本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サッカー日本代表はカナダ戦でも戦術浸透度の低さを露呈。森保ジャパンは4年間同じ問題を解決できなかった
日本のハイプレスは機能せず 予想どおりと言うべきか、カタールW杯本番前の最後のテストマッチとなったカナダ戦は、コンディション調整の色合いが強かった。お互い6日後に本大会初戦を控えており、日本はドイツと、カナダはベルギーという、それぞれのグループで首位通過を狙う強豪との対戦ゆえ、試合の強度を高められな...
別窓で開く

【セルジオ越後】吉田投入で3バックも、逆に失点。なぜ1−1の状況で試みたのか。相馬は得点以外では怖さがなかったね
 日本代表はカタール・ワールドカップ前最後の強化試合で、カナダに1−2で敗れた。 脳震盪を起こした遠藤や、故障の守田と冨安、体調不良の三笘に加え、伊東や前田も出場しなかった。相手のカナダもバイエルンのデイビスを起用せず、お互いにメンバーを落としての戦いとなった。 そのなかで、日本はチャンスが少なく、...
別窓で開く

【カタールW杯|F組展望】順当ならベルギー&クロアチアが突破。モロッコの飛び道具は不気味。カナダは旋風を巻き起こすか
 11月20日に幕を開けるカタール・ワールドカップ。4年に一度の大舞台では、どんな戦いが繰り広げられるか。本稿ではグループごとに出場国の横顔を紹介し、決勝トーナメント進出に向けた争いを展望する。今回はグループFだ。——◆——◆——■ベルギー(3大会連続14回目の出場) 2014年ブラジル大会ではベス...
別窓で開く

久保建英がカタールW杯の「ベスト・ヤングプレーヤー候補」に選出!五輪公式サイトが「自分の大会とする可能性も」と期待
3シーズンに及んだレアル・マドリーからのレンタルというキャリアに終止符を打ち、今季より完全移籍でレアル・ソシエダに加入した久保建英。イマノル・アルグアシル監督の攻撃的なスタイルは21歳のアタッカーにマッチし、またすぐにフィットしたことで、早くも指揮官の信頼を得、レギュラーとして2019年の欧州再挑戦...
別窓で開く

「ソン・フンミンに対抗するアジア最高になれる」久保建英がカタールW杯の“ブレイク候補トップ10”に選出!1位はペドリでもヴィニシウスでもなく…
 カタール・ワールドカップの開幕までいよいよ1か月を切った。 そんななか国際オリンピック委員会(IOC)は、「2022年ワールドカップで最高の若手選手は誰?」と題した記事を掲載。ブレイク候補10人をカウントダウン形式で紹介している。 その一番手、つまり10位に登場したのが、新天地のレアル・ソシエダで...
別窓で開く

スタメン出場の堂安律は見せ場を作れず…フライブルクはバイエルンに0−5大敗で公式戦12試合ぶりの黒星
 現地時間10月16日に行なわれたブンデスリーガの第10節で、日本代表の堂安律が所属するフライブルクは強豪バイエルン・ミュンヘンとアウェーで対戦。堂安は公式戦5試合連続でスタメン出場を果たした。 フライブルクは立ち上がり、カウンターからチャンスを作る。2分、ピッチ中央でボールを奪った堂安がドリブルで...
別窓で開く

バイエルンが5発圧勝!フライブルクとの上位対決を制して2位浮上…堂安は先発も沈黙
ブンデスリーガ第10節が16日に行われ、前節終了時点で3位に位置したバイエルン(勝ち点16)と、2位のフライブルク(勝ち点18)が対戦した。 バイエルンは、今季初スタメンのエリック・マキシム・チュポ・モティングが最前線に入り、対するフライブルクは日本代表MF堂安律が中盤の右サイドで先発、76分までプ...
別窓で開く

ブンデスの「推定市場価格」が一斉更新!最新ランキングのトップは? 日本人選手の最高位は…
 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が9月21日、ブンデスリーガでプレーする選手の「推定市場価格」を一斉に更新した。 これは、選手の能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的に判断して弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“市場価値”を示す指標として定...
別窓で開く

FIFA調査機関が「25歳未満カテゴリーランキング」を発表! アーセナル冨安健洋が世界4位にランクインした項目は?
 国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』は9月11日、独自の指標による「インパクトスコア」に基づき、各カテゴリーにおける25歳未満選手のランキングを発表した。...
別窓で開く

「エムバペより凄い」バイエルンの新星マティス・テルに反響続々!シュツットガルト戦で2つの最年少記録を樹立「エグい選手になりそう」
 バイエルン・ミュンヘンに新星が現われた。 現地時間9月10日にブンデスリーガの第6節が行なわれ、昨シーズンに前人未踏の10連覇を達成した王者バイエルンと、日本代表の遠藤航と伊藤洋輝が所属するシュツットガルトが対戦。試合は2−2の引き分けに終わった。 この一戦でバイエルンのフランス人FWマティス・テ...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>