本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



STVVの鈴木優磨&中村敬斗が選出! 週末に開幕するベルギー・リーグの注目株を地元メディアが特集
 新型コロナウイルスの影響で19-20シーズンを打ち切りにしたベルギー・リーグは、現地時間8月8日から20-21シーズンが開幕。現状では、日本人選手は10人がプレーすることになる。 新シーズン開始に伴い、現地誌『VOETBAL MAGAZINE』は、各チームの注目選手を紹介。...
別窓で開く

ドーナツで海外旅行気分! コエ ドーナツがハワイアンテイストの焼菓子専門店 ナカムラジェネラルストアとコラボ
株式会社ストライプインターナショナルのグローバル戦略ブランド「koe(コエ)」が展開する、ドーナツファクトリー「koe donuts kyoto(コエ ドーナツ京都)」では、7月1日より期間限定で「koe donuts traveling 第1弾“Hawaii”」を開催いたします。...
別窓で開く

「ナカタは世界的」「今ならクボが…」米メディア選出の“史上最高のアジア人”が話題! 最も票を集めた英雄は——
 各国リーグがようやく再開に漕ぎつけ、少しずつではあるが、かつての活気を取り戻しつつあるサッカー界。とはいえ、いまだ無観客試合が続くなど、鬱屈とした日々を過ごすフットボール・ファンは少なくない。 そうした状況下で小さくない話題となるのは、現役戦士を含めたレジェンドたちの比較論だ。...
別窓で開く

今を生きる“女の子たち”への応援歌も 注目の女性詩人による詩集3選
ヒップホップブームやツイッターなど、誰もが言葉をつぶやく場が広がった影響もあるのかもしれないが、ひっそりと書店の隅にいた詩が、いま新たな存在感を見せている。詩の人気が再燃。ブームを引っ張る女性詩人に注目。...
別窓で開く

「メンタル的に打ちのめされ…」中村敬斗、契約解消に向けた動きの原因は? トゥベンテ地元紙が分析
 日本サッカー界の若き俊英が岐路に立たされている。 現地時間5月29日にトゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村敬斗とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。 昨夏にガンバ大阪から2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入した...
別窓で開く

KAYO NAKAMURA by Y's、テキスタイル彫刻家アン-ヴァレリー・デュポン氏とのカプセルコレクションを発表
Y'sのアクセサリーライン「KAYO NAKAMURA by Y's(カヨ ナカムラ バイ ワイズ)」より、テキスタイル彫刻家アン-ヴァレリー・デュポン氏との2回目のカプセルコレクションを発表いたします。...
別窓で開く

「おそらくオランダには戻らない…」中村敬斗はガンバ大阪に復帰? 現地紙がトゥベンテ退団の可能性を指摘!
 昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。 現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。...
別窓で開く

「ナカムラのFKなら…」日本がブラジルに勝利!? 英専門メディアの“ベストイレブン仮想対決”が海外で大反響!
 新型コロナウイルスの影響によって、各国リーグが中断や打ち切りを余儀なくされ、サッカーファンにとって鬱屈とした毎日が過ぎるなか、“仮想”のビッグマッチが話題を呼んでいる。英メディア『90min』による「各国代表チームの21世紀ベストイレブン」の対決だ。...
別窓で開く

語り継がれる伝説——スコットランド代表の“10番”が中村俊輔への憧れを語る「ボールボーイだった僕は…」
 日本が生んだ稀代のファンタジスタの左足から生まれた衝撃の一撃は、ボールボーイだった少年の人生を変えた。 今から14年前、当時スコットランドの超名門セルティックに所属していた中村俊輔は、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージで対戦したマンチェスター・ユナイテッドとの2試合で、2本のFK弾を...
別窓で開く

「最も偉大な一撃」中村俊輔の芸術弾をセルティック地元紙が再脚光! 名手ファン・デルサルを唸らせたFKとは?
 今から14年前、日本人レフティーが残した鮮烈なインパクトは、いまだ現地の人々の脳裏に焼き付いているようだ。 英紙『Daily Record』は、「21世紀のセルティックの象徴的な21個の瞬間」と題した特集記事を掲載。そのなかのひとつに、元日本代表MFの中村俊輔(現・横浜FC)が、チャンピオンズ・リ...
別窓で開く