本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ア・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から大谷との「マッチ度」を検証する。※SLUGGER2022年3月号の企...
別窓で開く

因縁の対決を制してダルビッシュが7勝目! 地元紙も絶賛の前回登板に続き、クオリティ・スタートを実現した粘りの投球術
現地時間6月20日に本拠地で行なわれたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有が先発登板。7回(104球)を投げ、4安打1失点の好投を見せた。チームは4-1でダイヤモンドバックスを下し、ダルビッシュは今季7勝目を手にした。チームの連敗も3でストップした。 前回の6月...
別窓で開く

初優勝からあっという間の世界No.1 スコッティ・シェフラー【きょうは誰の誕生日?】
きょう6月21日は、世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)の誕生日。きょうで26歳。今年2月の「WMフェニックス・オープン」でツアー初優勝を飾ると、3月までに3勝をマーク。4月の「マスターズ」でメジャー初優勝を遂げた。いま最も勢いのある選手だ。2013年に「全米ジュニア」を制し、名門テキ...
別窓で開く

不可解ジャッジ後に「黙れ! ミギー!」。球審の“態度”にタイガース監督がブチ切れ「私の選手に指を差すべきではない」
審判の態度にデトロイト・タイガースの智将AJ・ヒンチが憤りをあらわにした。 事の発端は、現地時間6月19日のテキサス・レンジャーズ戦の3回1死無塁の場面。初回右翼スタンドに豪快3ランを放ったロビー・グロスマン(タイガース)が第2打席に入った場面だった。...
別窓で開く

BTSの米人気は主にアジア系の支持? コロナ禍後も続くアジア人差別、負傷者が出る事件も急増
日本時間6月1日、韓国の男性アイドルグループBTSがホワイトハウスに招待され、バイデン大統領と会談。新型コロナウイルスの感染拡大以降問題となっているアジアンヘイトの深刻さを訴えた。 アメリカの大統領が他国のアーティストをホワイトハウスに招くのは異例のことで、BTSの招待が決定した際は「アメリカで人気...
別窓で開く

大谷翔平の表情に「純粋な喜びと感謝が溢れている」。イチローとの“再会ショット”に稀代の大谷マニアも注目
日本球界が誇る新旧2大スターの2ショットが現地で反響を広げている。【画像】稀代の愛好家も「表情が素晴らしい」と注目! “大谷&イチローの再会ショット”をチェック! 注目を集めているのは、現地時間6月17日に行なわれたシアトル・マリナーズとロサンゼルス・エンジェルス戦での一幕だ...
別窓で開く

Wヘッダー2試合で大谷翔平は9打数ノーヒット。エンジェルスはトラウトの2戦連発弾で連勝
現地時間6月18日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたシアトル・マリナーズとのダブルヘッダー第2試合に「3番・DH」でスタメン出場。4打数無安打、2三振と振るわず、2試合連続のノーヒットとなった。【動画】トラウトがWヘッダー第2戦で放った20号ソロをチェック! 直前の第1試合目...
別窓で開く

マスターズ覇者、スコッティ・シェフラーの「右足ズリ」でカット軌道が直る!
今年のマスターズ覇者で現在世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)の球をつかまえる特長の1つに、ボーリングのフォームのような右足の使い方がある。ゴルフ雑誌ALBA846号ではプロゴルファーの海老原秀聡に、そのコツを聞いている。「シェフラーはインパクトで右足を後ろに引きずるように動かしていま...
別窓で開く

「毎日110人以上のアメリカ人が銃で殺されている」ヤンキースが試合中に行ったツイートで“賛否両論”
「古き良きアメリカ」のシンボルであり、プロスポーツリーグでもっとも保守的と目される米大リーグ機構(MLB)が、銃規制や人種問題をめぐって共和党や保守系メディアと対立している。“身内”の批判が意味するものとは——。 日本選手も当事者となったことのある歴史を振り返り、変わりつつある大リーグの社会問題への...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授...
別窓で開く