本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2023年度のシーズンは、56勝82敗5分という成績で2年連続最下位となった中日ドラゴンズ。そんななか、どんなに苦境に陥っても情熱的に応援し続けるのが、「関東燃えドラ会」の代表を務める時川修さんだ。「それでも立浪中日を応援し続ける」と公言してはばからない。時川さんが、中日を知ったのは幼稚園の頃。夏の...
別窓で開く

中田翔の加入で中日ドラゴンズは「おもしろいチームになる」 江川卓氏が分析
元読売ジャイアンツの江川卓氏が自身のYouTubeチャンネルで、中田翔選手が入団した来年の中日ドラゴンズについて語った。 ■江川氏が中田選手の中日入団を語る中田選手の中日入団について江川氏は「中日が大変大きいということで。中島さんもとったんですよね。中島さんをとったから、中田さんはとらない...
別窓で開く

古田敦也氏、バッテリーを組みたい現役投手を告白 達川光男氏はオリックスの投手を指名
元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏が自身のYouTubeチャンネルで、「組んでみたい・対戦してみたい現役投手」を語った。 ■組んでみたい現役投手を語る前回に引き続き元プロキャッチャー4人がトークをした今回の動画。話題は「バッテリーを組んでみたい現役投手」に。元読売ジャイアンツの村田真...
別窓で開く

BC→NOL・福井で土台を構築!2年目の来季、中日の外野戦争に参戦期待の岡林勇希に続く逸材とは!?【プロ野球ブレイク候補2024】
BCリーグ→NOL・福井で土台を構築!2年目の来季、竜の外野戦争に参戦か!??中日ドラゴンズ濱将乃介根尾より、投げられていたと思う興味を持ったら、挑戦してみる。ここでご紹介する濱将乃介はそんな人だ。小さな頃から好奇心が旺盛で、5歳で軟式野球チームに入ったほか、テニス、サッカー、水泳、さらにはボクシン...
別窓で開く

高校野球大好き芸人・かみじょうたけしが語る甲子園の名勝負と名試合
高校球児の夢の舞台「全国高等学校野球選手権大会」。2023年は慶応が仙台育英に勝ち、107年ぶりの優勝で幕を閉じた。今年の甲子園で繰り広げられた名試合や名シーンは、これからも後世に語り継がれていくだろう。...
別窓で開く

「フレーフレーなかのきゅん!」 サンテレビ、阪神戦中継の番組表ではしゃぎすぎ?掲載までの「涙ぐましい努力」とは
刻一刻と歓喜の瞬間は近づきつつある。我らが阪神タイガース、18年振りの"アレ"(岡田彰布監督の口癖で、「優勝」を指す)である。あまりにも久しぶり過ぎるのでマジックが点灯してから、「試合が始まると動悸がする」、「タイガースのことを考えると体が熱くなって涙が出そう」という虎党の方も多いだろう。...
別窓で開く

【DeNA】進化する“投げる哲学者”今永昇太が胸に刻むマインドとは? 高みを目指す左腕の極上の“エース論”
☆無失点でも反省 “投げる哲学者”の発する言葉は、ピッチング同様奥行きが深い。バラエティに富んだワードセンスだが、根底にあるのは一貫してチームに対する深く、そして熱い想いだ。 15日には8回無失点と、猛暑の中カープ打線を牛耳った。しかしバトンを渡した山撝康晃が痛恨被弾を浴びる...
別窓で開く

ノンフィクション作家・鈴木忠平に日ハム新球場建設の裏側を聞く
『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』で知られるノンフィクション作家でスポーツライターの鈴木忠平氏が、エスコンフィールド建設にまつわる人間ドラマをまとめた『アンビシャス 北海道にボールパークを創った男たち』(文藝春秋)を今年3月に発売した。...
別窓で開く

野球著作家・ゴジキ「球場で見ることで明確にわかった大谷翔平の進化」
ニュースクランチで「ゴジキの新・野球論」を連載中の野球著作家・ゴジキ氏。現在は2番目の長期連載(毎週更新のコンテンツ)で、連載開始からランキングで常にTOP10入りしている大人気連載となっている。今回は、7月に2冊の新刊を発売することを記念してインタビューを敢行。...
別窓で開く

様々な種族、モンスターが生息する世界で、聖なる力と邪悪な勢力がぶつかりあう—。異世界アクションファンタジー映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』が公開中です。...
別窓で開く


[ ドラゴンズ なにわ ] の関連キーワード

english kevin ドラゴンズ フレーフレ オリックス
dena room nol 日ハム 甲子園
サンテ