本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フォロワー420万人のインフルエンサーが自殺 誹謗中傷とプレッシャーに打ち勝てず
ビキニモデルとしてブレークし、インスタグラムではスター的存在でもあったインフルエンサーが自殺を図り、31歳の若さであの世へと旅立っていたことが明らかになった。その死が大きな波紋が広がっていることを『TMZ』『Radar Online』などが報じている。...
別窓で開く

「中絶違憲」の最高裁判断に、西部3州が「中絶合憲連合」結成 米国がこれほどまでに分断化してしまった理由は何か
 米連邦最高裁が、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下した。 これにより、全米の50州のうち南部、中西部の「レッドステート(共和党支配州)」26州が中絶の禁止や厳しい制限に動く。 1か月以内に最高裁判決に即して一切の中絶を犯罪として扱う州は、テキサス、ル...
別窓で開く

葬式の最中、お棺の故人にツバを吐いた女を逮捕  故人の家族に恨み?
どんなに嫌いな相手でも、死別は悲しいものだ。海外では、葬式の場でとんでもない悪態をついて逮捕されてしまった人がいる。 アメリカ・テキサス州の葬儀場で行われていたお葬式の最中、故人にツバを吐いた容疑で、同州警察が女を逮捕した。海外ニュースサイト『KLTV』『Daily Star』などが6月17日までに...
別窓で開く

 ◇WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(2022年6月25日 米テキサス州サンアントニオ) WBC世界スーパーフライ級王者ジェシー・ロドリゲス(22=帝拳、米国)が元王者で同級2位のシーサケット・ソールンビサイ(35=タイ)に8回1分50秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。...
別窓で開く

<ホラー映画ナビ特別編>夏ホラーが大豊作! パニック・殺人鬼・サメ・心霊まで一挙紹介!
今年の夏は、なぜかうれしいほどにホラー映画が大豊作! 製作国も多彩なら、趣向もさまざま。7月封切りだけでもR18+の血まみれ感染パニックに、史上最高齢の殺人鬼夫婦、死者の電話怪談もあれば、本格土着心霊譚も。さらには超・鬼畜問題作のリバイバル、おなじみサメ映画まで、バラエティ豊かな作品が勢ぞろい。...
別窓で開く

「西武劇」主役はジャンセン!来日1号がV弾 テキサス出身の助っ人「記念球はマンションに飾りたい」
 ◇パ・リーグ 西武2—0楽天(2022年6月25日 楽天生命パーク) 「西部劇」で有名な米国のテキサス州出身。日差しは強いが風で湿度が緩和される気候は、最高気温35度だったこの日の仙台と似ていた。「西武劇」の主役は新外国人のジャンセンだった。 「ひと振りでゼロからヒーローになることができるスポーツ...
別窓で開く

「いずれ対戦したい」井上尚弥に”将来のライバル”が登場? 注目のSフライ級王者が熱視線「もっと成長しないといけない」
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)に対し、将来的な対戦を関心を示すボクサーは少なくない。今回、新たに声を上げているのが、WBCスーパーフライ級世界王者のジェシー・ロドリゲス(米国、帝拳)だ。...
別窓で開く

米、銃規制強化法が成立=乱射事件受け、28年ぶり
 【ワシントン時事】バイデン米大統領は25日、ホワイトハウスで銃規制を強化する法案に署名し、同法が成立した。全米で銃乱射事件が多発しているのを受けたもので、連邦レベルの銃規制法としては1994年の「ブレイディ法」以来、28年ぶり。ただ、厳しい措置は含まれていない。 バイデン氏は署名に先立ち、超党派に...
別窓で開く

広がる中絶「禁止」の波=望まぬ出産、貧困連鎖も—米
 【ワシントン時事】米連邦最高裁が人工妊娠中絶の憲法上の権利を否定した。中絶の合法性判断は各州に委ねられたが、保守的な州は既に制限を強化し始めている。女性の選択肢が狭まり望まぬ出産が増えれば、貧困の連鎖を生むことが懸念される。 中絶の権利を擁護する米団体「グットマッカー研究所」によると、米50州のう...
別窓で開く

涙こぼす米東部の女性「子ども産む道具と言われた気がする」…喜ぶ南部の女性「命は神の贈り物」
 【ワシントン=蒔田一彦】米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を巡る憲法上の権利を否定する判断を示したことを受け、ワシントン中心部の最高裁前には中絶賛成派と反対派の双方が全米各地から集まった。  この日の判決について、賛成派からは落...
別窓で開く


[ テキサス ] の関連キーワード

ロドリゲス ジャンセン 最高裁 tko wbc