本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ソシエダ、フライブルク、ベティス、サン・ジロワーズが3連勝…プレミア勢も白星/EL第3節
ヨーロッパリーグ・グループステージ第3節が6日に各地で行われた。 グループAではアーセナル(イングランド)がボデ・グリムト(ノルウェー)をホームに迎えた。23分にエディ・エンケティアのゴールで先手を取ると、直後にコーナーキックからロブ・ホールディングが追加点。後半にはこの日アシストを記録していたファ...
別窓で開く

ドイツ代表はブラジルW杯から下降線も、初戦に強さを発揮している理由
ドイツ代表の強さの秘密(3)(1)「ドイツ代表はなぜ強いのか。プラティニのフランスもお手上げだった全盛時代」はこちら>> ドイツ代表に初めて移民系の選手が選出されたのは、西ドイツ時代の1974年。ドイツ人の母親とアフリカ系アメリカ人の父を持つ、エルヴィン・コステデという選手だった。しかしそれからしば...
別窓で開く

【本棚を探索】第36回『パンデミックから何を学ぶか』カリ・ニクソン 著/瀬名 秀明
■教訓忘れない勇気を持つ 新型コロナウイルス感染症を総括する本が書店で見られるようになってきた。一方ここへきて日本は新規感染者数が世界1位。死亡者数も大きくは減っていない。それなのに私たちは疲れることにすら疲れて、もはやどうでも良いと早くも新型コロナを忘れようとしている。...
別窓で開く

海外のビジネス現場に「日本人だけいない」 JAL社長も危機感...日本発便「需要低迷」の現実
日本航空(JAL)の赤坂祐二社長は2022年10月5日、成田空港で報道陣の取材に応じ、岸田文雄首相が水際対策緩和を打ち出してから、海外発日本行きの国際線の予約数が3倍以上に増えたことを明らかにした。ただ、その多くが国外から日本にやってくる「インバウンド需要」で、日本発の需要は「まだ、かなり弱い」。...
別窓で開く

「自分たちの価値を証明できた」鮮やかミドルでバルサ撃破のチャルハノール、チームの一体感を強調「全員がチームのために戦っていた」
 インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、バルセロナ戦で勝利を呼び込んだミドルシュートの喜びを語った。UEFAの公式サイトが伝えている。 現地時間10月4日に行なわれたチャンピオンズリーグのグループステージ第3節で、インテルはバルセロナと対戦。1−0で勝利を収めた。...
別窓で開く

先日、私はトルコを訪問した。長年トルコをこの眼で見てみたいと考えていた。かつてユーゴスラビアに住んでいた時代、イスタンブール発パリ行きの列車に何度も乗ったのだが、まだそのイスタンブールには行ったことがなかった。トルコは、アジアとヨーロッパの結節点、東西冷戦におけるソ連封じ込めの砦、オスマントルコとい...
別窓で開く

インテル戦は終了間際に“疑惑の判定”…バルサを率いるシャビ監督「憤り以外の言葉はない」
バルセロナを率いるシャビ・エルナンデス監督が、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節のインテル戦終了後にコメントを発した。スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』が同日付で伝えている。 試合は前半にトルコ代表MFハカン・チャルハノールがミドルシュートを沈めて、インテルが先手を...
別窓で開く

夫婦喧嘩の最中にそろって崖から転落 夫のみ死亡する悲惨な事態に
外出中の夫婦のあいだで、ひどい口論が勃発。激しく責め合っているうちに恐ろしい事故が起こっていたこと、そして夫だけが命を落としてしまったことを、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えた。■勃発した夫婦喧嘩先日のこと、トルコでコーヒーショップを経営していた男性(35)が妻(32)と外出...
別窓で開く

就役できるの? ウクライナの次世代コルベット1番艦「ヘーチマン・イヴァン・マゼーパ」進水
2番艦もトルコに発注済みだとか。進水式にはウ大統領夫人や海軍司令官らも出席 ウクライナ軍参謀本部は2022年10月2日、トルコで建造中の新型コルベット「ヘーチマン・イヴァン・マゼーパ」の進水式をイスタンブール海軍工廠で行ったと発表しました。...
別窓で開く

「現在の姿」をAIで再現!!ポール・ウォーカー、ヒース・レジャー、リヴァー・フェニックスが今生きていたらどんな風貌?
Instagram亡くなった著名人が今も生きていたらどのような風貌なのか??。トルコ人アーティストのアルパー・イェシルタスさんが、早すぎる死を遂げた俳優や著名人たちが、今も生きていたらどのような風貌をしているのか、最新AI技術を使用して再現した。ヒース・レジャーやポール・ウォーカーの写真に「涙が出た...
別窓で開く