本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



北欧2国が制裁解除に「前向き姿勢」=NATO加盟問題で会談—トルコ
 【イスタンブール時事】トルコ大統領府のカルン報道官は25日、記者会見し、アンカラで同日行われた北欧のフィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟をめぐる両国代表団との会談で、両国からトルコへの武器輸出禁止の制裁解除について「前向きな姿勢が見られた」と評価した。 トルコ側は会談で、ク...
別窓で開く

 【イスタンブール時事】トルコのチャブシオール外相は25日、訪問先のエルサレムでイスラエルのラピド外相と会談し、経済協力拡大で合意した。トルコ外相のイスラエル訪問は15年ぶり。両国はパレスチナ問題などをめぐり対立していた関係の修復を進めている。 ラピド氏は会談後、「共同経済委員会」を再開させることな...
別窓で開く

世界初の超音速戦闘機F-100「スーパーセイバー」初飛行-1953.5.25 日本が導入検討も
銀無垢と2色迷彩、どちらが好み?開発開始からわずか4年で初飛行に成功 1953(昭和28)年の5月25日、ノースアメリカン(現ボーイング)が開発した戦闘機F-100「スーパーセイバー」が初飛行しました。 同機は「スーパーセイバー」という愛称の通り、既存のノースアメリカン製F-86「セイバー」ジェット...
別窓で開く

ウクライナの「感謝リスト」に日本の名前がなかった理由—華字メディア
2022年5月23日、日本華僑報は「ウクライナの感謝リストにどうして日本の名前がないのか」とする記事を掲載した。以下はその概要。ウクライナ外務省が4月25日、ロシアとの紛争の中で支援の手を差し伸べた各国に感謝を示す動画を発表した。そこには米国、英国、イタリア、ドイツ、フランスなどの先進国を含めた31...
別窓で開く

四面楚歌? グレッグ・ノーマンがまたしても窮地に 新リーグ前夜祭会場がキャンセルへ
ロンドン郊外に『アレクサンドラ・パレス』という美しい宮殿がある。1862年のロンドン万国博覧会で使われた建物の解体資材で作られ、1873年に開場。149年もの歴史を持つグレードIIの会場は、劇場、コンサートホールなどとしてロンドンの人々に愛されている。...
別窓で開く

4度のW杯を経験したGK楢崎正剛「日本人GKにはカタールW杯でインパクトを残してほしい」
【2002年日韓W杯戦士たちの現在地】#3 楢崎正剛(名古屋CSF/46歳) 2002年に日本と韓国でアジア初のW杯が共同開催された(5月31日〜6月30日)。フランス人監督トルシエに率いられた日本代表は史上初のグループリーグ突破。決勝トーナメント一回戦でトルコに惜敗したとはいえ、母国開催W杯で大い...
別窓で開く

ロシアの軍事費はアメリカの12分の1…経済力がモノをいうウクライナ紛争
 東西冷戦構造の復活? これはちょっと違う。西側(民主主義)陣営と強権国の対立である。いや、これも正しくない。両陣営は複雑に絡み合っている。ただ、いえることは戦後の国際秩序が崩壊、国連が機能不全に陥っている事実だ。ロシアの暴挙を止められない。G20も同じだろう。...
別窓で開く

ロシア周辺の国々の動きが活発になってきた。フィンランド、スウェーデンはNATO加盟を、モルドバはEU加盟を申請。ポーランドはNATO諸国がウクライナに武器を供給する重要な拠点となり、ウクライナと共同で税関や鉄道会社の設立・運営を目指す。元外交官で作家の佐藤優氏が明かす、ロシアがもっとも警戒している国...
別窓で開く

 【ロンドン時事】フィンランドのハービスト外相は24日、同国とスウェーデンが25日、両国の北大西洋条約機構(NATO)加盟問題について協議するためトルコに代表団を派遣すると明らかにした。トルコは両国が「テロ組織を支援している」としてNATO加盟に反対。新規加盟にはトルコを含む全加盟国の同意が必要なた...
別窓で開く

「インテルに行くのは優勝するためだ?」宿敵に移籍したミラン元10番のインスタが大荒れ!「君のおかげでスクデットが獲れたよ」
 現地時間5月22日に開催されたセリエAの最終節(第38節)で、首位のミランは11位のサッスオーロと敵地で対戦し、3−0と快勝。インテルとのデットヒートを制し、11シーズンぶり19度目のリーグ制覇を果たした。 この結果、ミラン側が一斉に目の敵としたのが、ハカン・チャルハノールだ。...
別窓で開く