本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



史上最も強烈なキャラクターを持つ名将——トミー・ラソーダの爆笑エピソード3選
「オレの体にはドジャーブルーの血が流れているんだ!」 現地時間1月7日に93歳で亡くなった元ドジャースの名将トミー・ラソーダのこの名言は、日本でもよく知られている。このような印象深い言葉を生むセンスからも分かるように、ラソーダは他の監督とは一線を画すアクの強いキャラクターでも知られていた。...
別窓で開く

「エースと心中するよりデータに賭ける」自分たちのスタイルを貫徹して敗れたレイズ
その瞬間、ムーキー・ベッツはベンチのデーブ・ロバーツ監督の顔を見て微笑んだという。 2020年ワールドシリーズ最大の山場は、第6戦の6回に訪れた。2勝3敗とリードされたレイズは初回にランディ・アロザレナが今ポストシーズン10本目の本塁打を放って先制。先発のブレイク・スネルはキャリア最高と言える圧倒的...
別窓で開く

【ワールドシリーズ】3試合連続の初回先制でドジャースが逃げ切り王手!カーショウはプレーオフ史上最多の通算206三振を達成
▼ワールドシリーズ第5戦(グローブライフ・フィールド)ドジャース(3勝) 4−2 レイズ(2勝) またも試合はドジャースが先行してレイズが追う流れに。初回先頭のムーキー・ベッツがフルカウントからレフト前にツーベースで出塁し、続くコリー・シーガーが二塁の右を抜くタイムリーヒットで3試合連続の初回先制。...
別窓で開く

【レッドソックスの「未来予想図」】18年MVPのベッツ放出で始まった再建。ブルーム新CBOの手腕に期待
ついに2020年のシーズンが幕を開けた。だが、各チームの編成トップは常に未来を見据えている。主力選手の契約状況やマイナーでの若手選手の育成状況も考慮しながら、レッドソックスの未来を展望してみよう。「非常に困難な決断ではあったが、チームの将来を考えると必要なことだった」 2月10日、ハイム・ブルームC...
別窓で開く


<前へ12次へ>