本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レブロンがカリーを逆転し全体首位奪還!イーストはデュラントとヤニスの争いに【NBAファン投票途中経過一覧】
現地時間1月20日、NBAが2月20日にクリーブランドで開催するオールスター2022のファン投票第3回途中経過を発表した。 1月6日の第1回途中経過、13日の第2回途中経過ではともにゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが全体トップの票数を集めたが、この第3回でロサンゼルス・レイカーズ...
別窓で開く

37点差の大敗から立ち直ったレイカーズ。主砲レブロンはファンへ「二度と同じことを起こさない」と誓う<DUNKSHOOT>
「自分の口からどんな言葉が出てくるのかと思うと嫌だった。で、俺は君たち(記者)と話さないことを決めたのさ」 現地時間1月15日に行なわれたデンバー・ナゲッツ戦で、37点差の大敗を喫したロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、試合後の会見を欠席した理由をそう明かした。 そうして迎えた17日の...
別窓で開く

「努力や危機感が足りない」マジックの批判を受け止め、レブロンが決意表明!「俺たちはもっと良くなることを約束する」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは現地1月15日のデンバー・ナゲッツ戦で37点差の大敗を喫し、3連敗で再び勝率5割を下回った。この結果にフランチャイズOBであるマジック・ジョンソンが苦言を呈した。 今季のレイカーズはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ...
別窓で開く

全体トップのカリーにレブロンが肉薄!新鋭モラントも初のオールスター出場に前進【NBAファン投票途中経過一覧】
現地時間1月13日、NBAが2月20日にクリーブランドで開催するオールスター2022のファン投票第2回途中経過を発表した。 1月6日の第1回途中経過と同様、全体トップの票数を集めたのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。そして全体2位にはロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェー...
別窓で開く

平均30点も視野に入れる今季のレブロンは何位?現地メディアが“37歳以上”の平均得点TOP10を発表!<DUNKSHOOT>
昨年12月30日、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズが37歳の誕生日を迎えた。多くの選手は30歳を超えると徐々に衰えが見え始め、それまでチームのエースを任されていた選手は役割の変更を余儀なくされたり、他球団へ移籍、そして30代中盤で引退するのが一般的だが、レブロンは依然としてNBAのトッ...
別窓で開く

“センター・レブロン”は「攻守でメリットがある」。指揮官ヴォーゲルが現ラインナップの強みを語る<DUNKSHOOT>
今季最長となる4連勝を飾っていたロサンゼルス・レイカーズは、1月9日(日本時間10日、日付は以下同)のメンフィス・グリズリーズ戦を119−127で落とし、今季戦績を21勝20敗(勝率51.2%)とした。 この日は絶好調のグリズリーズの前に敗れたものの、大黒柱のレブロン・ジェームズはフィールドゴール7...
別窓で開く

レイカーズ批判のパーキンスが鮮やかな手のひら返し!「ウエストブルックが解決策になるだろう」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは、NBA2021−22シーズンの前半戦で“期待外れ”のチームに振り分けられるだろう。 レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードと熟練のスター選手を擁しながら、勝率5割がやっと(1...
別窓で開く

カリーとデュラントが東西のトップ!デローザンも4年ぶりの出場に向け好発進【NBAファン投票途中経過一覧】
現地時間1月6日、NBAが2月20日にクリーブランドで開催するオールスター2022のファン投票第1回途中経過を発表した。 昨年12月25日からスタートした投票で全体トップに立つのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。今季は通算3ポイント成功数でリーグ新記録を打ち立てるなど話題を振...
別窓で開く

「今の選手たちは怠け者」シャックがスーパーチームに嫌悪感!一方でアデトクンボを称賛「リスペクトしている」<DUNKSHOOT>
「スーパーチーム」——。2021−22シーズンのNBAで頻繁に聞かれる言葉だ。 ロサンゼルス・レイカーズがレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンド(現クリーブランド・キャバリアーズ)を補強して強力な...
別窓で開く

「俺はいつだって効率的でありたい」19年目でも進化を続けるレブロンの“自信”と“プライド”<DUNKSHOOT>
「俺は自分が19年もリーグにいる気がしていない。朝起きて、毎日『俺は19年目、19年目なんだ』と言い聞かせているくらいさ」 昨年12月30日に37歳を迎えたロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、現役最長タイとなるキャリア19シーズン目の真っ只中にいながら、それを実感していないようだ。 そ...
別窓で開く


[ デイビス レブロン ] の関連キーワード

dunkshoot レブロン nba