本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『水曜日のダウンタウン』ドッキリかけられブチ切れ? そいつどいつ刺身に松本人志も「俺は嬉しかった」と称賛
そいつどいつ(市川刺身、松本竹馬)が、27日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に出演。Twitterでは、ドッキリ中に怒りを露わにした刺身に称賛のコメントが集まった。 今回は『若手芸人、コンプライアンスでがんじがらめにされても従わざるを得ない説』を検証。...
別窓で開く

「間違えると罰ゲーム」の「お約束」に変化
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)。この日(3月20日、2022年)は「第1回ガキの使いやあらへんで!この一口に命をかけろ チキチキ賞金10万円争奪!ききミルクティー!!」企画で、12種類の市販されているミルクティーの中から自分が目隠しして飲んだミルクティーと同じものをあて...
別窓で開く

【放送事故伝説】『水曜日のダウンタウン』初期の大トラブル「水戸黄門事件」
2014年から放送開始。今やTBSの看板バラエティ番組となっている『水曜日のダウンタウン』。芸人が考案するユニークな説、隠し撮りを主体とした番組スタッフの過激演出など、主に若い世代から圧倒的な支持を得ている本番組は、放送開始8年を迎えた今も、ますますパワーアップしている印象すらある。...
別窓で開く

松本人志は「今の時代に合わない」? 浜田雅功がどつかずに「ちゃんと教えとけ!」 変わる女芸人との絡み
テレビ業界でもコンプライアンスを意識するようになって久しいが、昨年はBPO(放送倫理・番組向上機構)が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議対象にしたことを発表してお笑い芸人たちをざわつかせた。お笑い界をリードするダウンタウン(松本人志、浜田雅功)も番組で「コンプライアンスやBPO」...
別窓で開く

日テレ大晦日恒例「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」休止! 「笑ってもいい」生特番に
毎年、大晦日の恒例となっている日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「笑ってはいけない」シリーズ。ここ数年は紅白歌合戦の裏番組でトップの視聴率を誇っている人気番組である。今年8月末、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」についてBPOが審議入りすると報じられ、ネット上で...
別窓で開く


<前へ12次へ>