本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カーネクストが侍ジャパンのオフィシャルパートナーに決定 壮行試合のチケットが当たるキャンペーンも
 中古車買取サービスの「カーネクスト」が12月5日に、野球日本代表「侍ジャパン」のオフィシャルパートナーになったことを発表しました。 2023年2月・3月に開催される壮行試合の大会名称が「カーネクスト侍ジャパンシリーズ2023」となります。12月5日には、観戦チケットが当たるキャンペーンも開始されま...
別窓で開く

「見えた景色は一生の宝物」両軍胴上げの“愛されキャラ”杉谷拳士に労いの言葉相次ぐ「彼ならどんなことも乗り越える」
入団テストを経てドラフト6位入団、一軍での主要タイトルは何もない。だが、持ち前の明るさでチームを、球界を盛り上げた背番号2が、最後の雄姿を見せた。 今シーズン限りで現役引退を表明した日本ハムの杉谷拳士が5日、東京ド−ムで行なわれた野球日本代表「侍ジャパン」との強化試合で、7回に代打で出場した。...
別窓で開く

侍ジャパン、11月強化試合に村上宗隆、佐々木朗希ら28名を選出! 栗山監督「日本の野球は過渡期」チーム半数以上が初選出
野球日本代表の「侍ジャパン」が10月4日、都内のホテルで会見を行ない、来年3月に開催されるWBCに向けた11月の強化試合に出場するメンバーを発表した。会見には日本野球機構事務局長の井原敦氏と侍ジャパンの栗山英樹監督が登壇した。  注目の出場メンバーは、投手が今年4月に完全試合を達成したロッ...
別窓で開く

WBCで魅せた「生き返ったぞ」弾、メジャー最強守護神に浴びせた一打——勝負強さが際立った福留孝介の名場面5選<SLUGGER>
9月8日、中日ドラゴンズの福留孝介が今季限りでの引退を表明した。1999年のプロ入り以来、24年間で日米5球団を渡り歩いて通算2450安打(9月10日時点)を記録したレジェンドの名場面を5つ厳選して振り返ろう。▼まさに「1」ずくし。...
別窓で開く

「ノーヒットノーランのお祝いしてくれて…」ビッグボス新庄と六本木の夜
大学までプロから見向きもされず、野球の道を諦める寸前まで行ったが、社会人でサイドスローに転向し、プロ野球の世界へと進んだ川尻哲郎さん。1年目から8勝をあげ、1998年にはノーヒットノーランを記録。そしてこの年、川尻はもうひとつファンに鮮烈な印象を残す。...
別窓で開く

「スカウトに声かけられなかった」川尻哲郎の運命を変えたサイドスロー
「ノーヒットノーラン」。この言葉、野球に明るくない人でも、なんとなく“スゴいこと”として認識しているのではないだろうか。相手チームに1本のヒットも許さず、試合を成立させることで、100年に迫るプロ野球の歴史の中で、93回しか達成されていない記録である。そんなノーヒットノーランを1998年に達成したの...
別窓で開く

「日本人投手が通用することを証明した」松坂大輔がメジャーで残した功績を米メディアが称賛!
23年間のプロ生活を終え、今季限りで現役引退を決意した松坂大輔の引退セレモニーが、12月4日に行なわれた。会場に集まったファンに向け「最後は普通に投げられなくなるまで、野球を続けてくることができて、本当に幸せでした」と最後のあいさつを終えると、会場にはシアトル・マリナーズの会長付特別補佐兼インストラ...
別窓で開く

棚橋弘至がUS王座初防衛! 敗戦も“感涙”の飯伏幸太は「ずっと、ずっと、夢を与え続けてくれる人だな」と感謝
9月4日、新日本プロレスは、メットライフドームで『WRESTLE GRAND SLAM in MetLife Dome』を開催。新日本としては約7年ぶりとなる同会場でのビッグイベント。その二連戦初日のメインイベントは、IWGP USヘビー級王者の棚橋弘至が、誤嚥性肺炎による体調不良で欠場中だった飯伏...
別窓で開く


[ ドラゴンズ 東京ドーム ] の関連キーワード

slugger ジャパン 六本木 佐々木

<前へ123次へ>