本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「マツヤマが希望をくれた」1084日ぶり優勝のリディア・コ、マスターズ新王者の後追いで“トレンド”に乗る!?
早熟の天才ゴルファーが、鮮烈な復活を遂げた。 現地土曜日、ハワイで開催された米女子ツアー『ロッテ選手権』は最終日を迎え、韓国系ニュージーランド籍のリディア・コが通算28アンダーを叩き出し、見事優勝を飾った。通算17勝目を挙げた23歳ながら、ツアー制覇は実に1084日ぶり。ちょうど3年前の2018年4...
別窓で開く

マスターズ覇者、松山英樹の最新評価は? 英ブックメーカーが次なるメジャー「全米プロ」「全米」「全英」の優勝オッズを更新!
伝統のマスターズを制し、ついに悲願のメジャー初優勝を飾った松山英樹。日本ゴルフ界が誇る29歳の世界的な知名度と声価は高まる一方だ。 そんななか、マスターズの結果を受けて英国の老舗ブックメーカー『Willima Hill』がPGAメジャーの優勝者オッズを更新した。...
別窓で開く

<2020ベストヒット!>予選落ちから始まった「しんどいけど、価値ある1年」で、渋野日向子が辿り着いた答えは「ポジティブに考える」
2020年のスポーツ界におけるトピックスを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、先月開催された国内女子ツアー年内最終戦『JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』での渋野日向子について。今季最高となる3位タイでフィニッシュし、試合後には予選落ちから始まった苦闘の1年を振...
別窓で開く

渋野日向子を下した“韓国の刺客”キム・アリムとは何者か。本人が明かした全米女子OP逆転Vの“決め手”
まさに破竹の快進撃で頂点へと上り詰めた。 現地月曜日にテキサス州ヒューストンで開催された全米女子オープン最終日、韓国版のシンデレラストーリーを完遂させたのが、首位と5打差の9位タイでスタートしたキム・アリムだ。セカンドショットとパットが冴え渡り、6バーディ・2ボギーの「67」はその日のベストスコア。...
別窓で開く

「いい人ぶってる気が…」全米女子単独首位の渋野日向子が、全英女子OP優勝後の変化を明かす
テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて海外メジャー『全米女子オープン』の2日目が行なわれ、渋野日向子は4つスコアを伸ばし通算7アンダーで単独首位に躍り出た。【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も 首位と1打差の2位タイでスタートし、序盤の1、6番で...
別窓で開く

笹生優花は2アンダーの5位タイ発進。単独首位のオルソンとは2打差【全米女子オープン】
テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて開催の海外メジャー『全米女子オープン』は大会初日を終え、19歳の笹生優花が2アンダーでホールアウト。単独首位のエイミー・オルソンと2打差の5位タイ発進を切っている。 今季は『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』、『ニトリレディスゴルフトーナメント』で2週...
別窓で開く

「自分らしいゴルフ、粘るゴルフができるか」渋野日向子が“年内最終戦”へ意気込み明かす【全米女子オープン】
女子プロゴルファーの渋野日向子が9日、全米女子プロゴルフ協会の日本版インスタグラム(@lpga_japan)に登場。10日に開幕する今年の海外メジャー最終戦『全米女子オープン』へ向けてのインタビューに応じた。【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も 直近の国...
別窓で開く

渋野日向子が昨年覇者と同組で11日1時37分スタート。原英莉花は同世代の淺井咲希と最終組に入る【全米女子オープン】
テキサス州ヒューストン・チャンピオンズGCにて10日に開幕する今年の海外メジャー最終戦『全米女子オープン』。全米ゴルフ協会(USGA)は大会2日前の8日、予選ラウンドのペアリングを発表した。【シブコPHOTO】笑顔弾ける渋野日向子の厳選ショット!プロテスト時の貴重な一枚も 日本から史上最多の18選手...
別窓で開く

予選落ちから始まった「しんどいけど、価値ある1年」で、渋野日向子が辿り着いた答えは「ポジティブに考える」
今年の国内女子ツアー最終戦『JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』最終日、渋野日向子は4バーディ、3ボギーの71で回り、通算6アンダーの3位タイでフィニッシュした。渋野がトップ3に入ったのは今季国内外合わせて初めてであり、昨年の今大会で2位タイに入って以来、実に1年ぶりだった。...
別窓で開く

米男子ゴルフ、バーナー単独首位に!世界ランク1位のマキロイは「様々な人種とプレーできて幸せ」とコメント
ゴルフの米国男子ツアー(PGAツアー)『チャールズ・シュワブ・チャレンジ』が、6月11日から4日間、テキサス州のコロニアルCCで開催されている。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、およそ3カ月の中断を経て、無観客の中でのツアー再開となった。 2日目を終え現在首位は、11アンダーのハロルド・バーナ...
別窓で開く


<前へ12次へ>