本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



王貞治、あの「代打の切り札」V9戦士を覚醒させた「運命の言葉」とは!
 1973年は、「巨人V9時代」の最終年にあたるが、それでも、野手では長嶋茂雄氏、王貞治氏、柴田勲氏、高田繁氏、土井正三氏(故人)、投手では堀内恒夫氏、高橋一三氏(故人)といったスター選手に溢れていた。「打倒、巨人」に他球団は燃えていたことだろうが、反面、他球団に移れば、レギュラー、ならびにクリーン...
別窓で開く

【エンジェルスの失われた10年:後編】ワンマンオーナーに旧時代の名将…2人のカリスマが組織を停滞させた<SLUGGER>
「大谷翔平選手はホームランを放ちました。なおエンジェルスは……」。今年、何度このフレーズを耳にしたことだろう。100年に一度の二刀流選手と球界最高のプレーヤーがいながら、なぜエンジェルスは勝てないのか。“負の歴史”は10年前に始まっていた——。...
別窓で開く

アサ芸名物「“裏”流行語大賞2021」(下)「デブじゃね?」助言に「センスを感じる」
 裏流行語で、五輪メダリストを押し出す活躍を見せたのが、長男・花田優一氏と決裂した貴乃花の告白【息子を勘当した】。「千秋楽に武蔵丸を破って優勝し『痛みに耐えてよく頑張った。感動した』という小泉元総理の名文句が飛び出した大一番から今年でちょうど20年。...
別窓で開く

アサ芸名物「“裏”流行語大賞2021」(中)森喜朗は「落語ができない談志みたい」
 続いて、今年も政治家が裏流行語界で大活躍だ。2月に長男が総務省幹部を接待していた問題で「息子は別人格」と強弁したのは菅義偉前総理だった。「ここだけ切り取ると、まるで下半身スキャンダルを起こしたみたい。別人格の下半身が昇天とか」(お笑い芸人のユリオカ超特Q氏) ソフトボール・後藤希友選手の金メダルに...
別窓で開く

アサ芸名物「“裏”流行語大賞2021」(上)「ハゲてるだけで逮捕されたら大変!」
 なぬ! 今年の流行語は「フェムテック」な「ウマ娘」が「イカゲーム」を「うっせぇわ」と「ゴン攻め」して「エペジーーン」だぁ? ちょっと何言ってるかわからない〜。そんなあきらめ顔の貴兄には、「週刊アサヒ芸能」恒例「“裏”流行語大賞」がおススメだ。...
別窓で開く

実に寛大!ホークス王監督が「西武コーチ」デーブ大久保に明かした“練習法”
 生え抜きの巨人の選手であり、世界記録となる868本塁打を放ち、栄えある「V9時代」を支えた功労者の王貞治氏が、1994年10月12日、福岡ダイエーホークスの監督に就任との報には驚かされたものだ。 95年から3年連続Bクラス、しかしながら98年に3位、99年にはリーグ優勝を果たし、故・星野仙一監督率...
別窓で開く

G.G.佐藤、命名もお世話になっていた「野村一家」との秘話を動画回顧!
 MLBでも活躍した元プロ野球選手・イチロー氏が、本名の「鈴木一朗」から「イチロー」に登録名を変更したのは、1994年のこと。当時、オリックスの一軍打撃コーチを務めていた新井宏昌氏が、イチロー氏の才能を見抜き、特別感を演出するために考案し、故・仰木彬監督の理解を得て実現となった。...
別窓で開く

だじゃれアンバサダーでミュージカル女優のかとう唯さん 最新MV「東京プリンセスストーリー」公開!
昨年2020年9月、「一般社団法人日本だじゃれ活用協会」の「だじゃれアンバサダー」に就任し話題となったミュージカル女優のかとう唯さん。あのデーブ・スペクターさんをリスペクトしているとのことで、9月には「ダジャロック!」なる曲のMVを発表した。...
別窓で開く

星野監督が「完全デビルに」…!?G.G.佐藤が「3失策の北京五輪」を動画で回顧
 今年開催された「東京オリンピック2020」、野球競技において、稲葉篤紀監督率いる日本代表が決勝でアメリカ代表を倒し、37年振りの金メダルに輝いた。 2008年の北京オリンピックを最後に、野球は正式種目から外されていただけに、感無量を味わった日本国民は多かったことだろう。...
別窓で開く

デーブ・スペクター、5万円分クーポン給付への「邪道」「時代遅れ」発言に共感の声
 タレントのデーブ・スペクターが12月12日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演し、18歳以下の子どもを対象に給付される10万円相当の現金とクーポンに関して、「時代遅れ」と苦言を呈した。 政府は、現金5万円を年内に、そして、残りの5万円分のクーポンは来春までに給付する方針を示している。...
別窓で開く


[ デーブ ] の関連キーワード

slugger スペクタ ホークス かとう 大久保