本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【カルディ】夏にぴったり! 新たなスパークリングワイン続々登場
カルディコーヒーファームは7月29日、今年穫れたばかりのブドウで造られたオーストラリアの新酒をはじめ、新発売のシラーズで造ったスパークリングワインやベリーが香るワインカクテルなどの発売を発表しました。...
別窓で開く

JRA攻略7/31『WIN5大作戦』〜投資“ざっくり3万円”で目指せ1000万円!!〜
(C)JRA 〜7月31日のWIN5対象レース〜①新潟9R出雲崎特別ケイアイセナジュンブロッサムソバナ       3頭ジュンブロッサムは、共同通信杯とアーリントンCで4着に健闘。前走はマイル戦で4着だったが、現状は1800メートルのほうが競馬はしやすそう。ここは通過点だ。ソバナは1戦1勝馬で、今回...
別窓で開く

『津田青楓 図案と、時代と、』渋谷区立松濤美術館で開催中 明治、大正時代の革新的な「図案」の世界を紹介
明治時代から昭和にかけて、幅広い分野で活躍した画家、津田青楓(つだせいふう)。彼や彼の周辺で活躍していた芸術家たちの図案に焦点を当てた展覧会『津田青楓 図案と、時代と、』が渋谷区松濤美術館では6月18日(土)よりスタートしている。展覧会途中展示替えも行い、8月14日(日)までの開催。...
別窓で開く

レトロモダンな「図案」の世界を展観『津田青楓 図案と、時代と』6月18日より開催
6月18日(土)より渋谷区立松濤美術館では、明治30年代に京都で多くの図案集を出版し、大正時代には夏目漱石らの本の装幀も手掛けた画家・津田青楓(つだ・せいふう/1880〜1978)を軸に、明治、大正、昭和にかけての図案集と図案に関する作品を紹介する『津田青楓 図案と、時代と』が開催される。...
別窓で開く

市川紗椰が気になる、ステンドグラスは"窓か窓じゃないか"をめぐる裁判
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、ステンドグラスは窓か、窓じゃないかが争点の裁判について語る。* * *ガラスを使った光の芸術品、ステンドグラス。ランプや小物にも使われていますが、教会や洋館を彩るものをイメー...
別窓で開く

安住紳一郎、全力サラリーマン芸披露に宇賀神メグからチクリ「お酒は飲んでないですよね?」
画像:時事3月9日の放送を迎え、レミオロメンのヒット曲「3月9日」に触れた「THE TIME,」(TBS系)MCの安住紳一郎アナウンサー。すると全力でサラリーマンならではの芸を披露して、共演者らを驚かせる一幕がありました。...
別窓で開く

同性愛者が処刑される国の現実『チェチェンへようこそ −ゲイの粛清−』 フェイク映像技術を武器に命がけで差別と戦う
チェチェンへようこそ■凄惨極まる同性愛者差別『ラ・マンチャの男』(1972年)に「事実は真実の敵なり」というセリフがある。ドキュメンタリー映画、というのはまさに事実から真実を導き出すメディアだと思う。事実は一つ。けれど真実は人の数だけある。監督は自らの真実を、事実を通して描いて見せる。それがドキュメ...
別窓で開く

不朽の名作カップ麺、真冬の風物詩「辛辛魚」 14年間オンリーワンであり続ける「激辛×魚介」の合わせ技
マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第七十五回 寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」連載の第七十五回目となる今回は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」をレビューします。...
別窓で開く

世界から選りすぐりの100以上のブランドが集う、高島屋のバレンタインデー 2022「アムール・デュ・ショコラ」
年に一度の“ショコラの祭典”として親しまれている高島屋のバレンタイン催事 「アムール・デュ・ショコラ」。世界のショコラが集結する祭典として日本初上陸のブランドや、こだわりの老舗のご紹介はもちろん、ますます注目の高まっている“サステナブルなショコラ”をはじめ、“気分のあがる”ラグジュアリーなショコラや...
別窓で開く

【ボジョレ解禁】都道府県別・ワインの消費量TOP10は?
2021年11月18日、フランス産ワイン、ボージョレ・ヌーボーの販売が世界各地で解禁されました。ぶどうの不作の影響で生産量が少ないため、例年より販売価格が高いようです。そこで今回は「ボジョレ解禁」にちなんで、日本のワイン(果実酒)の出荷量や消費量などをご紹介していきます。...
別窓で開く


[ ヌーヴォ ] の関連キーワード

チェチェン カルディ ボジョレ 高島屋 jra
宇賀神

<前へ12345次へ>