本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



土屋太鳳“千波”、永山絢斗“タケル”に動揺!「封印された過去」とは…岡田惠和脚本『優しい音楽』
土屋太鳳を主演に迎えた新春ドラマスペシャル『優しい音楽〜ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』(テレビ東京系)が、1月7日(金)20時から放送される。同ドラマは、「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞した作家・瀬尾まいこの小説「優しい音楽」(双葉文庫)が原作。岡田惠和が脚本を担当、若松節朗が...
別窓で開く

巨大深海魚の干物のお味は…アンタッチャブルらも驚愕!?
1月2日(日)17時55分から『所さんのそこんトコロ』(テレビ東京系、通常は毎週金曜20:54〜)の4時間スペシャルが放送される。所ジョージと竹崎由佳(テレビ東京アナウンサー)が司会を務める同番組は、知っていても、試験にも出ないし偉くもないが、心が豊かになるような知識を、楽しみながら学んでいく雑学バ...
別窓で開く

土屋太鳳、岡田惠和脚本に意欲「いまの時代にマッチしている」『優しい音楽』
2022年1月7日に放送されるテレビ東京新春ドラマスペシャル『優しい音楽〜ティアーズ・イン・ヘヴン 天国のきみへ』。「そして、バトンは渡された」で本屋大賞を受賞した作家・瀬尾まいこさんの小説を、連続テレビ小説『ひよっこ』などを手掛けた岡田惠和さんが脚本を務め、映画『Fukushima 50(フクシマ...
別窓で開く

『ウチカレ』『日本沈没』に酷評の嵐!豪華キャストも「深みなし」「クソドラマ」
放送前は大きな期待が寄せられていたものの、実際は全然面白くなかった…というガッカリドラマは多い。2021年のガッカリドラマを紹介していこう。まずは、菅野美穂と浜辺美波が共演した1月期ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)。...
別窓で開く

ウエンツ瑛士、「アド街ック天国」で話題になった「肩書きは俳優ではなく“芸人”」
 ウエンツ瑛士が2018年10月から日本国内での芸能活動を休止し、イギリスに留学して演技を勉強していたことは、記憶に新しいところだろう。2020年3月に帰国してから初めてのドラマ出演となった「日本沈没‐希望のひと‐」(TBS系)では、東山栄一総理大臣(仲村トオル)によって発足された、日本の未来につい...
別窓で開く

辛口コラムニストが選ぶ2021年「連ドラ」ワースト3 2位「レンアイ漫画家」、1位は意外な高視聴率作品
 年末恒例、辛口コラムニストの林操氏による、2021年の連続ドラマ総括。ベスト&ワーストのまずはワースト3……。なんでも今年は駄作の豊作だったとか。 ***アナ:この1年の連続ドラマのベスト&ワースト発表の季節が今年もやってきました。選出は非国民生活センター・TV主席研究員の林操さんです。...
別窓で開く

東映時代劇チャンネル、開設1ヶ月で登録者10万人突破 年末年始に4作品配信
映画会社・東映が11月26日にYou Tubeに開設した、時代劇映像作品を無料で配信する公式チャンネル「東映時代劇YouTube」の登録者が、1ヶ月足らずで10万人を突破。これを記念して、2021年12月29日から3日連続、特撮ギミックを取り入れた唯一無二の東映時代劇3作品をプレミア公開。...
別窓で開く

テレ東深夜ドラマの“JKタイムリープ”は攻めすぎ? 視聴者離れの懸念も
 テレビはいよいよ年末年始の編成に。連ドラは少しの間“お預け”となるが、年の瀬ぎりぎり、29日に最終回を迎えるドラマがひとつある。テレビ東京の深夜枠「水ドラ25」(水曜深夜1時)で11月11日にスタートした「JKからやり直すシルバープラン」がそれだ。...
別窓で開く

ギャグ、サスペンス、社会派… 形を変えて生き続ける“ヤンキーコンテンツ”の強固さ
杉咲花主演のドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』が、今期のドラマ満足度ランキングにおいて初回から高評価を維持し、最終回も番組史上最高視聴率9.6%、Twitterでも「#恋です」が世界トレンド1位になるなど、有終の美を飾った。これまでも『ビー・バップ・ハイスクール』『GTO』『クローズ』『今...
別窓で開く

綺麗事と説明ゼリフが目立つ「日本沈没」 人間の業を描く海外ドラマに勝てない理由
 地震、豪雨、海底火山の噴火と天災大国の日本。ここ最近は毎日どこかが揺れている。そんな現実とリンクしかねないディザスタードラマは正直大きな賭けだ。それでも踏み切ったのは、金も人も集まる日曜劇場だからこそ。Netflixで世界同時配信も始めたというので、さぞや迫力のある作品なのだなと期待した。「日本沈...
別窓で開く


[ トオル ] の関連キーワード

レンアイ ウチカレ タケル