本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



役所広司こそ「サムライの中のサムライ」 松たか子や永山絢斗、仲代達矢ら感服
歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助(かわい・つぎのすけ)を描いた「峠」を、俳優の役所広司主演で映画化した『峠 最後のサムライ』(6月17日公開)。本作は、実在した歴史上の人物の物語であり、脚本も手がけた小泉堯史監督が役所をイメージして執筆した物語でもあ...
別窓で開く

 【カンヌ=松田拓也】南仏カンヌで17日夜(現地時間)、第75回カンヌ国際映画祭の開幕式が行われ、仏のミシェル・アザナビシウス監督(55)が上田慎一郎監督(38)のヒット作をリメイクした「キャメラを止めるな!」がオープニング作品として上映された。...
別窓で開く

カンヌ国際映画祭 開会式にゼレンスキー大統領がサプライズでビデオ出演 観客は総立ちで拍手
ロシアの侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領(44)が、17日に南仏で行われた第75回カンヌ国際映画祭の開会式にサプライズでビデオ出演し、演説を行った。元俳優でコメディアンのゼレンスキー大統領は、名優チャーリー・チャプリンが第2次世界大戦中に独裁政治を行ったナチス・ドイツの指導者ヒトラーを批判...
別窓で開く

世界3大映画祭「カンヌ国際映画祭」が開幕 通常どおりの5月開催は3年ぶり
世界3大映画祭のひとつ、カンヌ国際映画祭が17日、開幕しました。今年で75回目を迎えるフランスのカンヌ国際映画祭。新型コロナの影響でおととしは中止、去年は延期され7月に開催されていて、通常どおりの5月開催は3年ぶりです。...
別窓で開く

 南仏カンヌで17日夜(現地時間)、第75回カンヌ国際映画祭の開幕式が行われ、ミシェル・アザナビシウス監督が上田慎一郎監督のヒット作をリメイクした「キャ...
別窓で開く

[カンヌ映画祭報告]韓国パワーをひしひしと実感…青空に旧市街、まるで映画のワンシーン
 第75回カンヌ国際映画祭がきょう17日、開幕です。コロナ禍で通常の形での開催を断念した2020年、2か月遅れで開かれた昨年を経て、本来の5月開催に戻ります。現地入りした記者が、祭典に沸く南仏カンヌの様子をお伝えします。...
別窓で開く

今注目の「チョコレート」 Amazon売れ筋ランキング(2022年5月16日17時00分更新分)
世界有数のショッピングサイト「Amazon」でどんな商品が売れているのか、gooランキングが独自に調査。今回は今最も売れている「チョコレート」はどれなのか、注目してみました。...
別窓で開く

前代未聞の衝撃グラビア! コスプレイヤー篠崎こころ、漁船の網や鉄クズに埋もれるビキニカット披露!“ドール”がテーマ、1st写真集発売
コスプレイヤーの篠崎こころが、7月7日に1st写真集『(タイトル未定)』(秋田書店)を発売する。 篠崎は、トレードマークの金髪ショートと洗練されたビジュアルを武器にコスプレ以外にも、グラビアやモデル、DJなど、幅広いジャンルで活躍。3月4日に発表された『第8回カバーガール大賞』では、篠崎と同じ事務所...
別窓で開く

“憧れ”からよりリアルな“投影”へ 女性の「おしゃれ欲」を満たしてきた『リカちゃん』の55年
1967年の誕生から、今年で55年を迎える『リカちゃん』。“着せ替え人形”というジャンルで、普段着はもちろん、お姫様のような豪華なドレス、ファストフードやアイスクリームショップの店員さんの制服など、“子どもたちのなりたい”を叶えてきた。近年では、好きな服を着せてSNSに公開する“#リカ活”投稿も増加...
別窓で開く