本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あんな振る舞いは許さない」75周年記念式典でのロッドマンの“問題行動”にシャックが苦言<DUNKSHOOT>
2022年NBAオールスターのハーフタイム中に行なわれた、リーグ75周年記念チームの表彰セレモニー。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)やマジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)といったレジェンドから、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォ...
別窓で開く

ノビツキーが悲願のNBA制覇を遂げた2011年ファイナルを回顧「彼らが結成1年目だったのはすごく幸運だった」<DUNKSHOOT>
21年間のNBAキャリアで歴代4位の通算1522試合出場、同6位の通算3万1560得点、同13位の3ポイント成功数1982本を記録し、将来の殿堂入りが確実視されているダーク・ノビツキー。2011年には悲願のリーグ制覇を成し遂げたが、ダラス・マーベリックス一筋のレジェンドは“時の運&rdq...
別窓で開く

「何が問題なのかわからない」名手ドミニクがジョーダン批判のピッペンに困惑「築いた関係を壊す必要はない」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズの黄金期を支えたマイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、長いNBAの歴史を彩る“史上最高のデュオ”のひとつとされている。 しかし、ジョーダンが主導で作成したドキュメンタリーの描かれ方にピッペンが抱いた不満が発端で確執へと発展。...
別窓で開く

オールスター前後の“勝負の時期”に最も躍動した選手は誰だ!? NBA2月の得点ランキングを発表<DUNKSHOOT>
去る2月20日(現地時間)にオールスターゲームが行なわれたNBAは、約1週間の小休止を経て、シーズン後半戦に突入する。 特に上位を目指すチームにとって、ここからはポストシーズンも見据えた勝負の時期となる。今回は過去30年(1992〜2021年)のシーズン別に、“前半戦の終盤”...
別窓で開く

1990〜2000年代のNBAでアデトクンボは通用しない?マッグレディが持論を展開「当時だったら苦しんでいたと思う」<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、現代NBAを代表するスーパースターにして、歴代屈指のオールラウンダーだ。その実力に疑いの余地はないが、殿堂入り選手のトレイシー・マッグレディは、1990年代後半〜2000年代前半であればアジャストに苦戦していたはずだと持論を展開している。...
別窓で開く

「ジェームズは役割を譲らないと」シャックとバークレーが新生シクサーズの不安材料を指摘「ボールはひとつしかない」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズはトレード期限最終日の現地時間2月10日(日本時間11日)、不満分子と化していたベン・シモンズをブルックリン・ネッツへ放出し、スーパースターのジェームズ・ハーデンの獲得に成功した。 チームはジョエル・エンビードとの強力デュオでリーグ優勝を目指すことになったが、殿...
別窓で開く

マッグレディが独自の「歴代ベスト5」を選定。悩んだPFとセンターの候補者、「最高のライバル」の名も<DUNKSHOOT>
現役時代にNBAで2度の得点王に輝いた経験を持ち、2017年にバスケットボール殿堂入りも果たしたトレイシー・マッグレディ。そんなレジェンドが、『Playmaker HQ』のインタビューで自身が選ぶ「歴代ベスト5」を発表している。...
別窓で開く

コビー・ブライアントが最後まで貫いた“人を思いやる心”。事故当日にシャックの息子と一番の親友に送ったメッセージとは【NBA秘話|後編】<DUNKSHOOT>
コビー・ブライアントがヘリコプター墜落事故でこの世を去ってから、早くも2年が過ぎた。 今回は世界中のファンを魅了したこの悲劇のスーパースターの物語をお届けする。コビーは死の直前、3人のバスケットボールにまつわる友人とメッセージを交わしていたという。その内容には、コビー・ブライアントという人物の温かい...
別窓で開く

1980年代後半の世界最高センターはアマチュア選手。“ドリームチームの生みの親”アルビダス・サボニス【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
プロバスケットボールの最高峰であるNBAには、世界中から最も優秀な選手が集まってくる。だが、1980年代後半における世界最高のセンターは、NBAの選手でなかっただけでなく、プロですらなかった。 当時のソビエト連邦(以下ソ連)代表として、アマチュア資格でプレーしたアルビダス・サボニス。...
別窓で開く

「間違いなくプレーオフには行くだろう」シャックがレイカーズ浮上を予想。一方で優勝は「たぶんしない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板が出場しながら、2月に入ってミルウォーキー・バックス、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ相手に3連敗を喫し、26勝31敗と借金は今季ワーストの「5」に膨らんだ。...
別窓で開く