本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名手シャックの息子がGリーグのイグナイトへ入団。下部組織で技術を磨き、NBA入りを目指す<DUNKSHOOT>
今年のサマーリーグ、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてプレーしたシャリーフ・オニールが、Gリーグチームのイグナイトと契約したと、『The Athletic』のシャムズ・シャラニア記者が報じた。 殿堂入りセンターのシャキール・オニール(シャック)の息子は、高校時代から高い評価を受け、2017年にアリ...
別窓で開く

「2017年のウォリアーズは1998年のブルズに2桁点差で勝てる」グリーンがSNSにそう綴るも「異なる時代の比較なんて馬鹿げてる」<DUNKSHOOT>
“NBA史上最強のチームはどこか?”。これは識者やファン、さらには選手・OBたちの間でこれまで散々議論し尽くされ、そしてこれから先も討論され続けていく永遠の議題だろう。 つい先日も“2001年のロサンゼルス・レイカーズと2017年のゴールデンステイト・ウォリアーズ...
別窓で開く

ウォリアーズとレイカーズの“最強チーム論争”にシャックが反論「ヤツらがダブルチームしないなら俺は60得点するぞ」<DUNKSHOOT>
NBAのプレーオフは、レギュラーシーズンを勝ち抜いたチームが王座をかけて争うステージであり、これまで無敗で頂点に立ったチームは皆無だ。 だが歴史上、“無敗優勝”に限りなく近づいたチームが2つある。それは2017年に16勝1敗(勝率94.1%)で頂点に立ったゴールデンステイト・...
別窓で開く

2017年ウォリアーズと2001年レイカーズの“仮想対決”を制すのは?カリーは「間違いなく自分たちが勝てる」<DUNKSHOOT>
NBAにとって創設75周年の2021−22シーズンはゴールデンステイト・ウォリアーズの優勝で幕を閉じた。 この世界最高のプロバスケットボールリーグで頂点に立つためには、約半年に及ぶ82試合のレギュラーシーズンを戦い抜き、プレーオフで4戦先勝のシリーズを4度も勝ち抜かなければならない。...
別窓で開く

「彼はトレードされないだろう」ウォリアーズ時代のデュラントを知る御大が“トレード騒動”に見解<DUNKSHOOT>
NBA現役最高級の実力者ケビン・デュラントが、ブルックリン・ネッツへトレードを要求したと報じられてから約2週間が経過。これまでフェニックス・サンズやマイアミ・ヒート、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、トロント・ラプターズ、ミネソタ・ティンバーウルブズなどが移籍先候補として浮上してきたが、合意に近づい...
別窓で開く

ジャズが守護神ゴベアに続いてエースのミッチェルも放出か?移籍先候補は故郷球団のニックス<DUNKSHOOT>
昨季のプレーオフ1回戦でダラス・マーベリックスに敗退したユタ・ジャズは、シーズン終了後にクイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)が退任。さらに7月には最優秀守備選手賞を3度受賞したリーグ屈指のディフェンダーであるルディ・ゴベアをミネソタ・ティンバーウルブズに放出した。...
別窓で開く

偉大な父に続けるか?ピッペンとシャックの息子がレイカーズの一員としてサマーリーグ参戦へ!<DUNKSHOOT>
ドラフト指名選手やプロキャリアの浅い若手、ドラフト外からNBA入りを狙うプレーヤーらが腕を競うNBAサマーリーグ。過去にはレブロン・ジェームズやケビン・デュラント、ステフィン・カリーといった現役スーパースターも参加経験があり、今年は現地時間7月2、3日にカリフォルニア、5〜7日にユタ、7〜17日にラ...
別窓で開く

NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

止まらないシャックのゴベアに対する“口撃”「彼が2億ドルを稼いで、俺がハッピーだと思うか?」<DUNKSHOOT>
2020−21シーズン開幕前に、ユタ・ジャズと5年2億500万ドルの超大型契約を締結したルディ・ゴベア。リーグ最高級のディフェンシブビッグマンが高額サラリーを得たことについて、シャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)はこれまで数々の“口撃”を仕掛けてきたが、20...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く