本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く

「彼には明るい未来がある」ゴベアが元相棒ミッチェルへエール「実力を見せつける最高の機会になるだろう」<DUNKSHOOT>
現地時間9月3日、クリーブランド・キャバリアーズは、ユタ・ジャズとのトレードでドノバン・ミッチェルを獲得したことを正式に発表した。 今夏にジャズは、クイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)の辞任に続き、3年連続でオールスターメンバーに選出されていたルディ・ゴベア(ミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍)と...
別窓で開く

ネッツで“最も替えが利かない選手”はデュラントではなくアービング?「カイリーよりKDの代わりになる方が簡単」と現地記者が主張<DUNKSHOOT>
ケビン・デュラントのトレード騒動が残留という形をもって終結し、ようやく今季に集中できる環境が整ったブルックリン・ネッツ。デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズのオールスタートリオに加え、セス・カリー、ジョー・ハリス、パティ・ミルズ、ニック・クラクストン、TJ・ウォーレン、ロイス・オニール、...
別窓で開く

名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

キャンプ契約の渡邊雄太に新たなライバルが登場!ネッツが20年レイカーズ優勝戦士のモリスと契約<DUNKSHOOT>
現地時間8月28日にブルックリン・ネッツとキャンプ契約を結んだ渡邊雄太に新たなライバルが加わった。8月30日、チームはNBAキャリア11年を誇るベテランのマーキーフ・モリスと1年契約を締結した。 9月2日に33歳を迎える206㎝・111㎏のフォワードは、2011年のドラフト1巡目13位でフェニックス...
別窓で開く

「あなたはMVPトロフィーをコビーに返す必要がある」アービングがナッシュHCへ爆弾発言?元選手が衝撃告白<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは2枚看板であるケビン・デュラント&カイリー・アービングの残留が決まり、2022−23シーズンにリーグ優勝を目指す体制はひとまず整った。 しかし、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)が抱える問題は解消されていないと、元NBA選手のオルデン・ポリニスが指摘している。...
別窓で開く

渡邊雄太はネッツで開幕ロスターを勝ち取れるか? 同ポジションには強力なライバル加入の噂も<DUNKSHOOT>
現地時間8月28日、今夏に完全FA(フリーエージェント)となっていた渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約を締結。日本のファンにとってその去就が大きな関心の的となっていただけに、NBAチームとの契約に胸を撫で下ろした人も多いだろう。 ただ、渡邊自身がSNSに「あくまでまだ無保証のキャンプ契約」と綴った...
別窓で開く

小さくても戦えることを証明した男たち!NBA歴代“スモールチーム”を選定<DUNKSHOOT>
NBAは選手の平均身長が約200cm、加えて圧倒的な身体能力も備えた超人たちが集う世界だ。そんな最高峰の舞台にあっても、身長のハンデを乗り越えてトップに上り詰めた小兵プレーヤーたちが存在する。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、...
別窓で開く

「シモンズは再びオールスターになる」現地記者が新生ネッツの“デスラインナップ”に注目!「信じられないほど驚異的だ」<DUNKSHOOT>
先日、話し合いの末にトレードを要求していたケビン・デュラントの残留が決まったブルックリン・ネッツ。複雑な事情のなかで迎える今季、米スポーツ専門局『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者は昨季に獲得したベン・シモンズがキーマンになると考えているようだ。...
別窓で開く

シャックが大学の後輩シモンズへエール「彼が新たなレベルへ達することを願っている」<DUNKSHOOT>
現地時間8月24日、NBAレジェンドのシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)が、オーストラリアのメディア『Sunrise』のインタビューに応じた。 1992年のドラフト全体1位でNBA入りしたシャックは、キャリア19シーズンで新人王を皮切りに得点王2回、シーズンMVP1回、3度のファ...
別窓で開く