本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「びっくりドンキー」2022年売上ランキング!ファンが愛した10メニューとは
一皿にハンバーグとライスがのったハンバーグディッシュが人気の「びっくりドンキー」。子供から大人までファンは多いですが、皆さんはどのメニューがお気に入りですか?今回は、2022年のびっくりドンキーメニュー、売上ランキングTOP10(※)を発表します。定番メニューからサイドメニューまで幅広くランクインし...
別窓で開く

ポケモン御三家、ホゲータぬいぐるみの売り切れ続出 ニャオハ1強の時代終焉か…
多くの日本人が暗唱できる「祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響きあり」というフレーズもあるように、物事は日々変わり続けているもの。昨年11月にリリースされたゲームソフト『ポケットモンスタースカーレット・バイオレット』(以下、ポケモンSV)では、御三家ポケモンの「人気パワーバランス」に、変化が生じているのを...
別窓で開く

「チューナーレステレビ」戦国時代 NHK解約には手間とカネかかる【2022年ヒット記事(8)】
「テレビ放送を受信する機器があれば、NHKと受信契約を結ばなければならない」。こう法律に定めがあるが、NHK放送を受信しない方法もある。チューナー(受信設備)を内蔵せず、インターネット配信されている動画サービスを楽しめる「チューナーレステレビ」だ。ドン・キホーテはじめ、続々と複数メーカーが参入し、直...
別窓で開く

ドン・キホーテ「ドンペン」なぜ愛される? キャラ交代騒動で人気証明...識者が指摘する3つの理由
ディスカウントストアのドン・キホーテ(ドンキ)が2022年12月中旬に公式キャラクターを「ドンペン」から「ド情ちゃん」に変更すると発表したが、SNS上では交代を惜しむ声が相次いだことを受け、同社がこれを即日撤回するという騒動があった。「かわいそう」「好きだったのに」——。...
別窓で開く

“あの頃”の「コロコロ」VS「ボンボン」徹底比較!マンガ&ホビーの歴史に残る激戦の記録4番勝負
 創刊から45周年を迎えた今もなお、子ども向けマンガ誌の絶対王者として君臨する「月刊コロコロコミック」(小学館)。出版各社が挑み、敗れ去ったその王者の座に、かつて唯一迫ることができたのは、講談社の「コミックボンボン」のみだった。様々なホビーをテーマに、両誌が壮絶なバトルを繰り広げたその頃を振り返る。...
別窓で開く

志摩スペイン村に「微塵も人がいない」 率直感想のVTuber周央サンゴが広報大使就任、ファン歓喜「ついにここまで」
三重県のテーマパーク「志摩スペイン村」は2022年12月27日、VTuberグループ「にじさんじ」所属の周央サンゴさんを「志摩スペイン村バーチャルアンバサダー」に任命し、コラボイベントを開催すると発表した。23年2月11日から4月2日の約2か月間を予定している。...
別窓で開く

ドン・キホーテ「ド情ちゃん」のその後 「ドンペン」続投決定の陰で
「ドン・キホーテ」の公式キャラクター「ドンペン」の引退騒動。同店公式ツイッターは2022年12月16日、公式キャラクターをドンペンから新キャラクター「ド情ちゃん」に交代すると発表した。しかし当日中にこれを撤回し、ドンペンの続投が決まった。発表当日に公式キャラクター就任が取り消しとなったド情ちゃん。...
別窓で開く

冷凍「焼き鳥」どこがお得?業務スーパー、ドンキ、イオンのコスパを比較検証
居酒屋では定番メニューの「焼き鳥」。コロナ禍と値上げの影響で増えた"おうち飲み"のおともにも、ぴったりのメニューです。調理も簡単な冷凍の焼き鳥は、大手スーパーのプライベートブランドでも展開されています。各社、味や部位も異なり、力の入れ具合がわかります。そこで今回は、業務スーパー、ドン・キホーテ、イオ...
別窓で開く

すい臓がんステージ4と宣告され購入した物「やはりその時はやってきそう」
キャンピングカーで47都道府県制覇を目指して旅をする様子を投稿するYouTubeチャンネル「sunny journey〜サニージャーニー〜」のこうへいさんがオフィシャルブログを開設。旅の途中で一緒に旅する婚約者のみずきさんが、すい臓がんのステージ4であることが判明。余命2年の宣告を受け、旅の中断を発...
別窓で開く

ドンキ公式キャラクター「ドンペン」から「ド情ちゃん」への交代騒動 炎上商法と批判の声も
12月16日、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」のTwitterアカウントが【大切なお知らせ】ドンキのオリジナルブランド「情熱価格」を皆様に知ってもらいたいという真摯な想いから、この度ドンキ公式キャラクターを「ドンペン」から「ド情ちゃん」に交代する事が決定いたしました。今後ともド情ちゃんを宜しく...
別窓で開く