本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「いつか声がかかれば…」“脇役界のスーパースター”オリーが殿堂入りへの本音を吐露「僕は7つのリングを持ってる」<DUNKSHOOT>
昨年のバスケットボール殿堂入り式典は、新型コロナウイルスのパンデミックにより延期となり、今年の5月14〜16日(日本時間15〜17日、日付は以下同)にコネティカット州モヒガンサンで行なわれる予定で、16日に2021年の殿堂入りメンバーが発表される。...
別窓で開く

アイバーソンが“96年ドラフト組最強説”を主張!ジョーダン擁する84年、レブロン率いる03年よりも「俺たちがベスト」と豪語<DUNKSHOOT>
NBA史上最高のドラフト豊作年と言えば、“神様”マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)を筆頭とした1984年が定説だ。しかし、“小さな得点王”として人気を博した殿堂入り選手のアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか)は、...
別窓で開く

通算2万7000点を突破したカーメロ。歴代10傑入りに向けて「もっと上り詰めていく」と意欲〈DUNKSHOOT〉
3月19日(日本時間20日、日付は以下同)に行なわれたダラス・マーベリックス対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦。ルカ・ドンチッチの華麗なパス捌きがSNSを通じて世界中に拡散され話題となったが、試合を制したのはブレイザーズだった。 左足骨折から復帰して3試合目となったCJ・マッカラムが、決勝3ポイ...
別窓で開く

レジェンドたちがNBA“黄金の90年代“について白熱議論!「優勝していない」ベストチームはスパーズだった?〈DUNKSHOOT〉
NBAにとって、1990年代は“全盛期”のひとつだ。2度の3連覇を果たした“神様”マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズ、史上4チーム目の2連覇を達成したヒューストン・ロケッツ、“バッドボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピス...
別窓で開く

10年以上の生え抜きはカリーとハズレムのみ!各チームの最古参プレーヤーは?【Part.3】〈DUNKSHOOT〉
1990〜2000年代のNBAには、ジョン・ストックトン、レジー・ミラー、ティム・ダンカン、コビー・ブライアントといった引退まで同一チームで過ごしたフランチャイズプレーヤーや、ケビン・ガーネットやポール・ピアース、ドゥエイン・ウェイドなど、ドラフトで指名された球団に10年以上在籍した選手が複数いた。...
別窓で開く

オーランドを熱狂させたシャック&ペニー。史上最強に“近づいた“コンビの結成秘話【NBAデュオ列伝|前編】〈DUNKSHOOT〉
プレーオフで敗れたとはいえ、2004−05シーズンにイースタン・カンファレンス首位に輝いたマイアミ・ヒートにとって、2004年オフにロサンゼルス・レイカーズからシャキール・オニールを獲得したのは大正解だったと言えるだろう。 もちろん、ヒートの躍進はシャックだけの功績だけではない。...
別窓で開く


[ ニール dunkshoot ヒューストン ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン part レブロン nba

<前へ12345次へ>