本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[誰でも“勝ち組”になれる一発逆転思考]— ◆今がどん底なら、這い上がればいい「自分は負け組」「今が人生のどん底」と感じる人は多いだろう。 たとえば、こんな感じだ。●お金がない●誰からも好かれない●何をやっても失敗する●トラウマから抜け出せない●常に他人と自分を比べて絶望する●メンタルがやられて、...
別窓で開く

ウクライナの「泥濘地獄」に攻めたロシア なぜ? 知らぬはずはない“肥沃な大地の罠”
ロシアのウクライナ侵攻から1か月あまり。3月になり気温の上昇で大地の泥濘化が進んでいるようです。これに悩まされているのがロシア軍。過去にはソ連に攻め込んだドイツを悩ました「泥将軍」について見てみます。「冬将軍」の前後に猛威を振るう「泥将軍」 2022年2月24日、ウクライナにロシアが侵攻を開始しまし...
別窓で開く

ハーゲンダッツ新作は既に品薄! 【コンビニ最新アイス】セブン、ローソン、ファミマ3選
コンビニアイスは、各チェーン共通で販売されているものもあれば、限定販売のものもあります。そんなコンビニアイス、季節の変わり目である今、バラエティ超豊富です! コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで見つけたオススメアイスを紹介します。...
別窓で開く

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』を推してくれたキーパーソンへのインタビューで、その裏側に迫る。今回は特別編として、日本最高峰の書評ブロガーDain氏と読書猿氏のスゴ本対談「世界史編」が実現。『独学大全』とあわせて読みたい世界史の本について、縦横無尽に語ってもら...
別窓で開く

ハーゲンダッツの新作はクラシック洋菓子! ナポレオンパイとレーズンバターサンドがアイスになった
食楽web 上質の美味しさを備えたアイスクリームでお馴染み『ハーゲンダッツ』より、期間限定の新アイス「ハーゲンダッツ ミニカップ クラシック洋菓子」2品が3月15日に登場。昔ながらの味わいと新しさが融合した贅沢なフレーバーが、早くもアイス好きのハートを鷲掴みにしている模様です。...
別窓で開く

「ショートスリーパー」と「ロングスリーパー」なにが違う? 短時間睡眠のコツ【医師が解説】
■ショートスリーパーとロングスリーパー……人によって違う睡眠時間の長さいくら頑張って睡眠時間を短くしようとしても、どうしてもできない人がいる一方で、はじめから短い睡眠時間で元気に生活している人がいます。多くの人の睡眠時間を調べると、6〜9時間の人が全体の80〜90%を占めています。...
別窓で開く

ハスキー犬の妹、どすこい姉猫に挟まれて…病弱な猫さまが身に着けた処世術とは?
フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第13回目はおしゃべり上手な白茶トラ猫のナポレオン(Napoleon)さま。おしゃべり上手で勇敢な猫さまが登場!【フレンチ猫さま】vol. 13猫の話をもっと聞かせて! ナポレオン・ボナパルト似の猫さま。...
別窓で開く

「目標」は人生の道しるべ。資産10億ドルを超える「ビリオネア」であるアンドレス・ピラ氏は、成功したリーダーや大金持ちは、共通して「自分の目標を立てている」と言います。それも、あいまいな目標ではなく、鮮明に色づけして視覚化することが重要だそう。氏の著書『ホームレスから大富豪になった人がお金を無限に増や...
別窓で開く

《三流国に甘んじない。ロシアの真の力を回復する》今こそ知るべきプーチンの“内的ロジック”
世界を震撼させた独裁者の頭の中とは——。元外務省欧州局長の東郷和彦氏と笹川平和財団主任研究員の畔蒜泰助氏による対談「プーチンの野望」を一部公開します。(「文藝春秋」2022年4月号より)◆ ◆ ◆■あえて「ロシアの内的ロジック」に立つ東郷 メディアで流れる日本政府や有識者の発言を見ていると、「プーチ...
別窓で開く

力石徹はなぜ過酷な減量に挑むことになったのか 『あしたのジョー』矢吹丈とのドラマを生んだ作者のある“ミス”とは?
 ファイティング原田、海老原博幸、藤猛など幾多のスターが生まれた1960年代の日本ボクシング黄金時代。その中にあって、ひときわ人気を集めたボクサーがいた。“メガトン・パンチ”こと青木勝利である。 少年院でボクシングに出会い、退院後にジムに入門。連戦連勝で瞬く間に頭角を現し、わずか19歳で東洋王座を獲...
別窓で開く