本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



波紋を呼ぶ“ピッペン騒動”に元同僚が助け舟「この数年、彼は苦労していた」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年)を成し遂げ、黄金時代のメンバーとして名を馳せたスコッティ・ピッペンが、自身初の自伝『Unguarded』で神様マイケル・ジョーダンを辛辣に批判したことで矢面に立っている。 ピッペンとジョーダンは“NBA史上最高のデュオ&rdq...
別窓で開く

「僕はジョーダンじゃない」アデトクンボが“神”の持つファイナル4戦連続40得点超えの偉業について言及<DUNKSHOOT>
7月11日(日本時間12日)に行なわれたフェニックス・サンズとのNBAファイナル第3戦で、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは41得点と大暴れ。第2戦に(42得点)続く40点超えを叩き出し、チームにシリーズ初勝利をもたらした。 NBAファイナルにおいて、2試合連続で40得点以上をマークし...
別窓で開く

ウィザーズの「歴代ベスト5」ガードはビール&ウォール、フロントコートは全員殿堂入りのレジェンド!<DUNKSHOOT>
1946年の創設から75年。その長い歴史の中でNBAは何人ものスーパースターを輩出し、ファンを楽しませてきた。では、各チームの「歴代ベスト5」を選出したら、一体どんな選手が並ぶのか。『THE DIGEST』では、NBAに精通する識者に依頼し、全30チームのベストメンバーを選んでもらった。 今回は「ワ...
別窓で開く

【追悼コラム】Mamba Forever——不世出の名選手コビー・ブライアントよ、永遠に〈DUNKSHOOT〉
2020年1月26日、NBAレジェンドのコビー・ブライアントがヘリコプター墜落事故でこの世を去った。 あれから早くも1年が過ぎようとしている。 41歳で非業の死を遂げた悲運のバスケットボールプレーヤーを偲び、昨年2月に発売された『コビー・ブライアント追悼号』に掲載した追悼コラムを再録する。...
別窓で開く

ネッツの新ビッグ3にレジェンドのご意見番がチクリ「勝てないなら時間のムダ」「ドリブル・ブラザーズ」
1月13日(日本時間14日、日付は以下同)、ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンを含む計7選手+複数のドラフト指名権が絡んだ4チーム間トレードのニュースが全米を駆け巡った。 ハーデンのブルックリン・ネッツ移籍は開幕前から噂があったとはいえ、実際に報じられると多くの衝撃をもって伝えられた。...
別窓で開く

9人のオールスターを輩出するも…。1999年ドラフト組の印象に影を落とした2位指名選手の凋落【NBAドラフト史】
オールスター選手を何名輩出しているかは、ドラフトクラスの実力を計る上でのひとつの指標となる。だが1999年のドラフト組は、9人のオールスター選手を擁しているにもかかわらず、その印象は希薄だ。それなりの実力者は揃うが突出した選手は皆無という、なんとも煮え切らない年。それが1999年組だった。...
別窓で開く

ロビンソン、キッド、ヒル…無風の1994年ドラフトの舞台裏で起きた予想外のトラブルとは?【NBAドラフト史】
■1位指名が確実視されたのはパデュー大のロビンソン NBAドラフトには裏話や秘話といった類のストーリーや、意外性に富んだドラマが付き物だ。上位指名権を持つチームによるギリギリの駆け引きが繰り広げられ、情報戦が飛び交う場であるゆえ、すぐには表に出てこない微妙な話があって当然である。...
別窓で開く

デュラントが「本当に尊敬できる人物」と全幅の信頼を寄せるネッツの新指揮官ナッシュ。過去の例から成功の可能性を探る!
9月3日、ブルックリン・ネッツの新ヘッドコーチ(HC)に就任することが発表されたスティーブ・ナッシュ。現役時代は18年間のキャリアで2度のシーズンMVPに輝いたほか、8度のオールスター選出(出場は7回)、7度のオールNBAチーム入り、そして5度のアシスト王を獲得している、間違いなくリーグ史上屈指の名...
別窓で開く

ハーデンは“歴代”最高の1オン1プレーヤーなのか? ご意見番バークレーの主張に波紋!?
ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは今季レギュラーシーズンで平均34.3得点をマークし、史上8人目となる3年連続得点王の偉業を成し遂げた。現代最強スコアラーの呼び声も高いが、バスケットボール殿堂入り選手で“ご意見番”のチャールズ・バークレーは、ハーデンこそが「歴代最...
別窓で開く

「これからもヒートの一員でありたい」今季ブレイクしたバム・アデバヨが、尊敬する選手や将来について言及
新型コロナウイルスの影響により、2019−20シーズンは3月12日(日本時間13日、日付は以下同)から中断が続いている。再開できるかどうかは現時点では微妙で、このまま中止に追い込まれてしまう可能性もゼロではない。 そんな状況下で、選手たちは自宅でワークアウトをこなしゲームシェイプに近いコンディション...
別窓で開く