本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョーダン、ドクターJ、カーター…NBA歴代“ベストダンカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールの花形プレーと聞いて、多くの人が思い浮かべるのがリングに直接ボールをねじ込む「ダンクシュート」だろう。特に世界中から傑出したアスリートが集うNBAでは、毎年オールスターのメインイベントとしてスラムダンク・コンテストが行なわれるなど、数々の跳躍自慢が時代を彩ってきた。...
別窓で開く

ウォリアーズのグリーンがTNTファミリーの仲間入り!現役ながら放送界でも働く“二刀流”選手に<DUNKSHOOT>
現地時間1月27日(日本時間28日、日付は以下同)、『Turner Sports(ターナー・スポーツ)』がゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンと複数年契約を結んだことを発表した。...
別窓で開く

「今、最強なのはエンビードだ」シャックも太鼓判を押すMVP候補が自身の転機を語る<DUNKSHOOT>
現地時間1月25日(日本時間26日、日付は以下同)に行なわれたニューオリンズ・ペリカンズ戦。ホームのフィラデルフィア・セブンティシクサーズは前半を終えて50−58と8点のビハインドを背負っていた。 だがシクサーズは後半に入って67−49と一気に形成を逆転し、最終スコア117−107で勝利。前戦に続き...
別窓で開く

「俺のチームにいたら指摘する」シャックがアービングの起用法に苦言「勝ちたいなら犠牲は払わないと」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは今季、新型コロナウイルスのワクチン未接種問題により、シーズン途中から“パートタイム・プレーヤー”としてアウェーゲームにだけ出場している。 エースのケビン・デュラントがケガで離脱したネッツでは貴重な得点源となっているが、殿堂入りセンタ...
別窓で開く

NBA史上最短で50点&10リバウンドをマークしたエンビード「俺はシャックにだってMJにだってなれる」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)に行なわれたオーランド・マジックとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる一戦は、マジックのセンター、モー・バンバが第2クォーターの20得点を含むキャリアハイの32得点をあげる活躍を披露した。...
別窓で開く

“ジョーダン批判”で賛否両論のピッペンに新たな味方が出現。苦労を知る元同僚が擁護「彼は謂れのない誹謗中傷を受けた」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たしたマイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、“史上最高のデュオ”とも言われる名コンビだった。しかし、2020年4〜5月に公開されたドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』放送後に関係悪化が取り沙汰され、ピッペンが自伝『Unguarded』で...
別窓で開く

「今の選手たちは怠け者」シャックがスーパーチームに嫌悪感!一方でアデトクンボを称賛「リスペクトしている」<DUNKSHOOT>
「スーパーチーム」——。2021−22シーズンのNBAで頻繁に聞かれる言葉だ。 ロサンゼルス・レイカーズがレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンド(現クリーブランド・キャバリアーズ)を補強して強力な...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

好調の弟フランツを支える“偉大な兄”モリッツ。マジックの指揮官が語る“ヴァグナー兄弟の絆”<DUNKSHOOT>
今季NBAデビューを果たしたルーキーで、現在最も平均得点が多いのは?1位指名のケイド・カニングハム(デトロイト・ピストンズ)か?それとも2位で指名を受けたジェイレン・グリーン(ヒューストン・ロケッツ)か? 開幕から35試合を終えた時点で、平均15.6点でトップに立つのは、トロント・ラプターズのスコッ...
別窓で開く

「レブロンはチームの構築方法の概念を変えてしまった」元同僚が語る“スリーキングス”結成の功罪<DUNKSHOOT>
NBAの“キング”ことレブロン・ジェームズは、キャリア19年間でクリーブランド・キャバリアーズ、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・レイカーズの3チームを渡り歩き、4度の優勝を手にしてきた。 圧倒的な実力を誇るがゆえに、2010年夏にキャブズからヒートに移籍した際は大きなバッシン...
別窓で開く