本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



差出人不明の手紙に綴られていた「夫の秘密」。離婚を決意してから知った、夫の呆れた懐事情
男女問わず、簡単に浮気する人というのが世の中には存在する。もちろん男性のほうが多いのだろうが、それは「男は浮気してもいい」という謎の共通認識があるからだろう。だが、「気軽に」浮気するからこそ、配偶者は傷つく。 ■結婚式後のパーティーに現れた夫の元カノ「10年、がんばってきましたけど、やっぱりもうダメ...
別窓で開く

壮大なスケールで感動をもたらす予感−TBS日曜劇場「日本沈没—希望のひと—」
■先週に引き続いて、秋の新作連続ドラマから面白いと思ったものをご紹介します。10月10日、日曜午後9時からTBSで始まった「日本沈没—希望のひと— 」を取り上げます。前回取り上げた「最愛」もTBSでしたが、TBSのドラマは底力があるということですね。原作は小松左京さんのSF小説で、1973年に刊行さ...
別窓で開く

『日本沈没』高視聴率も酷評続出のワケ「惰性でチャンネル合わせてる」
俳優・小栗旬が主演の連続ドラマ『日本沈没 —希望のひと—』(TBS系)第7話が11月28日に放送。平均世帯視聴率が15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。同作は、1973年に刊行された小松左京による「日本沈没」が原作。...
別窓で開く

未曾有の危機なのに…「日本沈没」高視聴率キープも寄せられる不満の声とは
 小栗旬主演ドラマ「日本沈没‐希望のひと‐」(TBS系)の第7話が11月28日に放送され、平均視聴率は初回から継続している15%以上はキープしつつも、これまでで最低の15.4%だった。 今話は、日本沈没の機密情報を漏洩した疑いで、田所博士(香川照之)が東京地検特捜部に連行された。...
別窓で開く

『日本沈没』、官房長官の描き方が物議「こんな政治家いない」「子どもみたい」批判集まる
 日曜劇場『日本沈没—希望のひと—』(TBS系)の第7話が28日に放送され、平均視聴率が15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第6話の15.8%からは0.4ポイントのダウンとなり、自己最低視聴率となってしまった。 第7話は、日本沈没の機密情報を漏洩した疑...
別窓で開く

『日本沈没』“世良教授”國村隼が再登場 あのメガネが再び話題に ドラマ公式もツイート
小栗旬が主演する日曜劇場『日本沈没−希望のひと−』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が28日に放送され、國村隼扮する世良が再登場。第3話で注目を集めた“メガネ”を披露すると、ネット上には「例のメガネ来ました!!!」「またあのメガネみれた!」といった反響が寄せられた。 日本沈没の機密情報を漏えいした...
別窓で開く

『日本沈没』第7話 “田所”香川照之が機密情報漏えいの疑いで連行 陥れた黒幕とは
俳優の小栗旬が主演する日曜劇場『日本沈没—希望のひとー』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が28日放送。機密情報を漏洩した疑いで、田所博士(香川照之)が東京地検特捜部に連行されてしまう。天海(小栗旬)は椎名(杏)の協力を得ながら、田所を陥れたい人物を特定しようとする。 日本沈没の機密情報を漏えいし...
別窓で開く

“日本沈没”はなかったことに!?小栗旬“天海”、窮地に追い込まれる
小栗旬が主演を務める日曜劇場『日本沈没—希望のひと—』(TBS系、毎週日曜21:00〜)の第7話が、11月28日に放送される。1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」が原作。2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語が展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく...
別窓で開く

『日本沈没』小栗旬と杏の“イチャイチャ”にドン引き「誰も求めてない」
11月21日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 —希望のひと—』(TBS系)第6話が放送された。強引な恋愛展開に冷めた声があがっている。同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。...
別窓で開く

「日本沈没」高視聴率キープも決して“高評価”にあらず
 小栗旬主演ドラマ「日本沈没‐希望のひと‐」(TBS系)の第6話が11月21日に放送され、平均視聴率は15.8%と好調をキープしている。 今話では、関東沿岸部の沈下にとどまり、田所博士(香川照之)は“第2波終息”を宣言し、東京は復興に向けて動き出した。しかし、その復興計画をめぐり、東山総理(仲村トオ...
別窓で開く


[ トオル ] の関連キーワード

イチャイチャ