本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』手がけたのは27歳の女性監督
銀幕で数々の名作を残し、世界中の人々に時を超えて愛される大スターである永遠のヒロイン、オードリー・ヘプバーンのドキュメンタリー映画『オードリー ・ヘプバーン』が、本日(6日)より劇場公開。本作の監督を努めた、27歳のヘレナ・コーン監督が、今この時代にオードリーの人生を描いた、その思いの丈を打ち明ける...
別窓で開く

プーチン政権内に亀裂? ラブロフ外相の「ユダヤ人」発言を大統領が謝罪した不気味
 ロシアのラブロフ外相の「ユダヤ人」発言がプーチン政権を揺るがす事態に発展している。 ラブロフ外相は1日、国外メディアのインタビューで「ゼレンスキー大統領がユダヤ系だからといって、ウクライナでのナチスの存在が否定されるわけではない」と主張。ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーにも「ユダヤ人の血が流れている...
別窓で開く

「ヤバすぎる」EL決勝進出を決めたフランクフルトのファンがピッチになだれ込む! 圧巻の光景に世界驚嘆!
 現地時間5月5日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)準決勝の第2レグで、鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトがウェストハムをホームに迎え、1-0で勝利。アグリゲートスコアを3-1とし、決勝に駒を進めた。 19分に退場者を出して数的不利に陥ったウェストハムに対し、26分にラファエル・ボレのゴー...
別窓で開く

無知で野蛮・冷酷なロシアを世界に知らしめたラブロフの失言 「ヒトラーはユダヤ人」発言で安保理常任理事国から追放も
 ロシアの外務大臣、セルゲイ・ラブロフは外交官として終了しました。 すでに報道されている通り、ロシア連邦外相として5月1日、イタリアのテレビ・インタビューに答えて、ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの血統に「ユダヤ人の血も入っていた」と発言したのです。 イスラエルはもとより世界各国から猛烈な非...
別窓で開く

原発事故の真実描く『チェルノブイリ1986』 恐怖のあまり常軌を逸していく様子を消防士や民衆視点で捉えたリアリティ
『チェルノブイリ1986』©≪Non-stop Production≫ LLC, ©≪Central Partnership≫ LLC, ©≪GPM KIT≫ LLC, 2020. All Rights Reserved.■タイムリーゆえに切実なリアリティまさかこんな時...
別窓で開く

「ぶっ殺すぞ」「産み直してもらえ」と子どもが言われても…強豪バレーボールクラブ監督の暴言を黙認し続けた“毒親たちの勝手すぎる理由”
 近年、スポーツの指導現場におけるハラスメントが社会問題になっている。そこには、指導者による暴力・パワハラ・セクハラだけでなく、わが子の活躍のためになりふり構わない“スポーツ毒親”たちの恐るべき実態も潜んでいるのだ。 ここでは、スポーツライターの島沢優子氏が“スポーツ毒親”の姿を記した『 スポーツ毒...
別窓で開く

宇で戦力大損失の露、戦勝節の閲兵式もスカスカに? リハ動員兵力が昨年比大幅減
ウクライナ侵攻で大規模な損失を被ったロシアが、今月9日の戦勝節(第二次世界大戦勝利記念日)閲兵式を縮小せざるをえない状況だと報じられている。英テレグラフは1日(現地時間)、今月9日の戦勝節を控えてロシアが先月28日に行った閲兵式リハーサルでは、参加兵力や自走砲、戦車などが大きく減った姿が捕捉されたと...
別窓で開く

「ロシアを最も強く非難すべきは日本である」 石破茂元防衛大臣が見るウクライナ侵攻
■石破茂の異論正論・特別編 国際社会の批判も経済制裁もいまだプーチン大統領の考えを変えるほどの効果を見せていない。しかし、防衛通で知られる石破茂元防衛大臣は、日本こそロシアを強く非難すべきだ、と説く。その真意は——。以下、石破氏の特別寄稿である。...
別窓で開く

消えた48か国で世界史を学ぶ『世界滅亡国家史』に、カナダの「オタワ市民病院産科病棟」が滅亡国家の1つとして収録されています。なぜ、病院が滅亡国家としてカウントされているのか。そこには、ある人物の周囲だけが「治外法権」になった史実が存在します。本稿では同書より、近代ヨーロッパに登場した2つの滅亡国家、...
別窓で開く

ロシア外相「NATOとEUはワシントンの支配を受け入れた」
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が「NATO(北大西洋条約機構)とEU(ヨーロッパ連合)は、自分たちを米国の支配に任せた」と語ったと、ドイツDPA通信が1日(現地時間)報道した。この報道によると、ラブロフ外相はイタリアの放送局“メディアセット”とのインタビューで「全ての国々はひとえに、米国の話だけを聞...
別窓で開く