本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“Z世代”も言葉狩りの餌食に? イーロン・マスク買収後のツイッターは…
最近、ネット上で〝嫁警察〟が急増。誤った日本語をここぞとばかりにあげつらい、正義を主張している。「自分の妻のことを嫁というのは、関西出身者に多い傾向がありますね。『嫁』は厳密には〝息子の配偶者の女性〟のことですが、最近は、妻や結婚した女性の意味で使われることもあり、決して間違いではありません。しかし...
別窓で開く

新内眞衣と学ぶSDGs 「5つのP」って何?
ニッポン放送『SDGs MAGAZINE』が新内眞衣をパーソナリティに迎え、2022年4月10日の放送で新たなスタートを切った。リニューアル第1回の放送の後半では“ミスターSDGs”ことSDGs研究の第一人者、慶應義塾大学大学院・蟹江憲史教授が、「SDGs」を改めてその基本から学んでいく上で指針とな...
別窓で開く

「ロシアは国連を相手にしていない。恐れているのは米国とNATOを刺激する事」防衛研究所・高橋杉雄 防衛政策研究室長
防衛研究所の高橋杉雄 防衛政策研究室長が4月29日(金)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。国連のグテーレス事務総長が訪問中の首都キーウに向けて、ロシアがミサイル2発を発射した理由について「プーチン大統領は国連を下に見ていて、グテーレス氏の顔に泥を塗る狙いがあった」と語った。...
別窓で開く

『朝まで生テレビ!』35周年特別番組が放送 田原総一朗『報道の自由・生涯功労賞』受賞の模様も
1987年4月に放送スタートし、きょう29日の放送で35周年を迎える、テレビ朝日系老舗討論番組『朝まで生テレビ!』(毎月最終金曜 深夜1:25)。第420弾となる今回は、35周年特別企画「激論 35 年!〜戦争と平和 ド〜する?!ニッポンの針路〜」と銘打ち、ロシアによるウクライナ侵攻という歴史的危機...
別窓で開く

「ミサイルによる爆撃音が徐々に近付いてくる恐怖」ウクライナ在住ボランティアが語る
ウクライナ在住のボランティア・高垣典哉氏が4月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地からウクライナの状況について語った。【ウクライナ侵攻】ロシア軍の攻撃で破壊されたマンション=2022年4月22日、ウクライナ・ボロディアンカ 写真提供:産経新聞社ロシア軍が南部完全支配...
別窓で開く

北朝鮮、ロシアのウクライナ侵攻から影響?「プーチンのやり方に鼓舞されて」李相哲教授が指摘
4月27日放送の『辛坊治郎ズームそこまで言うか!』(ニッポン放送)に、北朝鮮情勢に詳しい龍谷大学教授の李相哲氏が電話でゲスト出演した。 李氏は25日夜に行われた北朝鮮の軍事パレードに関して、「今回非常に怖い話を金正恩が演説で口にしたんです」と明かした。...
別窓で開く

ウクライナが日本に期待できるのは終戦後の「復興時の協力」
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。4月26日に行われた岸田総理とウクライナのゼレンスキー大統領の電話会談について解説した。【ウクライナ侵攻】記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=2022年4月23日午後、ウクライナ・キーウ 写真提供:産...
別窓で開く

知床観光船遭難事故  悪天候のなか、なぜ船を出したのか
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。知床観光船の遭難事故について解説した。...
別窓で開く

6兆2000億円の対策ではまったく足りない  物価高対応の「話にならない」緊急対策
数量政策学者の高橋洋一が4月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」に出演。原油価格や物価の高騰に対して政府が決定した緊急対策について解説した。...
別窓で開く

報道対応をまったくしない「知床遊覧船」 社長による記者会見の実施はあるのか
産経新聞社会部の鵜野光博記者が4月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現地・ウトロ港から、知床観光船事故の現在の状況について解説した。...
別窓で開く


[ ニッポン ロシア ] の関連キーワード

ウクライナ 総一朗 ロシア 北朝鮮