本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ポール、ウエストブルックらを輩出!NBAの歴代ベスト“ドラフト4位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去3回に続き、「ドラフト4位指名」の最強チー...
別窓で開く

“勝負の時期”に最も躍動した選手は誰だ!? NBA過去30年における3月の得点ランキングを発表<DUNKSHOOT>
NBAでは例年2月にオールスターゲームが行なわれ、3、4月の後半戦を経てプレーオフに突入する。 今季も各チームすでに75〜77試合を消化し、レギュラーシーズンは残り数試合。そこで今回は過去30年(1992〜2021年)における各シーズンの選手を対象に、3月の得点ランキングを集計した。...
別窓で開く

「スーパーチームの失敗ではない」2004年レイカーズの敗因を米記者が分析「勝てなかった理由はシャック&コビー」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今季開幕時、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーというスター選手を揃え、「スーパーチーム」と呼ばれた。 フランチャイズの歴史を遡ると、2003−04シーズンにもシャキール・オニール(シャック)、コビー・ブライアント、ゲ...
別窓で開く

独特なシュートフォームをSNSでネタにされたマリオンが反論「俺はジャンプシューターとして一貫していた」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズの勢いが止まらない。 現地時間3月24日、サンズは敵地でデンバー・ナゲッツを下して7連勝。今季60勝に到達するとともに、球団史上3度目のリーグ最高成績も確定させた。 そんななか、2000年代にサンズの中心選手として活躍したショーン・マリオンが、先日Twitterのスペース内で自身...
別窓で開く

「ありがとう、バスケットボール」NBA最高峰のシックスマン、クロフォードが20年の現役生活に別れ<DUNKSHOOT>
「さようなら、ゲーム。これまで残してきたすべててのことがアドレナリンとして駆け回っているよ。ありがとう、バスケットボール。僕の命の恩人だ」 自身のツイッターにそう綴り、現役生活に別れを告げたのはジャマール・クロフォードだ。2000年のドラフト1巡目8位でクリーブランド・キャバリアーズから指名された1...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

「アイバーソンを彷彿させる」躍動するモラントを名将ブラウンが称賛「彼は特別だ」<DUNKSHOOT>
現在のメンフィス・グリズリーズは47勝22敗と、フェニックス・サンズに次ぐ高勝率を残している。この快進撃は今季を象徴するサプライズのひとつと言っていいが、その原動力となっているのが3年目のエース、ジャ・モラントだ。そんな若き才能について、通算1327勝を誇る名将ラリー・ブラウンは、殿堂入り選手のアレ...
別窓で開く

ハーデン獲得はシクサーズにとって「史上最悪のトレード」?OBのバークレーが指摘「2年間で優勝しないと」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは、今年のトレード最終期限日にベン・シモンズを放出して、代わりにブルックリン・ネッツからジェームズ・ハーデンを獲得。リーグ優勝を見据えてジョエル・エンビードとの強力デュオを完成させたが、現地時間3月11日にトレード相手のネッツにホームで100−129と完敗を喫し...
別窓で開く

「本当のベストだ」ご意見番シャックが成長著しいモラントに太鼓判!「リーグの顔になるのは間違いない」<DUNKSHOOT>
オールスターガードのジャ・モラント率いるメンフィス・グリズリーズは、現地時間3月8日のニューオリンズ・ペリカンズ戦に132−111で勝利し、今季戦績を45勝22敗(勝率67.2%)とした。 最大36点差をつけて圧勝したグリズリーズは、モラントが24得点、8リバウンド、8アシスト、ジャレン・ジャクソン...
別窓で開く

「シャックでも守れないだろう」MVP級の働きを見せるエンビードに元ドラ2戦士が感嘆「ビッグマンの進化系」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは今季ここまで40勝24敗(勝率62.5%)でイースタン・カンファレンス2位と2年連続のトップシード獲得も狙える位置につけている。ジョエル・エンビードとジェームズ・ハーデンの新生デュオが早くも機能するなか、8年目を迎えたエンビードの支配力に元NBA選手も感嘆の声...
別窓で開く