本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



井浦新、のんが急きょ訪問して別れ…9・30テアトル梅田閉館 関西ミニシアター象徴への様々な思い
 関西のミニシアターをリードしてきた「テアトル梅田」が9月30日に閉館する。ゆかりのあった俳優や監督、また劇場支配人それぞれの思いを探った。 * * * 7月19日、テアトルシネマグループの公式ホームページに「テアトル梅田閉館のお知らせ」が掲載された。...
別窓で開く

至高の線をカッター1本で彫る 消しゴムはんこでミュシャの作品を表現
 19世紀末から20世紀初頭のアール・ヌーヴォー期を代表する画家、アルフォンス・ミュシャ。その特徴は装飾性豊かな女性像に代表され、緻密に描きこまれた背景模様を含めた画面構成は、日本でも多くのファンを惹きつけています。 そんなミュシャの作品を消しゴムはんこで再現している、消しゴムはんこ作家のキトリさん...
別窓で開く

可愛らしい宝物のような魅力に満ちたデミタスカップ約340点を紹介『デミタスカップの愉しみ』9月17日より開催
「デミタス(demitasse)」とは、フランス語で「小さなカップ」のこと。濃いめのコーヒーを楽しむためのデミタスは、ヨーロッパのコーヒー・カフェ文化の浸透を背景に生み出された。この多様なデミタスカップを紹介する『デミタスカップの愉しみ』が、9月17日(土)より、八王子市夢美術館で開催される。...
別窓で開く

華やかなアフタヌーンティーの空間の再現も『アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン』9月10日より開催
明治の開国後、世界に向けてひらかれた横浜。この地にゆかりある陶磁器「オールドノリタケ」の魅力を紹介する『アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション』が、9月10日(土)よりそごう美術館にて開催される。...
別窓で開く

あの「未解決殺人事件」の担当刑事が本人役で映画主演!痛恨の捜査ミス「舞台裏」を激白
 映画「とら男」は、30年前に起きた「金沢スイミングコーチ殺人事件」を、かつての担当刑事である西村虎男氏が本人役で主演する、ドキュメンタリータッチのミステリーだ。 今は廃止されたが、時効制度によって15年前に迷宮入りし、犯人は永久に「無罪放免」となった。西村氏にとって、32年の刑事人生で唯一の迷宮入...
別窓で開く

【カルディ】夏にぴったり! 新たなスパークリングワイン続々登場
カルディコーヒーファームは7月29日、今年穫れたばかりのブドウで造られたオーストラリアの新酒をはじめ、新発売のシラーズで造ったスパークリングワインやベリーが香るワインカクテルなどの発売を発表しました。...
別窓で開く

『津田青楓 図案と、時代と、』渋谷区立松濤美術館で開催中 明治、大正時代の革新的な「図案」の世界を紹介
明治時代から昭和にかけて、幅広い分野で活躍した画家、津田青楓(つだせいふう)。彼や彼の周辺で活躍していた芸術家たちの図案に焦点を当てた展覧会『津田青楓 図案と、時代と、』が渋谷区松濤美術館では6月18日(土)よりスタートしている。展覧会途中展示替えも行い、8月14日(日)までの開催。...
別窓で開く

市川紗椰が気になる、ステンドグラスは"窓か窓じゃないか"をめぐる裁判
『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、ステンドグラスは窓か、窓じゃないかが争点の裁判について語る。* * *ガラスを使った光の芸術品、ステンドグラス。ランプや小物にも使われていますが、教会や洋館を彩るものをイメー...
別窓で開く

安住紳一郎、全力サラリーマン芸披露に宇賀神メグからチクリ「お酒は飲んでないですよね?」
画像:時事3月9日の放送を迎え、レミオロメンのヒット曲「3月9日」に触れた「THE TIME,」(TBS系)MCの安住紳一郎アナウンサー。すると全力でサラリーマンならではの芸を披露して、共演者らを驚かせる一幕がありました。...
別窓で開く

不朽の名作カップ麺、真冬の風物詩「辛辛魚」 14年間オンリーワンであり続ける「激辛×魚介」の合わせ技
マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第七十五回 寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」連載の第七十五回目となる今回は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」をレビューします。...
別窓で開く


[ ヌーヴォ ] の関連キーワード

カルディ 宇賀神

<前へ12345次へ>