本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「私はレブロンを外す」シャックの“レイカー・トップ5”にジェファーソンが異論「一貫したレベルじゃないんだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)とともに、“NBA史上最高の選手”の1人に挙げられるスーパースターだ。 しかし、「レイカーズの選手」という条件で見たらどうか。...
別窓で開く

“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

万能戦士グリーンが歴代ベスト5を選定!尊敬するダンカンとの秘話も明かす「彼はただ俺のことを見てきた」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、現地時間8月10日に公開された自身のポッドキャスト番組でファンからの質問に応じ、自身のオールタイムのベスト5を選出した。 まずグリーンが挙げたのはセンターに「シャック」ことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ポイントガー...
別窓で開く

魔術師ウィリアムズが現代のウォリアーズと黄金期レイカーズを比較「シャックにとってはタフな状況になるだろう」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは2021−22シーズンのNBAを制し、過去8年間でファイナル進出6回、うち4回でリーグ優勝を達成。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3を中心とした“スモール・バスケットボール”は、再び一時代を築こうとしてい...
別窓で開く

守備職人グリーンが“スター選手以外”で最も守るのが難しかった選手を明かす「彼のことはどうも止められなくてね」<DUNKSHOOT>
昨季4度目の優勝を飾ったゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、鍛え抜かれた肉体と明晰な頭脳、心理戦を仕掛ける狡猾さなど、あらゆる方法で相手を抑え込む好ディフェンダーとして知られる。 198cm・104kgの体躯でポイントガードからセンターまで守ることができ、2016−17シーズ...
別窓で開く

「愛も敬意もない!」レイカーズOBの見解にシャック息子が反論「僕が誰に育てられたか知っているか?」<DUNKSHOOT>
現役時代に怪物センターとして名を馳せた殿堂入り選手のシャキール・オニール(シャック)には、NBA入りを目指す息子がいる。シャリーフ・オニール——。“二世選手”として注目を集めてきた22歳は、Gリーグでプロ選手としてスタートを切るなかで、父親の元同僚からの厳しい見解に反論してい...
別窓で開く

シャックが“ヒール街道”を歩むデュラントに苦言「自分に合わせたチームを作ったなら、契約期間中はそこにいるべき」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、4年総額1億9800万ドル(約264億円)の巨額契約を残すなかでチームにトレードを要求。「ヒール街道」まっしぐらだ。 騒動から1か月が経過した現在も去就に進展はなく、殿堂入りセンターであるシャキール・オニールは、ネッツで責務を果たすべきだと持論を展開してい...
別窓で開く

大谷翔平の移籍はバスケ界では“レブロン級”の衝撃? NBA2000年以降MVP受賞者の移籍を振り返る<DUNKSHOOT>
大谷翔平の去就問題が大きな話題を集めたメジャーリーグ。現地時間8月2日のデッドラインまでに多くのトレードが実現したなかで、二刀流戦士は今季中の残留が決まった。だが、依然として来オフの移籍の可能性を残している。 トレード期限間近に移籍が頻発するのは、同じ米国のバスケットボールリーグ、NBAも同様だ。...
別窓で開く

「彼はジャンプショットのあるアデトクンボ」シャックが息子シャリーフを評価。一方でスターとの“違い”も指摘<DUNKSHOOT>
シャキール・オニール(シャック)は現役時代、他を寄せ付けない圧倒的なパワーを武器にインサイドを支配。20年間のプロキャリアで平均23.7点、10.9リバウンド、2.3ブロックをあげ、ロサンゼルス・レイカーズで3度、マイアミ・ヒートで1度の優勝を経験したスーパースターだった。 2011年に現役を引退し...
別窓で開く

“闘将”ベバリーは古巣ロケッツ復帰に関心あり?「俺の家族は全員ヒューストンにいる」<DUNKSHOOT>
NBAキャリア10年を誇るパトリック・ベバリーは、2009年のドラフト2巡目42位でロサンゼルス・レイカーズから指名されるも、ギリシャとロシアのプロリーグを渡り歩いてNBA入りした苦労人だ。...
別窓で開く