、“初出場”となるのは彼らだけではない。今大会はワールドカップの歴史において、初めて「背番号24〜26」が登場するのだ。 ワールドカップで背番号が導入されたのは1950年大会。...
別窓で開く

「全員で決めた」イングランド代表は人種差別への抗議を込めた“膝立ち”を実行へ。虹色のアームバンド着用はFIFA介入でどうなる?
 現地時間11月20日に開幕したカタール・ワールドカップ。翌21日にはイングランド代表がイラン代表との初戦を迎える。 イングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督は、20日に行なわれた前日会見に登場。イラン戦についての質問に答えるなか、選手たち主導で試合前に膝をつく行動に出ることを明かした。英紙『T...
別窓で開く

サッカー界の時代の流れを反映!? W杯出場選手の【長者番付&市場価値】ランキング! 両部門で堂々トップに君臨するのは?
間もなく開幕するカタール・ワールドカップ。世界の32か国からワールドクラスの選手が集い、最高レベルのパフォーマンスを発揮することが期待される。 この大会で、誰がその価値を高めるかが興味深いところだが、現時点で各選手やチームにどれだけの価値があるかにも、人々の関心が寄せられている。...
別窓で開く

カタールでは誰が歴史に名を刻む? C・ロナウドは記録更新へ…ワールドカップにおけるハットトリックの回顧録
ワールドカップの開幕まで10日を切り、日に日に大会ムードが高まっているが、果たして今大会はどんな選手がスタジアムを沸かすのだろうか? ? 1930年に産声を上げたワールドカップでは、第1回大会のグループステージ第2節にアメリカ代表のバート・パテナウデがパラグアイ戦でハットトリックを達成して以降、これ...
別窓で開く

ラッシュフォードが公式戦100ゴール目! マンU、終盤の猛攻耐え抜きウェストハムを下す
プレミアリーグ第14節が30日に行われ、マンチェスター・Uとウェストハムが対戦した。 直近のプレミアリーグ5戦で3勝2分と負けなしをキープしているマンチェスター・Uは、ヨーロッパリーグ(EL)でも現在4連勝中。消化試合数にバラつきこそあるものの、現時点で上位4チームを射程圏内に捉え、今季のプレミアリ...
別窓で開く

「さらなる処分の可能性も」トッテナム指揮官コンテ“退場”の余波に英紙が嘆き「南フランスへスタンド観戦に行くしかない」
 現地26日に行なわれたチャンピオンズリーグ第5節のトッテナム対スポルティングは1-1のドローに終わった。この試合では、ホームのトッテナムを率いるアントニオ・コンテ監督がレッドカードで退場処分となっており、最終節のマルセイユとのアウェーゲームで、ベンチで指揮ができない状況となっている。 コンテ監督に...
別窓で開く