本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

「彼の練習レベルは段違いだった」新人時代のコビーを元同僚が回想「やられたらすぐ練習場へ戻っていた」<DUNKSHOOT>
現地時間8月19日、元NBAプレーヤー兼ヘッドコーチ(HC)のバイロン・スコットがホスト役を務めるポッドキャスト番組「Off the Dribble」の最新エピソードが公開された。 NBAキャリア14シーズンのうち、ロサンゼルス・レイカーズで計11シーズンをプレーしたスコットは、1980年代後半に先...
別窓で開く

レイカーズのレジェンドがカリーを絶賛「彼をダンカン、コビー、シャックと同じカテゴリーに入れる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月15日、米専門メディア『Inside The Warriors』にNBA制覇5回を誇るデレック・フィッシャー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)のインタビューが公開された。 フィッシャーはキャリア18年のうち、レイカーズで12年半をプレーしたポイントガード。...
別窓で開く

「感謝以外の何物でもない!!」コビーの“相棒”ガソルの背番号16がレイカーズ史上11人目の永久欠番に<DUNKSHOOT>
現地時間8月17日、NBAは2022−23レギュラーシーズンの日程を発表した。 今季2年ぶりのプレーオフ進出を目指すロサンゼルス・レイカーズは、10月18日に昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとのシーズン開幕戦、20日にはロサンゼルス・クリッパーズとの“LA対決”第1ラ...
別窓で開く

「私はレブロンを外す」シャックの“レイカー・トップ5”にジェファーソンが異論「一貫したレベルじゃないんだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)とともに、“NBA史上最高の選手”の1人に挙げられるスーパースターだ。 しかし、「レイカーズの選手」という条件で見たらどうか。...
別窓で開く

“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

万能戦士グリーンが歴代ベスト5を選定!尊敬するダンカンとの秘話も明かす「彼はただ俺のことを見てきた」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、現地時間8月10日に公開された自身のポッドキャスト番組でファンからの質問に応じ、自身のオールタイムのベスト5を選出した。 まずグリーンが挙げたのはセンターに「シャック」ことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ポイントガー...
別窓で開く

魔術師ウィリアムズが現代のウォリアーズと黄金期レイカーズを比較「シャックにとってはタフな状況になるだろう」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは2021−22シーズンのNBAを制し、過去8年間でファイナル進出6回、うち4回でリーグ優勝を達成。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3を中心とした“スモール・バスケットボール”は、再び一時代を築こうとしてい...
別窓で開く

守備職人グリーンが“スター選手以外”で最も守るのが難しかった選手を明かす「彼のことはどうも止められなくてね」<DUNKSHOOT>
昨季4度目の優勝を飾ったゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、鍛え抜かれた肉体と明晰な頭脳、心理戦を仕掛ける狡猾さなど、あらゆる方法で相手を抑え込む好ディフェンダーとして知られる。 198cm・104kgの体躯でポイントガードからセンターまで守ることができ、2016−17シーズ...
別窓で開く

「愛も敬意もない!」レイカーズOBの見解にシャック息子が反論「僕が誰に育てられたか知っているか?」<DUNKSHOOT>
現役時代に怪物センターとして名を馳せた殿堂入り選手のシャキール・オニール(シャック)には、NBA入りを目指す息子がいる。シャリーフ・オニール——。“二世選手”として注目を集めてきた22歳は、Gリーグでプロ選手としてスタートを切るなかで、父親の元同僚からの厳しい見解に反論してい...
別窓で開く