本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アタランタ、DFデミラルの買取OPを行使…21−22シーズンにユーヴェから期限付き移籍で加入
アタランタは17日、2021−22シーズンにユヴェントスから買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入していたトルコ代表DFメリフ・デミラルについて、買い取りオプションを行使したことをクラブ公式サイトで発表した。 現在24歳のデミラルは、フェネルバフチェの下部組織出身。...
別窓で開く

母国を追われたハカン・シュクル、うつ病を告白のドノバン…2002年の人気者たちはいま
日韓W杯20周年×スポルティーバ20周年企画「日本サッカーの過去・現在、そして未来」あのスター選手はいま(2)(1)を読む>> 2002年、アジアで初めて行なわれた日韓W杯。それは優勝候補と言われたサッカー大国が次々と敗退する一方、新興勢力が力を発揮した大会でもあった。そんな国々からも、魅力あふれる...
別窓で開く

カザフスタン大統領「ドネツクとルハンスクを独立国家として認めない」
カザフスタン大統領が、ドネツク、ルハンスクを独立国家として認めないと発言した。ウクライナワールド(UkraineWorld)は18日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムにおけるカシムジョマルト・トカエフ大統領の発言映像をで発信し、このように伝えた。トルコメディアもこれを報じている。...
別窓で開く

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、今回紹介する記事は、「トルコ旅行の最新事情、カッパドキアの観光地・ホテル」です。トルコの中央アナトリアに位置するカッパドキア地方は、世界有数の奇岩地帯。100km四方にわたって自然の造形美が連なります。この地には岩をくり抜いた住居や、美しい宗教画の残...
別窓で開く

丹羽孝希、初戦快勝で2回戦へ 17歳・吉山僚一は世界ランク17位に金星<卓球・WTTコンテンダーリマ>
<卓球・WTTコンテンダーリマ2022 日程:6月14日〜19日 場所:リマ(ペルー)>16日、WTTコンテンダーリマは3日目を迎え、男女シングルス1回戦と男女・混合ダブルス1回戦が終了した。丹羽が初戦快勝男子シングルス1回戦には、東京五輪代表の丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が登場。...
別窓で開く

【チュニジア戦総評】吉田と遠藤が狙われ惨敗 そこから得られた教訓は?
 負け試合の後によく使われるフレーズとして、「これが本番ではなくて良かった」というのがある。0−3で敗れたチュニジア戦は、まさにこの言葉がぴったり当てはまる“教訓”となる試合だった。 *** 西アフリカのガーナは屈強なフィジカルを武器にするが、地中海に面した北アフリカのチュニジアはアラブ系のため、サ...
別窓で開く

超音速飛行もOK! トルコ初の国産ターボファンエンジン「TEI-TF6000」完成
トルコが独自開発のジェット軍用機を飛ばすの目前かも。アフターバーナー使用時は超音速飛行も可 トルコのエンジンメーカーであるTEI(TUSAS Engine Industries)は2022年6月10日、同国初の国産ターボファンエンジン「TEI-TF6000」が完成の域に達したと発表しました。...
別窓で開く

女子テニス「BJK杯」プレーオフ、日本の相手はウクライナに決定。ホームで昨年のリベンジに挑む<SMASH>
女子テニスの国別対抗戦「2022ビリー・ジーン・キング・カップ」(BJK杯)のプレーオフ組み合わせ抽選が6月16日に行なわれ、日本はホームでウクライナと対戦することが決まった。これに勝つと、2023年のBJK杯ファイナル予選に進出できる。 日本は今年4月にトルコ・アンタルヤで行なわれたアジア/オセア...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原...
別窓で開く